特集 PR

いとうせいこうの活動を貫く姿勢 先人の知恵を学び、活用する

いとうせいこうの活動を貫く姿勢 先人の知恵を学び、活用する

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」
インタビュー・テキスト
榎並紀行(やじろべえ)
撮影:寺内暁 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

俳優、小説家、タレント、ミュージシャンと多彩な顔を持つ、いとうせいこう。1980年代にはラッパーとして活動し、ヒップホップ黎明期において日本語ラップの文化を根づかせていった先駆者でもある。

1989年のアルバムリリースを最後に一度ヒップホップから離れた後は、歌舞伎や能といった古典芸能に傾倒。そこで学んだ新たな表現方法を携え、再び音楽シーンへと舞い戻る。「ヒップホップ」と「古典芸能」。まるで畑違いに思える両者には大きな共通点があり、それこそがいとうの表現の源になっているのだという。

空間を豊かにするLIXILの壁材商品「エコカラット」のプロジェクトLIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」とCINRA.NETのコラボレーションにより、空間と人との関係にフォーカスし、インタビューを行っていくこの連載。第5回目となる今回は、いとうがのめり込んだヒップホップや古典芸能の魅力と共通点。さらに、それらを深く学ぶことでたどり着いた、全く新しい音楽表現についてお話を伺った。

いとうせいこう<br>俳優、小説家、ラッパー、タレントとさまざまな顔を持つクリエーター。雑誌『ホットドッグ・プレス』の編集者を経て、1980年代にはラッパーとして藤原ヒロシらとともに最初期の日本語ヒップホップのシーンを牽引する。その後は小説『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。執筆活動の一方で宮沢章夫やシティボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなすなど、マルチな活躍を見せている。
いとうせいこう
俳優、小説家、ラッパー、タレントとさまざまな顔を持つクリエーター。雑誌『ホットドッグ・プレス』の編集者を経て、1980年代にはラッパーとして藤原ヒロシらとともに最初期の日本語ヒップホップのシーンを牽引する。その後は小説『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。執筆活動の一方で宮沢章夫やシティボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなすなど、マルチな活躍を見せている。

1980年代に惹かれたヒップホップ。既存のレコードを使った「反音楽」性

―いとうさんは1980年代にラッパーとして活動し、日本語ヒップホップのシーンを牽引したオリジネーターの1人でもあります。まずはそのルーツ、ヒップホップとの出会いから教えていただけますか?

いとう:出会いは大学生の頃ですね。FEN(現AFN)という在日米軍向けのラジオで流れてきたヒップホップを聴いたのが最初でした。これまで聴いたこともない、でも、どこか懐かしい「祭囃子」のような跳ねたビートに言葉を乗せているのが面白くて。そこからヒップホップというものの構造を勉強するようになり、のめりこんでいきました。

―ヒップホップのどんなところに、特に惹かれましたか?

いとう:既存のレコードからビートをサンプリングするところ。つまり、「人の音楽を使っていい」「演奏しなくていい」ってことですね。当時はバンドブームのはしりで、みんなが演奏をうまくなろうとしていた時代だったから、「演奏しない」という宣言が余計にかっこよく思えました。これは「反音楽」だなと。とても先鋭的だと感じたし、自分でもラッパーをやってみたくなったんです。

いとうせいこう & Tinnie Punx『建設的』(1986年)を聴く(Apple Musicはこちら

―いとうさんはその後、藤原ヒロシさん、高木完さんたちとともに黎明期のヒップホップシーンを盛り上げていくことになります。

いとう:当時はそれをやろうとしていたのが本当に数人しかいなかったから、自分たちでアイデアを出し合い、触発しあって新しいものを作っていく面白さがありました。例えばライブのDJテーブル1つとっても、大道具さんに作ってもらった木製のやつは細かく振動しちゃって胴鳴りがやまなかったり。台を揺らさないために重りを置いたり、レコードの針が飛ばないよう50円玉を乗せて針圧を強くしたり。そういう細かいことも含めてチャレンジしながら解決していきましたね。

―試行錯誤しながら新しい「文化」を作っていく面白さがあったと。

いとう:はい。「こんなことできたらいいな」っていうビジョンが先にあって、実際にやってみたらいろんな問題が起きる。それを解決するソリューションを仲間全員で考えるのが楽しいんです。当時は日本だけでなく世界的にもヒップホップはまだ「よくわからないもの」だったから、ニューヨークやロサンゼルスでも同じことが起きていたと思いますよ。

いとうせいこうが参加した□□□“ヒップホップの初期衝動”MV

いとうせいこう

―その後、世界中の音楽シーンでヒップホップの存在感が増していきますが、いとうさん自身は1989年のアルバム発表を最後にいったん音楽から距離を置いています。

いとう:理由はいくつかありますが、ひとつはメンバーの「音」が変わっていく中で、僕の「言葉」が追いつかなくなっていったこと。当時、一緒にライブをしていた彼らの音がどんどん進化していき、「僕らは僕らで好きな音を出すから、いとうくんは好きにラップしていいよ」と言われたんですけど、当時はフリースタイルなんてなかったし、そもそも僕はその場で言葉を発するよりも、コンセプチュアルに書いた歌詞を表現したいタイプだった。そこで、「僕がここでやれることはなくなった。あとはみんなに任せよう」と思ったんです。

□□□“ヒップホップの経年変化”MV

Page 1
次へ

プロジェクト情報

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」

壁は間取りを作るためのものだけではなく、空間を作り、空気感を彩る大切な存在。その中でインテリアや照明が溶け込み、人へのインスピレーションを与えてくれる。
LIXIL「PEOPLE & WALLS」は、LIXILとCINRA.NETがコラボし、7名のアーティストにインタビューを行う連載企画。その人の価値観を反映する空間とクリエイティビティについてお話を伺います。

プロフィール

いとうせいこう

俳優、小説家、ラッパー、タレントとさまざまな顔を持つクリエーター。雑誌『ホットドッグ・プレス』の編集者を経て、1980年代にはラッパーとして藤原ヒロシらとともに最初期の日本語ヒップホップのシーンを牽引する。その後は小説『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。独特の文体で注目され、ルポタージュやエッセイなど多くの著書を発表。執筆活動の一方で宮沢章夫やシティボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなすなど、マルチな活躍を見せている。近年では音楽活動も再開しており、□□□やレキシ、いとうせいこうis the poetなどにも参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性