特集 PR

BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

BiSH『LETTERS』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:山口こすも 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2020/07/22

<あまりに突然に 世界が 予告もなく変わり果ててしまって>

そんな言葉から始まるBiSHのニューアルバム『LETTERS』には、胸が詰まるような思いが真っ直ぐに刻み込まれている。メジャー3.5thアルバムと銘打たれた新作は、シングルとしての予定を急遽変更して制作された1枚。タイアップ3曲に加え、新型コロナウイルスの感染拡大を経てグループとしての活動が止まってしまった状況のなかで制作された書き下ろしの新曲4曲を収録。表題曲“LETTERS”に加え、音楽に救われた思いを綴ったアユニ・D作詞の“スーパーヒーローミュージック”、失われた日々の輝きを思うセントチヒロ・チッチ作詞の“I'm waiting for my dawn”、スカパラホーンズを迎え向こう見ずな覚悟を歌う“ロケンロー”と、「あまりに突然に世界が変わってしまった」2020年のドキュメントを綴る楽曲が並んでいる。

7月8日には収益全額を全国のライブハウスに寄付する初のベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』もリリースされた。ここ最近ではメディアの露出も増えたが、BiSHというグループの躍進を支えてきたのは、やはりライブの現場での「熱気」だ。そして、それはメンバーやスタッフたちのチームだけでなく「清掃員」(BiSHファンの通称)ありきの空間で生み出されてきたものだった。

それが失われた数か月、どんなことを感じたのか。6人に訊いた。

今回はライブがないぶん集中して曲のことを考えられたから、思いが詰まっている。そういうアルバムができたと思います。(チッチ)

BiSH(びっしゅ)<br>左から:ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー<br>2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。2020年4月13日より、TVアニメ「キングダム」オープニングテーマに起用された新曲“TOMORROW”を配信。7月8日には、BiSHとして初となるベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』を発売することを発表。加えて、7月22日には、メジャー3.5th AL『LETTERS』をリリース。
BiSH(びっしゅ)
左から:ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー
2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。2020年4月13日より、TVアニメ「キングダム」オープニングテーマに起用された新曲“TOMORROW”を配信。7月8日には、BiSHとして初となるベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』を発売することを発表。加えて、7月22日には、メジャー3.5th AL『LETTERS』をリリース。

―ここ最近はどんな感じで過ごしてますか?

セントチヒロ・チッチ(以下、チッチ):ここ1か月はお仕事が再開して、リリース期間なので取材もあるし振り入れもあって、ライブ以外は戻ってきた感じがします。

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ):だんだん忙しくなってきてますね。前はリモートでインタビューしていただいていたものが、ちょくちょくこうしてレコード会社に来てやれたりするようになりました。

モモコグミカンパニー(以下、モモコ):通常運転にはなってきたんですけど、お客さんと触れ合うのが数か月一度もないので。そのぶん、対面しないかわりにSNSでお客さんの言葉を見るようにしたり、その言葉を前にも増して重く受け止めるようになりました。

アユニ・D(以下、アユニ):ここ1、2か月は3.5枚目のアルバムの制作期間だったんですけど、このアルバムはいつもよりも時間をかけて作れたんじゃないかなと思います。いつもBiSHのアルバム制作って、すごくタイトなんです。ライブをやりつつ、1日何曲もレコーディングするみたいに本当にツメツメでやってるんですけど。

左から:セントチヒロ・チッチ、アユニ・D、ハシヤスメ・アツコ
左から:セントチヒロ・チッチ、アユニ・D、ハシヤスメ・アツコ

―アルバム制作だけじゃなく、これまでのBiSHはずっと走り続けてきたと思うんですが、一度止まって時間が生まれたわけですよね。そのことでどんな感覚が生まれましたか?

チッチ:いつもは本当に怒涛の日々で、ずっとライブをやって走り続けてきて、CDもたくさん出して。正直、追いつくのに必死なときもあったんです。作詞もあるし、一つひとつの歌に自分たちが表情をつけて歌うし、いろいろなことがあるなかでBiSHを作り上げてきたんですけど、今回はライブがないぶん集中して曲のことを考えられたと思います。だから、思いが詰まっている。そういうアルバムができたと思います。

自粛期間中にBiSHのライブ動画を見てみたんです。客観的に見たら、BiSHのことを改めて好きだと思えた。(モモコ)

―今回の『LETTERS』は、そもそも制作の予定はなかったわけですよね。アルバムを作るという話を受けて、最初にどう感じましたか?

アユニ:自粛期間と言われていた時期は、本当に自分たちらしいことが何もできなかったので。そのなかでBiSHチームがアルバムを作ることを提案してくれて、すごく嬉しかったです。

アイナ:ベストアルバムも含めて、こんな時期だけどポジティブに物事を進めていけるように、音楽に救われる人たちのことを一番に考えてくれてるんだと感じました。だからすごく嬉しいです。

モモコ:この自粛期間中に、自分も音楽に救われてきたし、音楽がないと生きていけないなって再認識したので。だから、今まで支えてくれた人、BiSHを必要としてくれる人に音楽で恩返しできるのはすごくいいことだなって思いました。

左から:リンリン、モモコグミカンパニー、アイナ・ジ・エンド
左から:リンリン、モモコグミカンパニー、アイナ・ジ・エンド

―自粛期間が、改めてBiSHというグループと向き合うきっかけになった。

モモコ:自粛期間中にBiSHのライブ動画を見てみたんです。仕事もなくなって、メンバーとも会わなくなったからこそ、メンバー目線じゃなくて、客観的に外から見たらこんな風に見えるんだって目線でBiSHを見れた。すごくいいグループだなと思ったんですね。BiSHのことを改めて好きだと思えたので、このタイミングでアルバムを出せるのは嬉しかったです。

ハシヤスメ・アツコ(以下、ハシヤスメ):私もBiSHのDVDを見たり、曲を聴いたりして。いち一般人としてBiSHを見て、本当に面白いグループだなって思ったんです。だからこそ、ライブができない状況だけど新しいことを生み出したいというのをずっと考えていました。

Page 1
次へ

リリース情報

『LETTERS』初回生産限定盤 GOLDEN METAL BOX仕様(CD+2LIVE CD+Blu-ray+写真集)
BiSH
『LETTERS』初回生産限定盤 GOLDEN METAL BOX仕様(CD+2LIVE CD+Blu-ray+写真集)

2020年7月22日(水)発売
価格:11,000円(税込)
AVCD-96529~31/B

[CD]
1. LETTERS
2. TOMORROW(TVアニメ「キングダム」オープニング・テーマ)
3. スーパーヒーローミュージック
4. ロケンロー
5. co
6. ぶち抜け
7. I'm waiting for my dawn

[2LIVE CD]
LIVE CD2枚(22曲)収録
『2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL』

[Blu-ray]
『NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL』NHKホールでのライブ映像を完全収録
メンバーによる副音声収録
『2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL』
Music Video“TOMORROW”

『LETTERS』DVD盤(CD+DVD)
BiSH
『LETTERS』DVD盤(CD+DVD)

2020年7月22日(水)発売
価格:6,380円(税込)
AVCD-96532/B

[CD]
1. LETTERS
2. TOMORROW(TVアニメ「キングダム」オープニング・テーマ)
3. スーパーヒーローミュージック
4. ロケンロー
5. co
6. ぶち抜け
7. I'm waiting for my dawn

[DVD]
『2020.01.23 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL at NHK HALL』

『LETTERS』CD盤(CD)
BiSH
『LETTERS』CD盤(CD)

2020年7月22日(水)発売
価格:2,200円(税込)
AVCD-96533

1. LETTERS
2. TOMORROW(TVアニメ「キングダム」オープニング・テーマ)
3. スーパーヒーローミュージック
4. ロケンロー
5. co
6. ぶち抜け
7. I'm waiting for my dawn

BiSH
『FOR LiVE -BiSH BEST-』初回生産限定盤(2CD)

2020年7月8日(水)発売
価格:3,300円(税込)
AVCD-96534~5

イベント情報

『WACK TOUR 2020 “WACK FUCKiN’ REVENGE PARTY』
『WACK TOUR 2020 “WACK FUCKiN’ REVENGE PARTY』

2020年8月1日(土)
【1部公演】開場11:00 / 開演12:00
【2部公演】開場17:00 / 開演18:00
会場:神奈川県 横浜 パシフィコ横浜 国立大ホール
出演予定:BiSH、BiS、EMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg

プロフィール

BiSH
BiSH(びっしゅ)

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。以降、着実にライブ活動、リリースを重ね、横浜アリーナや幕張メッセ展示場等でワンマンを開催し、ロックフェスにも多数出演。2020年7月8日には、CDショップ及びCDショップの運営するECサイトのみで販売し、収益全額を全国のライブハウスに寄付する、初のベストアルバム「FOR LiVE -BiSH BEST-」を発売。7月22日には、メジャー3.5th AL「LETTERS」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性