特集 PR

東京とバンコク。対面できない交流の果てに行き着く身体の表現

東京とバンコク。対面できない交流の果てに行き着く身体の表現

『フェスティバル/トーキョー20』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

『フェスティバル/トーキョー』は舞台芸術の祭典だが、そこで行われるのは劇場での上演だけではない。フェスティバルに参加するアーティスト同士の交流、まだかたちにはならない表現や集いの可能性の種をまくことも、国際性を持つ文化事業の大きな役割だ。

今年行われる『トランスフィールド from アジア F/T × BIPAM 交流プロジェクト The City & The City: Divided Senses』では、日本とタイからそれぞれ3人のアーティスト、計6人が参加し、交流や意見交換を通じて、創造的なコミュニケーションを重ねていく。ダンス、建築、映像、音響など、多様なバックボーンを持つかれらの関わりは、近い未来に思いもよらぬ成果を生み出すだろう。

ところが2020年は、新型コロナウイルスの世界的流行によって、通常の対面式のコミュニケーションはほとんど阻害されてしまった。状況は一進一退だが、飛行機で自在に国と国を行き来するような状況にはまだ至っていない。そのような時間と空間のなかで、かれらはそのような交流を重ねることができるだろうか? 東京チームを代表して演出家の曽根千智、バンコクチームを代表してアーティストのチャナポン・コムカム(愛称:タイム)を招き、オンライン対談を行なった。

都市を感じる身体。2つの都市はどんな質感を持って表されるか

―これまで『フェスティバル/トーキョー』(以下、『F/T』)では、『トランスフィールド from アジア』と題して、アジア圏の都市で活動するアーティストたちが協働するプロジェクトを進めてきました。コロナ禍によって人の移動が困難になった今年は、そのテーマも再考を求められたと思います。そこで設定されたのが「The City & The City: Divided Senses」つまり「分割された感覚」、渡航制限でお互いが隔てられた今の状況を示すようなテーマでした。

曽根:私たち東京チームに『F/T』から声がかかったときは、まだ今ほど厳しい制限がなかった時期だと記憶しています。そのときは、東京チームがバンコクへ、バンコクチームが東京に移動して、そのなかで発見、交換を行うんだ、というような話をしていました。

でも、その後に感染拡大の状況がもっと複雑になって、やりとりはオンラインのみになり、移動も難しくなり……となって、今回の東京とバンコクの2会場で、それぞれが展示を行うというかたちになっていったんです。

曽根千智(そね ちさと)<br>1991年生まれ、兵庫県出身。青年団演出部所属。無隣館3期演出部に所属し、演出、劇場制作、ドラマトゥルクとして活動している。2019年度、セゾン文化財団創造環境イノベーションプログラム採択。
曽根千智(そね ちさと)
1991年生まれ、兵庫県出身。青年団演出部所属。無隣館3期演出部に所属し、演出、劇場制作、ドラマトゥルクとして活動している。2019年度、セゾン文化財団創造環境イノベーションプログラム採択。

―そうなると各アーティストの意識も変わっていかざるをえませんね。

曽根:そうですね。バンコクチームとはもちろんですが、東京チームでも実際に会って話したり打ち合わせしたりすることが難しくなっていきました。そのなかで自然と、個(個人)としてそれぞれがどんな都市像を結び直していくかがテーマ化してきたように思います。

東京チームのプランとしては、会場になる東京芸術劇場 シアターウエストのなかに、「身体としての都市」を立ち上げようとしています。東京を身体に見立てたとき、それぞれの地域や空間はどんな質感を持っているか、どんな様相を見せるのか。それを現在進行形で検討、実験している最中です。

東京チームのリサーチの様子
東京チームのリサーチの様子
東京チームのリサーチの記録
東京チームのリサーチの記録

―都市を身体に見立てるというのは、バンコクにも通じるテーマに思えます。というのは、タイでは昔から土地や人を身体に例える習慣があるからです。国王は頭、国民は足、という風に。

タイム:そうなんです。その上で、バンコクチームの大きなテーマになっているのは「アンバランス」です。僕らは3人で街歩きをしたり、それぞれが考えたキーワードをオンライン上で共有しながらこの街について考えているのですが、プロジェクトが始まる以前から3人のなかで「バンコクはアンバランスな街だね」という意識が共通してあったんです。

チャナポン・コムカム(ニックネーム:タイム)<br>1995年生まれ、バンコク出身。ポーチャン芸術大学で絵画の学士号、シルパコーン大学で視覚芸術の修士号を取得。絵画、写真、サウンドアート、ビデオアート、インスタレーションアート、レディ・メイドのオブジェクトなど多様な手法を用い、2017年以後はグループ展、パフォーマンスアートのショーケース、実験的サウンドアートのショーケースなどで作品を発表している。
チャナポン・コムカム(ニックネーム:タイム)
1995年生まれ、バンコク出身。ポーチャン芸術大学で絵画の学士号、シルパコーン大学で視覚芸術の修士号を取得。絵画、写真、サウンドアート、ビデオアート、インスタレーションアート、レディ・メイドのオブジェクトなど多様な手法を用い、2017年以後はグループ展、パフォーマンスアートのショーケース、実験的サウンドアートのショーケースなどで作品を発表している。

タイム:高層コンドミニアムや下町に見られる物理的な高さもありますし、社会的な格差ももちろんあります。そういったアンバランスさが強くある街で、人は自分のバランスと取りながら生活していかなければいけません。

―最近のバンコクでは、若者たちによる民主化運動も活発になっていますしタイムさんがおっしゃったアンバランスの感覚は、まさに今のもの、という感じがします。

タイム:展示では、触覚や味覚といった五感を分けて考えて、それぞれを担当するメンバーを決めています。視覚は「ごちゃごちゃの街」のイメージ、味覚は食べ物にかかわるパフォーマンス、嗅覚は小さな滝のインスタレーションを作ってみよう、とか。そしてそれら全体を貫くのが「アンバランス」のテーマになります。

曽根:実は東京チームも、当初は五感を分割して考えるところからスタートしました。でもいろいろ話し合っていると、五感を単体に分けて考えるのは不可能だと思うようになりまいた。例えば味覚にしても、食感は触覚だし、嗅覚も働く。

曽根千智

曽根:そういったさまざまな感覚の統合が大切であって、展示もその全部をつなげるようなかたちにしようと。そのつながりが空間に張り巡らされていて、観客は作品のなかを回遊することで、そのつながりを経験として得ていく、というか。

展覧会のような展示もあれば、パフォーマーが関わるパフォーマンス的な要素も同居している。そんな仕上がりを目指しているところです。

制作進行中のプロジェクトの展示アイデアのメモ書き
制作進行中のプロジェクトの展示アイデアのメモ書き
Page 1
次へ

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー20』
『フェスティバル/トーキョー20』

会場:東京都 池袋 東京芸術劇場、トランパル大塚、豊島区内商店街、オンライン会場ほかで開催

『トランスフィールド from アジア F/T × BIPAM 交流プロジェクト The City & The City: Divided Senses』

10月30日(水)~11月1日(日)13:00~18:00

会場:
・東京芸術劇場 シアターウエスト
・F/T remote(オンライン配信)※11/2以降に予定。スケジュールなどの詳細は決まり次第、F/T公式HPにて発表します
金額:参加無料・予約優先

プロフィール

曽根千智(そね ちさと)

1991年生まれ、兵庫県出身。青年団演出部所属。大学在学中に受けた平田オリザの演劇の授業に衝撃を受け、観劇を始める。卒業後、人材系IT企業にて研究開発職につく傍ら、無隣館3期演出部に所属。現在は退職し、演出、劇場制作、ドラマトゥルクとして活動している。出演作品に『よみちにひはくれない』(2018年、世界ゴールド祭)作・演出作品に『遊行権』(2019年、アトリエ春風舎)など。2019年度、セゾン文化財団創造環境イノベーションプログラム採択。

チャナポン・コムカム(ニックネーム:タイム)

1995年生まれ、バンコク出身。ポーチャン芸術大学で絵画の学士号、シルパコーン大学で視覚芸術の修士号を取得。絵画、写真、サウンドアート、ビデオアート、インスタレーションアート、レディ・メイドのオブジェクトなど多様な手法を用い、2017年以後はグループ展、パフォーマンスアートのショーケース、実験的サウンドアートのショーケースなどで作品を発表している。既成の芸術手法と自然による偶発的な要素、ファウンド・オブジェを組み合わせ、隣り合わせにある芸術と日常の関係を表現、現在は、2021年5月の初個展に向けて準備中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性