特集 PR

永原真夏が歌い切る。多様性への目配せより、目の前の君を愛す

永原真夏が歌い切る。多様性への目配せより、目の前の君を愛す

永原真夏『ラヴレター』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山口こすも 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)
2020/04/02

「他力本願」が言えなくなったら窮屈だと思うんです。「全部を自分で掴むんだ」っていう空気が蔓延してる気がして、一側面でそれはすごく合ってるけど、でもすごく危ういとも思う。

―新編成に関しては、ピアノ、ベース、ドラムを基本としたピアノトリオになっていますが、どんな音楽的イメージがあったのでしょうか?

永原:楽器隊は3ピースでやろうと思ってたんです。自分の表現の中で、ピアノは自分の芯を食うときに必要な音色なので、そうなるとピアノトリオだなって。長く歩里とやってきたからっていうのももちろんあるんですけど、気づけばピアノが自分にとって重要な楽器になっていたので、そこにもうちょっと向き合った上で、骨組みだけのシンプルな音楽がやりたいと思ったんです。

―ピアノは真夏さんにとってルーツの楽器でもあるわけですか?

永原:いや、ルーツで言うと完璧にギターなので、むしろ常に「ギターじゃないんだ!」って自分で思ってるんですけど(笑)。まずはもともとSEBASTIAN Xから歩里とずっと一緒にやってるから、それは一個超デカい。彼女のピアノが好きで、それは理屈を超えたものがあるというか、阿吽の呼吸みたいなものがあるので。

あと去年くらいからCRCK/LCKSの小西(遼)くんのピアノで曲を作ったり、自分でもピアノを弾くようになったりしたんですよね。最近はウクレレとかドラムも練習してるんですけど、やっぱりピアノが一番フィットする。自分のこれまでの活動や、いろんな人との出会いを経て、「ピアノか!」ってなっていったんです。

永原真夏

―真夏さんはこれまで基本的に「言葉と歌の人」だったと思うから、楽器に興味が向かったのは結構大きな変化のように思います。

永原:今回、音の旅crewっていうレゲエのバンドのリズム隊(大樹、チャック)と、No Gimmick Classicsっていうヒップホップのバンドのドラマー(尾日向優作)に参加してもらっていて。いわゆるリズムミュージックの子たちをウェルカムして作ってみて、リズムの音楽には「楽器って面白そう」って思わせる魅力がすごくあるなって思ったんですよね。詩と歌に関してはもうブレることがないというか、もはや刺青みたいに私の中に入ってるから、他のことも許容できるようになったうえで、今回リズムミュージックの子たちと出会ったことで「楽器って面白い!」って思えたんです。

―ファーストフルアルバムの『GREAT HUNGRY』までの歩みの中で、「詩と歌」は十分体に刻まれたんでしょうね。

永原:そうなんだと思います。だからこそ今回は、「刺さる」とか「泣ける」じゃなくて、「ここ気持ちよくない?」「……気持ちいい、とは?」みたいに飛び交う単語が今までと違っても楽しめたんですよ。私はずっとパンクロックが好きだったから、スクウェアで、ある意味グルーヴしてない音楽っていうか、「アタマ、アタマ」(=アタマの拍)っていう、その遠心力で音楽をやってきたようなところがある。だけど裏打ちのグルーヴに乗って、ベースを聴いてるだけでだんだん気持ちいい感覚が生まれてくるような体験が今回の作品には詰まってますね。

―昨年の12月に新体制の初作として“おはよう世界”が配信されていて、<おはよう世界 新しい日 ステキな未来へ連れてって>という歌い出しや、途中の<みなさんお世話になりました / どうもありがとう>という歌詞からして、ストレートにSUPER GOOD BANDからの旅立ちを歌っていますよね。

永原:まさにその気持ちで作った曲ではあるんですけど、自分の中で大事にしたのは、自分の世界とか場所が変わるときに、「自分で掴んでいこうぜ」って歌詞にはしないようにしようと思いました。「自分で決めて、自分で選ぼうぜ」って、すごく大事だけど、それでも自分一人では決められないこともあるし、それだと選べる範囲が狭くて、「こっちにも人いるよ!」みたいなことになりかねない。自分にとっても大事なタイミングだからこそ、今回自分が一番大事にしたのは「他力本願」っていう言葉で、「他力本願じゃダメだよ」って言われるこのご時世に「他力本願でいい」って、大きい声で言いたかったんです。

永原真夏

―まさに、そこがこの曲のポイントですよね。<他力本願でいい>っていうフレーズだけを抜き出すとマイナスなイメージに受け取られかねないけど、この歌詞の背景には真夏さんなりの哲学があるんだろうなって。

永原:「他力本願」が言えなくなったら、すごく窮屈だと思うんですよね。「全部を自分で掴むんだ」っていう空気が今の時代には蔓延してる気がして、一側面でそれはすごく合ってるけど、でもすごく危ういとも思う。バンドの話と同じで、何人かの人間がいると、そこに適したグルーヴってあると思うんですよ。「私が決める」って人がいて、それを補佐するのが上手い人がいたら、そこには「他力本願」って考え方もあってしかるべきだと思う。そうやって、今に対してちょっと風穴を開ける感覚で歌ってますね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

永原真夏『ラヴレター』
永原真夏
『ラヴレター』(12インチアナログ盤)

2020年3月25日(水)発売
価格:2,800円(税込)
MNCP-0002

【SIDE A】
1. さよならJAZZ
2. みなぎるよ
3. BLUES DRAGON

【SIDE B】
4. おはよう世界(2020 ver.)
5. 海と桜

【BONUS TRACK】
1. おはよう世界(朗読)
2. 海と桜(朗読)

プロフィール

永原真夏(ながはら まなつ)

2008年、SEBASTIAN Xを結成(2015年活動休止、のち2017年に再始動を果たしている)。2015年からソロプロジェクト「永原真夏+SUPER GOOD BAND」での活動をスタートし、『BEΔUTIFUL』のツアーを経て2019年11月にSUPER GOOD BANDが解散。SEBASTIAN X結成からの盟友・工藤歩里とのユニット「音沙汰」でも活動する中、2020年3月25日に永原真夏名義でのEP『ラヴレター』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感