特集 PR

世界的DJジョナス・ブルーが語る、緊張やストレスからの解放

世界的DJジョナス・ブルーが語る、緊張やストレスからの解放

『THE FADE OUT』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
取材通訳:染谷和美 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

「踊らせる」のではなく、「眠らせる」のが目的のDJイベントが行われるといったら、あなたはどう思うだろうか。

トロピカルハウス・シーンの代表格であり、日本では“Rise ft. Jack & Jack”のヒットで知られる英国人DJジョナス・ブルーが、睡眠科学の専門家でもあるDJトム・ミドルトンとともに、観客を安らかな眠りに誘うための配信イベント『THE FADE OUT』を、来たる7月29日に開催する。DJによる心地よいサウンドと、超感覚的なビジュアルを組み合わせることにより、睡眠化学に基づいた最適な睡眠サイクルを繰り返す本イベントは、朝の7時半まで夜通し行われるという。参加することで私たちの眠りが普段とどう変わり、終了後にはどんな朝を迎えられるのか、いまから期待が高まる。

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちはいまだかつてないストレスの中にさらされている。そもそも現代人の多くはそれ以前から多くのストレスに悩まされてきたが、その最大要因の1つが「睡眠不足」であることは間違いない。では、心をリラックスさせ快適な睡眠を得る上で、音楽には一体どのような「効能」があるのだろうか。

「人々を眠らせておくための選曲」という、ユニークなオファーを受けたジョナス・ブルー。彼にイベント『THE FADE OUT』への意気込みはもちろん、「音楽と睡眠」の関係性や、彼自身のストレス解消法などについて話を聞いた。

全てに関して先が見えない状況に最もストレスを感じますね。

―いまは世界中がコロナ禍により、普段以上にストレスを抱えながら日々を過ごしている状況ですよね。

ジョナス:僕も、ずっと自宅で過ごしていますよ。その前はちょうど『THE BLUEPRINT TOUR』の最中で、アイルランドとイングランドを回ったあと、まさに日本へと向かうとき、確かフライトの8時間ほど前にキャンセルが決まり、以来ずっとこっちにいるんです。

ジョナス・ブルー<br>ストリーミングは100億回再生を記録、ヒットシングルは売上5千万枚を達成した。彼は一流DJ、ポップ界の大スター、ソングライターとしても絶賛され、イギリスの音楽賞『BRITアワード』に5回ノミネート。現在までに、世界中で120回以上ものプラチナディスクを達成している。現在は、スタジオやチャートから離れ、精力的にツアーを行う。イビサ島でも活躍し、人気スポットやクラブでのパフォーマンスを成功させている。
ジョナス・ブルー
ストリーミングは100億回再生を記録、ヒットシングルは売上5千万枚を達成した。彼は一流DJ、ポップ界の大スター、ソングライターとしても絶賛され、イギリスの音楽賞『BRITアワード』に5回ノミネート。現在までに、世界中で120回以上ものプラチナディスクを達成している。現在は、スタジオやチャートから離れ、精力的にツアーを行う。イビサ島でも活躍し、人気スポットやクラブでのパフォーマンスを成功させている。

―本当に直前だったんですね。

ジョナス:僕にとって日本は「2つ目の故郷」みたいな、大好きな場所だから本当に悲しかったです。ショーの内容も絶対にいいものになるはずでしたから。願わくば、今年の末か来年の頭には実現したいけれど、まあ……「こういうこともあるよね」っていう感じですね。この数カ月、ある意味では興味深い時期を過ごしているので、いまはみんなで「Stay Home」「Stay Safe」を心がけて、世界が再び動き出す日を待つしかないと思います。

―おっしゃる通りですね。そんな中でも、ポジティブな要素もあるんでしょうか?

ジョナス:僕の場合は、とにかく自宅スタジオを使って音楽をたくさん作れることはポジティブな要素の1つです。自分でレーベルも運営しているので、その作業を自宅で集中してやれるのもうれしい。家でなにもしていないわけではなくて、かなり忙しくしているんですよ。

ジョナス・ブルー“Rise”を聴く(Apple Musicはこちら

―逆に、ストレスを感じるのはどんなことですか。

ジョナス:きっとみんな同じだと思いますけど、全てに関して先が見えない状況に最もストレスを感じますね。いつになったらコロナが終息して、再びツアーを楽しめるようになるのかはっきり分かったらいいんですけど。でもまあ、いまやれることに目を向けるしかないわけで。こうやって自宅でゆっくり過ごしたり、地元でやるべき仕事に集中したりする時間なんていままでなかったので、この機会をうまく活かす以外にないのだろうと思っています。

―もっとも、コロナ禍になる以前から我々現代人は多くのストレスに悩まされてきましたよね。ジョナスさんが普段感じるストレスというと、どのようなものがありますか?

ジョナス:平時だと、僕の場合は移動に関わるストレスが多いですね。僕がやっている音楽は、みんなと分かち合う「体験」こそが重要。だからツアーそのものはもちろん大好きですが、そこに行き着くまでの移動はかなりしんどいんです。そういうときもやっぱり、音楽の助けを借りてリラックスしたり、思考の整理をしたりしています。

―なるほど。そのときの音楽も今回の『THE FADE OUT』セットリストに組み込まれているわけですね。

ジョナス:まさにそうです。

ジョナス・ブルーが出演する『THE FADE OUT』ビジュアル
ジョナス・ブルーが出演する『THE FADE OUT』ビジュアル(イベント情報をチェックする
Page 1
次へ

イベント情報

『THE FADE OUT』sponsored by glo™
『THE FADE OUT』sponsored by glo™

日時:2020年7月29日(水)22:30~配信開始
出演者:ジョナス・ブルー、トム・ミドルトン

リリース情報

ジョナス・ブルー, MAX
『Naked』

配信中

プロフィール

ジョナス・ブルー
ジョナス・ブルー

ストリーミングは100億回再生を記録、ヒットシングルは売上5千万枚を達成した。彼は一流DJ、ポップ界の大スター、ソングライターとしても絶賛され、イギリスの音楽賞『BRITアワード』に5回ノミネート。現在までに、世界中で120回以上ものプラチナヒットを飛ばしている。現在は、スタジオやチャートから離れ、精力的にツアーを行う。世界中のメジャーな音楽フェスティバルのメインステージに立ち、フジロック、Lollapalooza(ロラパルーザ)、EDC、Tomorrowland(トゥモローランド)、クリームフィールズ等に出演。それだけに留まらず、イビサ島でも活躍し、人気スポットやクラブでのパフォーマンスを成功させている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で