特集 PR

椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図

椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図

『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:伊藤信 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

アーティストが作品の前に立ち、購入者と、直接作品について話し合い、購入のための交渉を行う。『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』は、アーティストが主導する、国際的にも稀な仕組みを実施しているアートフェアだ。

開催地となる京都は、この数年で世界有数の観光都市となったが、いっぽうで乱開発やオーバーツーリズムの問題も膨らんできている。歴史と文化の根付く街のなかで、アートに関わるとはどんなことなのか? 今後、どのような未来図を描くことができるのか? 『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』ディレクターを務めるアーティスト・椿昇に加え、『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』のアートディレクターを担当する松倉早星、そして今回の出品作家である前田紗希、黒川岳の4名に話を聞いた。

京都が面白いのは、小さな街のなかにすごい変な人たちがうじゃうじゃいて、過密にごちゃまぜになってるところ。(松倉)

―松倉さんは、『ARTISTS' FAIR KYOTO』(以下、『AFK』)の初回からアートディレクションを担当してらっしゃいます。どのような経緯でプロジェクトはスタートしたのでしょうか?

松倉:「『AFK』ってものを始めるんだけど、やらない?」って、椿さんから相談を受けたのが最初です。椿さんのアナーキーで怒りのあるモチベーションが、以前から好きだったんですよ。だから、その感覚をそのままグラフィックにしたら面白いと思いました。

小綺麗に収まらずに、この先に何が起こるかわからない、いままでにない状況を作れるものにしようと。ロゴなどのデザインは、グラフィックデザイナーの三重野龍くんと一緒にやっているんですけど、「こんなデザインにして」とか「こんな世界観を作って」みたいな振り方は極力避けて、反逆感を出すことを大事にしました。

椿:反逆感が僕のイメージ(笑)。たしかにね。

左から:松倉早星、椿昇
左から:松倉早星、椿昇

2020年2月29日(土)、3月1日(日)開催『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』
2020年2月29日(土)、3月1日(日)開催『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』(サイトを見る

―その反逆って、何に対するものなんだと思いますか?

松倉:たとえば海外のアートフェアをいくつか見てますけど、すごくきれいにショーケース化されていて、だんだん飽きてくる。一方、京都が面白いのは、この小さな街のなかにすごい変な人たちがうじゃうじゃいて、過密にごちゃまぜになってるところ。『AFK』もそれを体現するべきだと思ったんです。反逆感というのは、そういう部分なのかなと。

それで毛細血管を血が逆流する状態をスキャンしたデータで、ロゴは作ったんですね。つまり反逆=逆流、という(笑)。

松倉早星<br>1983年北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作プロダクションを経て、2011年末ovaqe inc.を設立。2017年7月より、プランニング、リサーチ、クリエイティブに特化したNue inc設立。代表取締役就任。これまで領域を問わないコミュニケーション設計、プランニング、戦略設計を展開し、国内外のデザイン・広告賞受賞多数。
松倉早星
1983年北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作プロダクションを経て、2011年末ovaqe inc.を設立。2017年7月より、プランニング、リサーチ、クリエイティブに特化したNue inc設立。代表取締役就任。これまで領域を問わないコミュニケーション設計、プランニング、戦略設計を展開し、国内外のデザイン・広告賞受賞多数。

椿:整然としたものを作れるデザイナーはたくさんいるんですよ。でも、それって今の現代美術と同じで、手筋が先に読めてぜんぜん面白くない。コンテクストが先にあるのがわかるし、ありきたりな合理性に縛られていて退屈。だからそれを外しながら、基本がきっちりできている人にお願いしたい、と思ってお声がけしたんです。

椿昇<br>京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授。アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした「UN APPLICATION PROJECT」、東日本大震災復興のための「VITAL FOOT PROJECT」など、時勢を受け、様々なプロジェクトを展開してきた。長年にわたってアート教育にも携わり、京都造形芸術大学美術工芸学科の卒展をアートフェア化、内需マーケット育成のためにアルトテックを創設。アートを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけている。
椿昇
京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授。アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした「UN APPLICATION PROJECT」、東日本大震災復興のための「VITAL FOOT PROJECT」など、時勢を受け、様々なプロジェクトを展開してきた。長年にわたってアート教育にも携わり、京都造形芸術大学美術工芸学科の卒展をアートフェア化、内需マーケット育成のためにアルトテックを創設。アートを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけている。

『AFK』や京都造形芸術大学でやってることは長い道のりの一部にすぎない。(椿)

―現状は、退屈なものが散見される、と。

椿:基本がなってない仕事が世の中多すぎる。お茶の世界がきちんと大成してるのは、千利休がやったような基本が現在にまできちんと共有されていて、かつそれを崩そうという暴れる知性があるからでしょう。これができている人、今は本当に少ない。

―そういった不満は『AFK』をやるモチベーションにもつながっていそうですね。過去のインタビューでも、椿さんはアートやそれを取り巻く状況について、かなり辛口に語っています。

椿:アートに限らず社会支援を行うことが一種の流行になっているけれど、たいがいの金持ちは「いや、俺はパトロン的な活動に憧れているんだよねー」くらいでとどまっている。それじゃあダメでしょう。

やっぱり教養が身体化していないとダメだと思う。付け焼き刃な勉強だけでは、生まれたときからたくさんの蔵書やご先祖から何代にもわたって連綿と伝わる文化に囲まれて育ってきた海外のコレクターにはかなわない。

『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 撮影:前端紗季
『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 撮影:前端紗季

『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 撮影:前端紗季
『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 撮影:前端紗季

椿:かつての日本では身体化した教養を持っていた人たちがいたけれど、第二次世界大戦で失われてしまった。それをもう一度つなぎ直すには300年はかかると思う。だから『AFK』や、僕が教えている京都造形芸術大学でやってることはものすごく長い道のりの一部にすぎない。

松倉:そう考えると簡単に妥協できない、ってところはありますよね。今回もインビテーション(招待状)が刷り上がってきたんですけど、イメージしたものと違っていたので、さっそく刷り直すことになりました(苦笑)。

椿:3回目ともなるとね。『AFK』の象徴みたいになってるドットアーキテクツ設計の単管パイプの空間も、初回に比べて前回はがっちり作りすぎて全然揺れなくなってた。

『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 会場デザイン:dot architects(ドットアーキテクツ) 撮影:前端紗季
『ARTISTS' FAIR KYOTO 2019』会場風景 会場デザイン:dot architects(ドットアーキテクツ) 撮影:前端紗季

松倉:さすがの仕事でしたよね。

椿:でもあまりに安定しすぎても反逆感が薄れちゃうので困る(笑)。だから「無理やり3階を作って揺り戻そう!」とかそんな話ばっかりしてるね。

左から:松倉早星、椿昇
Page 1
次へ

イベント情報

『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』
『ARTISTS' FAIR KYOTO 2020』

2020年2月29日(土)、3月1日(日)
会場:京都府 烏丸御池 京都府京都文化博物館 別館、丸太町 京都新聞ビル 地下1階
時間:11:00~18:00

プロフィール

椿昇(つばき のぼる)

京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授。アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした「UN APPLICATION PROJECT」、東日本大震災復興のための「VITAL FOOT PROJECT」など、時勢を受け、様々なプロジェクトを展開してきた。長年にわたってアート教育にも携わり、京都造形芸術大学美術工芸学科の卒展をアートフェア化、内需マーケット育成のためにアルトテックを創設。アートを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけている。

松倉早星(まつくら すばる)

1983年北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作プロダクションを経て、2011年末ovaqe inc.を設立。2017年7月より、プランニング、リサーチ、クリエイティブに特化したNue inc設立。代表取締役就任。これまで領域を問わないコミュニケーション設計、プランニング、戦略設計を展開し、国内外のデザイン・広告賞受賞多数。

前田紗希(まえだ さき)

1993年福井県生まれ。2015年京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業。個展に2017年『DUAL BLUE』(GALLERY TOMO ITALY,MAG / イタリア)、2019年(GALLERY TOMO / 京都)、2018年『アートフェア東京』(MISA SHIN GALLERY)等出展多数。作家が日常の中で感じ取る、物事の相対性や対比がトライアングルのフォルムとして画面に現れる。トライアングルは「隣り合うものによって答えが変わり、決して交わりはしない」という万物とその関係性の根本を主張する。

黒川岳(くろかわ がく)

1994年島根県生まれ。2016年東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業、2018年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。自身が出会った様々なものの音や形、動きを注視し、それらを自らの身体で捉えようとする行為を繰り返す中で生まれる形や音、動きなどをパフォーマンスや立体、映像、プロジェクトなど様々な形式で発表している。近年は音楽家やダンサー、パフォーマーとのコラボレーションによる作品制作も行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催