特集 PR

LINE MUSIC高橋明彦と柴那典が語る、持続可能なアーティスト支援

LINE MUSIC高橋明彦と柴那典が語る、持続可能なアーティスト支援

LINE MUSIC
テキスト
柴那典
撮影:北原千恵美 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

エンターテイメント業界が大きな打撃を受ける現在。アーティストたちの持続可能な活動にどうリスナー側は貢献できるのか。今回、LINE MUSIC取締役COOの高橋明彦が、音楽ジャーナリストの柴那典と対談。

約6000万の楽曲やMVを、各楽曲につき毎月1回まで広告なしで無料フル再生ができる「独自フリーミアム」モデルをリリースしたLINE MUSIC。そのリリースの背景には、無許諾アプリに対する問題意識があったという。アーティストにしっかりと還元される音楽の聴き方や、ストリーミングの意義とは。正解を語るのが難しいこのタイミングだが、少しでも探っていきたい。

※この取材は東京都の外出自粛要請が発表される前に実施しました。

単に萎縮するだけでなく、どうやって音楽を支援していくかの議論をしたい。(高橋)

―この取材を行っている3月9日現在、お二人は、今のエンターテイメントにまつわる状況をどう見ていますか。

:新型コロナウイルスが世界中で感染拡大している今、正直、楽観的なことや明るいことはいえないタイミングであるのは間違いないと思います。社会全体が非常事態となっていて、音楽業界も、特にライブエンターテイメント業界に大きな逆風が吹いている。ここまでの苦境は過去に例を見ない。

高橋:今は全てが萎縮してストップしてしまっていますね。音楽に限らず広範囲に大きな影響を受けている。その中でも、それぞれがやれることを探っています。LINEというプラットフォームの中でも、状況の変化にあわせて、できることを探している。過去に事例がない状況の中で、対応が問われていると感じます。それぞれの個人ができることは限られるので、社会やプラットフォームがサポートする流れを作っていかないといけないと思います。ただ、出口が見えないのが一番つらいところですね。

左から:柴那典、高橋明彦(LINE MUSIC)
左から:柴那典、高橋明彦(LINE MUSIC)

:そうですね。密集した状況で集団感染が生じるのがわかっている現状で、ライブやイベントが中止や延期になるのは仕方がない。しかし、たとえばBAD HOPが横浜アリーナで無観客ライブをやったことで1億円の借金を抱えたように、主催者側がそのことで多額の負債を負ってしまう。経営が成り立たなくなるライブハウス、生計が立たなくなるアーティストや音楽関係者も出てくると思います。僕自身、いくつかのイベントがキャンセルになって、仕事は減っています。ライブハウスの苦境もとても心苦しい。ただ、明確な答えがない状況の中で、こうすれば正解だということをいえるタイミングではない。誰もがそれぞれの立場でどうすればいいのかを探っている。非常時だからこそ価値観が問われる。そういう状況に直面しているんじゃないかと思います。

高橋:ただ、その中でも音楽の話は止めちゃダメだと思うんですね。基本的にはこの問題を真正面から捉えて危機感を共有しようという話はあっていいと思いますし、実際に起きてしまっていることも含めて、厳しい状況であるのは間違いない。でも、そんな中でも単に萎縮するだけでなく、どうやって音楽を支援していくかの議論はすべきだし、我々としても引き続き、議論していきたいと思います。

高橋明彦(たかはし あきひこ)<br>LINE MUSIC取締役COO。2000年ヤフー株式会社入社。その後、リクルートを経て、2011年にネイバージャパン(現:LINE株式会社)へ。新規事業を担当する事業戦略室に所属し、LINEスタンプの立ち上げを経て、2013年より音楽事業を担当。2014年のLINE MUSIC株式会社を設立し、2015年同社取締役に就任、現在に至る。
高橋明彦(たかはし あきひこ)
LINE MUSIC取締役COO。2000年ヤフー株式会社入社。その後、リクルートを経て、2011年にネイバージャパン(現:LINE株式会社)へ。新規事業を担当する事業戦略室に所属し、LINEスタンプの立ち上げを経て、2013年より音楽事業を担当。2014年のLINE MUSIC株式会社を設立し、2015年同社取締役に就任、現在に至る。

―そのあたりについて、柴さんはどう思っていますか?

:2011年3月の東日本大震災の直後にサカナクションの山口一郎さんにインタビューしたことがあったんです。あのときも非常事態で、社会全体が揺るがされた。そのときに彼が「自分は音楽の復興を考えたい」といっていたのがとても印象的だった。つまり、飲食や観光などいろんな業界に影響が出ているけれど、やはり音楽やエンターテイメントに携わる人間は、その持っている本来の価値を改めて考えないといけない。ただ、音楽ビジネスを巡る状況は10年前と今とでちょっと違う印象があるんですよね。2011年は「CDが売れない」「この先、音楽業界は真っ暗闇だ」「アーティストはどうやって食っていくのか」みたいなネガティブな論調が支配的だった。対して、今はライブやイベントへの打撃は大きいけれど、音楽ビジネスが構造的な問題を抱えて縮小していくというムードはない。日本ではCDがまだ市場の大半を占めているので音楽ソフト市場全体の推移は横ばいですが、ストリーミングサービスが普及し大きな伸びを見せている。

高橋:そうですね。5年前、10年前と違って、今はポジティブな要素がいくつかある。海外の音楽市場もここ数年で大幅なプラスになっている。今の難局を乗り切れば、再び伸びていく可能性もある。そういうことをベースに話をすることができると思います。

:文化への支援と補償は間違いなく必要になってくると思いますが、長期的な視野で考えると、音楽文化そのものの灯火が消えていくとはまだ思えない。LINE MUSICのようなストリーミングサービスの普及はそう感じさせる一つの希望になっているとは思います。

柴那典(しば とものり)<br>1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。
柴那典(しば とものり)
1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。
Page 1
次へ

サービス情報

LINE MUSIC

日本発の音楽ストリーミングサービス。さまざまな音楽を楽しめるだけでなく、楽曲をLINEでシェアしてトーク画面で再生できるなど、LINEならではの新しい音楽体験を届けている。

プロフィール

高橋明彦(たかはし あきひこ)

LINE MUSIC取締役COO。2000年ヤフー株式会社入社。その後、リクルートを経て、2011年にネイバージャパン(現:LINE株式会社)へ。新規事業を担当する事業戦略室に所属し、LINEスタンプの立ち上げを経て、2013年より音楽事業を担当。LINE MUSIC株式会社設立後、2015年同社取締役に就任。現在に至る。

柴那典(しば とものり)

1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「NEXUS」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。「cakes」にてダイノジ・大谷ノブ彦との対談連載「心のベストテン」、「リアルサウンド」にて「フェス文化論」、「ORIGINAL CONFIDENCE」にて「ポップミュージック未来論」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催