特集 PR

和田彩花「わからない」から始める美術の楽しみ方、その奥深さ

和田彩花「わからない」から始める美術の楽しみ方、その奥深さ

美術検定
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部) 取材協力:中村屋サロン美術館

アイドル、歌手として活躍する和田彩花さんは、大のアートラバーとしても広く知られている。高校のときに出会った1点の絵画がきっかけになり、美術を研究することを決心。大学~大学院では美術史を専攻した。現在では、芸能活動のかたわら、アートに関わるエッセイや書評も多く手がけているのだから、筋金入りだ。

そんな和田さんに、高校生のときに起きたアートとの出会い、そしていまの心境を聞いてみることにした。アート=高尚で難解、というイメージはいまだに根深くある。けれども例えば「美術検定」のような、アートの奥深さを除々に知っていくための学びの場が用意されているのも、今日のアートを取り巻く環境だ。和田さんとの対話から、あらためてアートと出会う方法を考えてみた。

いままでの「絵画」のイメージが壊された高校1年生時の体験

―和田さんが美術に興味を持ったきっかけは?

和田:高校1年生のときですね。当時、お仕事のために母と一緒に東京駅を通りかかることが多くて、そこであるポスターをよく見かけてたんですよ。開館したばかりの三菱一号館美術館の「マネとモダン・パリ」展のポスターで、エドゥアール・マネの『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』が印象的にデザインされていました。

和田彩花(わだ あやか)<br>1994年8月1日生まれ。群馬県出身。アイドル。2019年6月18日をもって、アンジュルム、およびHello! Projectを卒業。アイドル活動を続ける傍ら、大学院でも学んだ美術にも強い関心を寄せる。特技は美術について話すこと。特に好きな画家は、エドゥアール・マネ。好きな作品は『菫の花束をつけたベルト・モリゾ』。特に好きな(得意な)美術の分野は、西洋近代絵画、現代美術、仏像。趣味は美術に触れること。
和田彩花(わだ あやか)
1994年8月1日生まれ。群馬県出身。アイドル。2019年6月18日をもって、アンジュルム、およびHello! Projectを卒業。アイドル活動を続ける傍ら、大学院でも学んだ美術にも強い関心を寄せる。特技は美術について話すこと。特に好きな画家は、エドゥアール・マネ。好きな作品は『菫の花束をつけたベルト・モリゾ』。特に好きな(得意な)美術の分野は、西洋近代絵画、現代美術、仏像。趣味は美術に触れること。

和田:「かっこいい絵!」って、お母さんと一緒にずっと気にしていたんですけど、ある日仕事の入り時間を間違えちゃって、いきなり時間が空いちゃったんですよね。それでふらっと美術館に入ってみることにしたんです。

―そこでマネの『死せる闘牛士(死せる男)』と出会ったのが衝撃だったそうですね。

和田:それまで自分が持っていた絵画のイメージが壊されました! 小学生ぐらいだと、好きな絵って言っても、お花畑だとか風景とか、わかりやすいものがほとんどで。私もそうで、図工の授業で「教室に美術館を作ってみよう」みたいな課題のときも、赤い花畑の絵を選んでました……。じつはその絵はモネの作品だったと最近気づいて、なんだか運命的なものを感じたりしてるんですけど(笑)。

とにかく、美術教育やメディアの影響で、絵といえば「きれい」「美しい」くらいのイメージを持つように、子どもの頃から私たちは順応しちゃってるわけですよね。でもマネの世界はそうじゃなかった。黒い絵の具がたくさん使われていて、ただ倒れている人間だけを描いていて。

『死せる闘牛士』ではサロンでの批判をきっかけに画家自ら作品を2つに切断して「自分が見せたいものは倒れた男なんだ」ってことを強い意志で訴えている。そういった全部が私の絵画のイメージを覆すもので、はじめて「画家って面白い!」と思えたんです。

エドゥアール・マネ『死せる闘牛士』1864年(Wikipedia Commonsより)
エドゥアール・マネ『死せる闘牛士』1864年(Wikipedia Commonsより

―その後、和田さんは大学、大学院と美術学科に進んで、美術を研究する側になりました。それってけっこう珍しいと思うんですよ。描く側に行きたくなる人が多いと思うので。

和田:いやいや! 自分が描くのは無理、ってすぐに思いました(苦笑)。

和田彩花

―だとしても、高1で研究方向に進もうと決心するのはすごいと思います。今年、大学院を修了されたと聞きましたが、修士論文は何をテーマに書いたのですか?

和田:マネでした。高校のときは宗教画やオランダ絵画に惹かれたんですが、美術について詳しくなると、絵画にも古典や西洋のものだけではなくて、現代の生活にも通じる近代の動向があることがわかるんですよね。とくにマネは「近代絵画の父」と呼ばれるように、まさにこの時代を象徴する存在。だから、やっぱりマネを研究したいと思ったんです。

―高校、大学院と、人生の節目に必ずマネの存在があるんですね。

和田:大学の卒業論文もマネでした(笑)。マネは、時代が移り変わっていくちょうど中間にいた画家です。彼に先行するギュスターヴ・クールベが、歴史画の権威性を批判する試みをレアリスム(写実主義)の潮流のなかで展開し、さらに下の世代であるモネたち印象派とも交流を持ち、時代や美術の転換期に当事者として立ち会っている。

マネ自身も時代の変わり目に起こる多面性を体現しているところがあって、これからやってくる美術の革新を意識しながら、伝統的な展覧会にもずっと参加している。革新的とも保守的とも違う、複雑さや矛盾を持つ人物として、マネが大好きなんです。

和田彩花
Page 1
次へ

サービス情報

美術検定 ― 知るほど、みえてくる。
美術検定 ― 知るほど、みえてくる。

美術は、「つくる力」だけで生み出されてきたのではなく、「みる力」によって育まれ、伝えられてきた。作品を知り、作家やその時代・社会を知れば、作品からもっとたくさんのことがみえてくる。美術検定は、「知るほど、みえてくる」の体験を通じて、「みる力」のステップアップの機会を提供しています。

試験開催情報

2020年美術検定
2020年美術検定

1~3級オンライン試験:
2020年11月7日(土)・8日(日)開催
申込期間:9月15日(火)~11月2日(月)

4級オンライン試験:通年開催中

対象
・作品や作家、美術史の基本的な流れを知って、美術鑑賞をもっと楽しみたい方
・美術の知識に関する資格として、進学や就職に活かしたい方
・ビジネスシーンでも役立つ教養として、美術の基礎知識を身に付けたい方

合格特典
美術検定を応援する美術館・施設では、合格認定証の提示で特典を提供中
※中村屋サロン美術館では、ポストカード進呈の特典が受けられる

イベント情報

中村屋サロン美術館『コレクション展示』
中村屋サロン美術館
『コレクション展示』

会期:2020年9月12日(土)~12月6日(日)
開館時間:10:30~19:00(最終入館18:40まで)
※2020年10月現在、開館時間変更 10:30~18:00(最終入館17:40まで)
休館日:毎週火曜日
※10/28(水)は展示替えのため休館。但し11/3(火・祝)は開館し翌11/4(水)休館。
入館料:300円
所在地:東京都新宿区新宿3丁目26番13号新宿中村屋ビル3階

プロフィール

和田彩花(わだ あやか)

1994年8月1日生まれ。群馬県出身。アイドル。2009年4月アイドルグループ「スマイレージ」(後に「アンジュルム」に改名)の初期メンバーに選出。リーダーに就任。2010年5月『夢見る15歳』でメジャーデビューを果たし、同年『第52回日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞。2019年6月18日をもって、アンジュルム、およびHello! Projectを卒業。アイドル活動を続ける傍ら、大学院でも学んだ美術にも強い関心を寄せる。特技は美術について話すこと。特に好きな画家は、エドゥアール・マネ。好きな作品は『菫の花束をつけたベルト・モリゾ』。特に好きな(得意な)美術の分野は、西洋近代絵画、現代美術、仏像。趣味は美術に触れること。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催