特集 PR

会田誠×菅付雅信が語る現代美術と教育。「居心地の悪さ」の追求

会田誠×菅付雅信が語る現代美術と教育。「居心地の悪さ」の追求

GAKU
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:鈴木渉 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

最近、教育が騒がしい。小中学校の指導要領が変わって、プログラミングやアクティブラーニングの必要が唱えられるいっぽうで、大人もアートやクリエイティビティを学ぶべし、と叫ばれている。技術革新や社会変動のなかで、どうすれば人はよりよく生きられるのか。この激動の時代を、私たちは生き残っていけるのか。こんな希望と危機感が、人に教育への欲求を植え付けるのかもしれない。

渋谷PARCOの9階でスタートする10代向けの学び舎「GAKU」内に開講する「東京芸術中学」は、計15名のゲスト講師による特別授業、菅付雅信とジョイス・ラムによる座学を全40回にわたってお送りする、一風変わったアートスクールだ。同企画を主導する菅付は「最もアタマが多感で吸収力の高い中学生」を対象に、アートを教えることの必要を訴える。では、その必要性とはいかなるものだろうか? 特別ゲストの一人である美術家の会田誠を招き、両者が考えるアートから得られる学びについて語ってもらった。

※この取材は東京都の外出自粛要請が発表される前に実施しました。

「平々凡々な中学生」だった菅付と、変わり者だった会田。ともに「悪気のない授業妨害」をするタイプの子どもだった

―ここにいる全員がかつて通ってきた道ですが、中学生ってどういう時期なんでしょうね。

菅付:正直、いまの中学生がどんな感じなのかは、さっぱりわからないですよね。

会田:菅付さんはどんな中学生でしたか?

菅付:僕は宮崎県宮崎市で暮らす、きわめて平々凡々な中学生でした。音楽が大好きでしたけど、アートとかクリエイティブの世界に行こうだなんて夢にも思っていませんでした。そもそも親父が県庁で働く堅い公務員で、自分が育ったのも県教職員組合住宅という、まわり全員が県庁の人と学校の先生しかいないところでしたから、自分も公務員になるものだと疑わずに思っていました。まあ洗脳されてましたよね(笑)。

菅付雅信(すがつけ まさのぶ)<br>編集者 / 株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年生。法政大学経済学部中退。角川書店『月刊カドカワ』、ロッキングオン『CUT』、UPU『エスクァイア日本版』を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から、クライアントのプランニングやコンサルティングを手掛ける。著書に『はじめての編集』『物欲なき世界』、最新刊に『動物と機械から離れて』がある。またアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務める。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC銀賞受賞。編集・発行した片山真理の作品集『GIFT』が今年の木村伊兵衛写真賞を受賞。
菅付雅信(すがつけ まさのぶ)
編集者 / 株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年生。法政大学経済学部中退。角川書店『月刊カドカワ』、ロッキングオン『CUT』、UPU『エスクァイア日本版』を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から、クライアントのプランニングやコンサルティングを手掛ける。著書に『はじめての編集』『物欲なき世界』、最新刊に『動物と機械から離れて』がある。またアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務める。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC銀賞受賞。編集・発行した片山真理の作品集『GIFT』が今年の木村伊兵衛写真賞を受賞。

会田:僕の場合は、かなりの変わり者だったと思います。言葉は選びますけど……いまでいったらADHDというか。小学生のときから校長室に母親がしょっちゅう呼び出しくらうような感じでしたし、早い段階で「自分はまともな人生は歩めないだろう」とわかっていました。絵はうまかったので美術の方向に行くのかなあ、くらいの感じ。ありがたいことに親も油絵の具のセットをせびったら快く買い与えてくれましたから。

菅付:いい親御さんですね。

会田:典型的なリベラルな親でした。父親は新潟大学の社会学の教授で、性格的にも思想的にも、人に押し付けるのはよくない、という考え方の持ち主でした。とはいっても、面倒くさい子どもの教育からは逃げてくような、よくある日本の父親タイプではありましたけど。

会田誠(あいだ まこと)<br>アーティスト 1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了(油画技法・材料研究室)。絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画を手掛けるなど表現領域は国内外多岐にわたる。
会田誠(あいだ まこと)
アーティスト 1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了(油画技法・材料研究室)。絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画を手掛けるなど表現領域は国内外多岐にわたる。

菅付:僕も小学校低学年のときは、問題児だったので親近感が沸きますね。授業になるとやたらと手をあげちゃうんですよ。先生が答えに至るまでのプロセスを喋っている途中で、答えを先に言っちゃうような生徒で(笑)。

会田:僕もそんなタイプでした。悪気のない授業妨害というか。ある意味、この世が楽しすぎちゃうんですよね。それで動きすぎちゃう。

会田誠の子育て。息子・寅次郎の成長を振り返り「親の期待や希望はなんのあてにもならない」

―実際の子育て・教育について伺いたいのですが、寅次郎くん(会田家の長男)は大学入学だそうですね。これまでの成長を振り返ってみてどんなことを思っていますか?

会田:そうですねえ。親が希望してたことの多くは裏切られましたね(笑)。

息子が幼稚園ぐらいのときに、僕の希望もあって東京の都心から、千葉の九十九里浜あたりの田んぼ地帯に引っ越したんですよ。田舎で暮らしたいという気持ちもあったし、寅次郎には田舎暮らしを経験させて、少し海とか山とか虫とかに親しむような人間にもなってほしかった。ところが逆効果でした。もともと幼稚園の頃からインドアすぎるやつだったんですが、田舎に行ったらますます引きこもるようになりまして。

土地柄もあるのでしょうが、幼稚園も小学校も保守的なわけですよ。教育も「ぴしっと整列しろ」みたいな。それが寅次郎には合わなかったようで、小学校の途中から特別支援学級に移されたんです。

会田誠

菅付:それは先生が指定しちゃうんですか?

会田:はい。精神科の診察を受けなさい、そこでテストを受けなさいとか言われて診断を下されるんです。それで普通のクラスと支援学級の両方に在籍して、そこを往復する日々を過ごして。4年生くらいで普通のクラスに戻ったんですけど、まあ言ってみれば隔離させられたわけで、それは決してよい体験ではなかった。そのあとに引っ越した川崎ではわりと馴染めたので、千葉との相性がよくなかったのかなあ、と思ってます。

菅付雅信

―環境の影響は大きいですからね。

会田:ともあれ、寅次郎はずっとインドア人間ですね。それが功を奏したというか、妻(美術家の岡田裕子)が仕事で使っていたパソコンを勝手にいじるようになって、あまりにも独占したがるのでわりと早い時期にマイパソコンを持たせたんです。それ以来ずっとパソコンが友達で、いつのまにか独学でプログラミングをするようになってました。

小さいときは「プログラミングできたんだー!」なんて言って見せにきて「ここをこうすると色が変わる。やったー!」とか言ってましたね。いまだにプログラミングがよくわかってない自分からすると「は、それが? そのために3日間もかけてたの?」って感じでしたけど(苦笑)。だから、親の期待や希望なんてなんのあてにもならなくて、子どもをコントロールできると思ったらダメなんだな、と。

左から:会田誠、菅付雅信
Page 1
次へ

プログラム情報

東京芸術中学

中学生のアタマをクリエイティヴにするアートスクール

毎週土曜16:00~18:30
年間40週開催、夏休み(3週)と正月休み(2週)あり

施設情報

GAKU

10代の若者たちが、クリエイティブの原点に出会うことができる「学び」の集積地。アート、映像、音楽、建築、料理など、幅広い領域で、社会の第一線で活躍するアーティストやデザイナー、先進的な教育機関が、10代の若者に対して、本質的なクリエイティブ教育を実施する。10代の若者が、本物のクリエイターと実際に出会い、時間を過ごし、ともに考え、試行錯誤をしながらクリエイションに向き合うことで、まだ見ぬ新しい自分や世界、すなわち、原点のカオスに出会うことを目指す。ディレクターには、writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)のデザイナー山縣良和を迎え、世界的評価を受けるファッション・スクール「ここのがっこう」、カルチャーWEBメディアCINRAによるオンラインラーニングコミュニティ「Inspire High(インスパイア・ハイ)」などが集まり、感性、本質的な知識、自己と他者の原点を理解する精神を育むプログラムを構成する。

プロフィール

会田誠(あいだ まこと)

アーティスト 1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了(油画技法・材料研究室)。絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画を手掛けるなど表現領域は国内外多岐にわたる。

菅付雅信(すがつけ まさのぶ)

編集者 / 株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年生。法政大学経済学部中退。角川書店『月刊カドカワ』、ロッキングオン『CUT』、UPU『エスクァイア日本版』を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から、クライアントのプランニングやコンサルティングを手掛ける。著書に『はじめての編集』『物欲なき世界』、最新刊に『動物と機械から離れて』がある。またアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務める。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC銀賞受賞。編集・発行した片山真理の作品集『GIFT』が今年の木村伊兵衛写真賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄