特集 PR

ポカリCM作詞を手掛けた、ぜったくん。縛られない生き方を謳う

ポカリCM作詞を手掛けた、ぜったくん。縛られない生き方を謳う

ぜったくん『Midnight Call feat. kojikoji』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:矢島由佳子

今年の春夏にCMが放送されたポカリスエットのキャンペーン「ポカリNEO合唱」。春編はコロナ禍の影響で集まることができなかった高校生たちの日常をベースにした自撮りで構成され、夏編は青空の下に思い思いの格好で集まった36名が水しぶきの中で歌い、踊る姿が非常に印象的だった。

このCMで高校生たちが<今だ 今だ 今なんだ>と合唱する“ボクらの歌”の作詞を手掛けたのが、町田出身のラッパー / トラックメーカーのぜったくん。3月に発表した『Bed TriP ep』ではベッド上の妄想を曲にしていただけに、「青春」や「熱さ」を感じさせるCMとの組み合わせは意外に感じるかもしれない。しかし、誰も否定することなく、それぞれの生き方を肯定する目線を持ったぜったくんの楽曲は、複雑な思いを抱えながら過ごしたであろう2020年という「今」を、キラキラ輝かせることに成功していたと言えよう。

10月16日には話題のフィメールボーカリスト・kojikojiを迎えた1stデジタルシングル『Midnight Call feat. kojikoji』を発表したぜったくんに、EPリリース後の歩みを聞いた。

ポカリのCMに出てる子って学校でも明るいイメージだから、スクールカーストが下の存在だった僕が詞を書くというのは面白いなって。

ぜったくん<br>東京町田生まれ。ごく普通にSMAPを聞き、ゲームをしながら幼少期を過ごす。大学卒業後、一度は就職した会社を入社わずか2時間という早さで電撃退職。2018年のラストラム主催の新人オーディション『ニューカマー発見伝』にてグランプリを受賞。2019年7月にデビューデジタルシングル『Catch me, Flag!!?』をリリース後、2020年3月に1st EP『Bed TriP ep』をリリース。そして2020年10月、メジャー1stデジタルシングル『Midnight Call feat. kojikoji』をリリースした。
ぜったくん
東京町田生まれ。ごく普通にSMAPを聞き、ゲームをしながら幼少期を過ごす。大学卒業後、一度は就職した会社を入社わずか2時間という早さで電撃退職。2018年のラストラム主催の新人オーディション『ニューカマー発見伝』にてグランプリを受賞。2019年7月にデビューデジタルシングル『Catch me, Flag!!?』をリリース後、2020年3月に1st EP『Bed TriP ep』をリリース。そして2020年10月、メジャー1stデジタルシングル『Midnight Call feat. kojikoji』をリリースした。

―今年の春夏にオンエアされたポカリスエットのCMは大きな話題を呼びました。ベッドの上での妄想を描いた『Bed TriP ep』の作風からすると、爽やかな青春を感じさせるポカリのCMというのは意外な組み合わせにも感じられたのですが、ぜったくん本人としてはどんな感想を持っていますか?(参考記事 / 『Bed TriP ep』リリース時インタビュー:ぜったくんの実生活 自室、ラブホのバイト、1時間で退職なども歌に

ぜったくん:光と闇みたいな感じですよね(笑)。それは僕も思いました。ポカリのCMに出てる子って、学校でも明るい、いわゆるスクールカースト上位の子みたいなイメージだから、スクールカーストが下の存在だった僕が詞を書くというのは面白い構造だなって。でもだから、闇は一切出さないようにしました。闇の人が光のことを書くっていうのがまた面白いかなって……実際いいものになってよかったです。

ポカリスエットCM、春・夏編を含めたフルバージョン

―“Parallel New Days”で<幸せの総量は同じにできてた 今いる世界線楽しもうぜ>と書いているように、人それぞれの生き方を肯定する目線を持ったぜったくんが、高校生に向けて曲を書いたらどんなものになるのかなという興味はありました。

ぜったくん:CMが流れてるときにめっちゃエゴサしてて、「この合唱を作ったやつは高校生の現状をわかってない。高校生はこういうやつらばっかりじゃない」みたいなことを言ってる人たちがいたんですけど、「いや、俺もこっち側じゃないし」っていうのは思いましたね。

ぜったくん“Parallel New Days”

―実際に、ぜったくんの高校時代はどんな感じだったんですか?

ぜったくん:“ボクらの歌”じゃない方です(笑)。ひたすらゲームしてました。テニス部だったんですけど、部室でPSPばっかりやってて、熱中してることと言えばゲームで勝つことだけ。上のカーストの人たちを見て羨ましいなと思って、学園祭でギターを弾いてる人とかに対して「できそうだけどなあ」とか思いながら、結局やらない、みたいな感じでしたね。

ぜったくん

―でも、大学では学園祭のテーマソングを作って脚光を浴びたんですよね?

ぜったくん:大学4年のときに、「一目置かれたい」みたいに思った時期が一瞬あって。それまでずっと無個性で、「打ち込んでるものはゲームだけ」みたいな状況のまま就活が始まって、「自分の強みってなんだろう?」って考えるとなにもないなと思って。それでなにかやらなきゃと思いつつ……結局特になにもせず、でも一応内定はもらって。

その後に「思い出が作れればいいかな」くらいの感じで1曲作ったら、学園祭のテーマソングになって、結構ヒーロー的な存在になっちゃったんです。それが最初の成功体験で、あれがなかったら音楽ちゃんとやろうとも思わなかったと思います。就職して、1時間でやめて、そのままなにもしない可能性もありましたからね。

ぜったくん

―ポカリのCM曲のオファーは、どういう形でもらったんですか?

ぜったくん:いきなり直接僕にメールが来たんです。「ラップで合唱をやりたい」「日常のことを歌にしたい」というところから、『Bed TriP ep』を聴いて僕がぴったりだと思ってくれたみたいで。最初「本当ですか?」ってなりましたけど……本当でした。そのメール、迷惑フォルダーに入っていて危うく消すところだったんですけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ぜったくん『Midnight Call feat. kojikoji』
ぜったくん
『Midnight Call feat. kojikoji』

2020年10月16日(金)配信

プロフィール

ぜったくん
ぜったくん

東京町田生まれ。ごく普通にSMAPを聞き、ゲームをしながら幼少期を過ごす。大学にてギターを始める。大学卒業後、一度は就職した会社を入社わずか2時間という早さで電撃退職。作曲とDTMを勉強しながら、作詞作曲を手がけるバンド「201号室」での活動(Vo,Gt)を始める。そのかたわら、ソロの「ぜったくん」としての楽曲を制作開始。2018年のラストラム主催の新人オーディション『ニューカマー発見伝』にて、グランプリを受賞。2019年7月にデビューデジタルシングル『Catch me, Flag!!?』をリリース後、2020年3月に6曲入り1st EP『Bed TriP ep』をリリース。そして2020年10月、メジャー1stデジタルシングル『Midnight Call feat. kojikoji』をリリースする。

  • POPULAR TAG 人気のタグ

  • POPULAR IMAGES 人気の画像

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施