特集 PR

古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

時代劇専門チャンネル『ゲキ×シネ』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

旗揚げから今年で40年! いまや1演目あたり約10万人を動員する人気劇団となった劇団☆新感線。しかし、その道のりは、必ずしも平坦なものではなかったという。演劇がエンタメではなく「文学」「芸術」とされていた1980年に産声を上げ、時代劇やSF、ロック、コントなど、「エンターテイメント」の要素を率先して盛り込みながら、さらには阿部サダヲや上川隆也など、劇団外の人気俳優たちを次々と招き、独自の進化を遂げていった。

そんな40周年を記念して、代表的な演目の「ゲキ×シネ」6作品――『髑髏城の七人~アカドクロ』『「髑髏城の七人」~Season鳥』『五右衛門ロック』『阿修羅城の瞳2003』『SHIROH』『乱鶯』が、3か月にわたって時代劇専門チャンネルで連続放送される。

今回は、劇団の看板役者であると同時に、近年はテレビのバラエティ番組やドラマなどでもすっかりお馴染みの俳優・古田新太に、劇団と共に歩んできた自らのキャリアについてはもちろん、劇団☆新感線が40年のあいだに成し遂げたこと、さらにはこのコロナ禍における心境について、大いに語ってもらった。

(メイン画像:©ヴィレッヂ・劇団☆新感線)

つかこうへいのコピー劇団から、ハードロックをかける「アクションミュージカル劇団」になるまで

―劇団☆新感線(以下、新感線)は、いまや押しも押されぬ人気劇団です。古田さんは役者として、いろんな現場をご存知かと思いますが、その中でも新感線はどういった劇団だと感じていますか?

古田:ひと言で言うなら、歌ったり踊ったり戦ったりする、アクションミュージカル劇団ですね。おいらは、テレビドラマでは、女装家とかゲイの役ばっかりやっているんだけど、実はこのアクションミュージカル劇団の人なんだよっていう。この記事では、それがわかってもらえたらもう大丈夫です(笑)。

―(笑)。しかも、その看板俳優でいらっしゃいます。

古田:演劇って、まだまだ敷居が高いと感じている方は多いと思うんです。でも、SEKAI NO OWARIとか嵐のコンサートって、曲を全然知らなくても、めちゃくちゃ楽しめるじゃないですか。それと同じように、うちの劇団の芝居は、基本的に敷居が低いし、難しいことは言わない。まあ、難しいことは言わないっていうか、言えないんだけど。頭の悪い人たちがやっている劇団なので(笑)。

―「難しいことは言わない」というのは、結成当初からなんですか?

古田:もともとうちの劇団は、つかこうへいさん(1970年代から活動していた劇作家、演出家。国籍は韓国)のコピー劇団から始まったんです。ただ、つかさんは劇中にクラシックを流していたところ、うちらはJudas PriestとかIRON MAIDEN(どちらも、イギリスのへヴィメタルバンド)のようなハードロックを流していました(笑)。当時、そんな劇団は他になかったんですよね。

ただ、つかさんの芝居には、在日コリアンの悲しみとか差別の問題とかも入っていて……我々も途中で気づいたんですよ。ノンポリのおいらたちが、そんなお芝居をやっちゃいけないって。それで、オリジナルを始めて、35年ぐらいって感じでしょうか。

古田新太(ふるた あらた)<br>1965年、兵庫県生れ。1984年、大阪芸術大学在学中にデビュー。「劇団☆新感線」の看板役者である。独自の存在感と確かな演技力で、幅広く活躍をしている。
古田新太(ふるた あらた)
1965年、兵庫県生れ。1984年、大阪芸術大学在学中にデビュー。「劇団☆新感線」の看板役者である。独自の存在感と確かな演技力で、幅広く活躍をしている。

―古田さんは旗揚げ時には参加しておらず、新感線に参加して今年で36年ということですが、どういったいきさつがあったのですか?

古田:おいらが大学生のとき、旗揚げメンバーだった渡辺いっけい先輩に、「ちょっと手伝ってくれ」と言われて、そのまま36年ずっといるような感じなんですけど、おいらが入ったあたりから、さっき言ったようなオリジナル路線になっていったんですよね。

おいらはもともとミュージカルとアクションが好きだったので、「踊りが入るなら、歌も入れましょうよ」とか「もっとアクションをやりましょうよ」とか、座長のいのうえに言い続けていて。そしたら、うちの座付き作家をやっている中島かずきさんが参加するようになって、歌も踊りもある脚本を書き出したんです。

―古田さんのアイデアが通っていったんですね。

古田:そうなんです。その頃、大学を出たら、東京で職業俳優になろうと思っていたんですけど、この劇団にいたら、おいらがやりたいアクションがあって下ネタもあるようなミュージカルができるんじゃないかって思ったんですよね。それで、劇団に残ったんです。

そこから、デーモン(デーモン閣下)さんやROLLYみたいな知り合いのミュージシャンにも手伝ってもらうようになって。それでいまのような形態になっていった感じです。

Page 1
次へ

作品情報

『髑髏城の七人~アカドクロ』
ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アカドクロ』

2020年11月15日(日)21:00~
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
古田新太
水野美紀
佐藤仁美
坂井真紀
橋本じゅん
佐藤正宏
山本亨
梶原善 ほか

©ヴィレッヂ・劇団☆新感線

『髑髏城の七人~Season鳥』
ゲキ×シネ『髑髏城の七人~Season鳥』

チャンネル初
2020年11月22日(日)21:00~
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
阿部サダヲ
森山未來
早乙女太一
松雪泰子
粟根まこと
福田転球
少路勇介
清水葉月
梶原善
池田成志 ほか

©TBS/ヴィレッヂ

『五右衛門ロック』
ゲキ×シネ『五右衛門ロック』

2020年12月20日(日)21:00~
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太
松雪泰子
森山未來
江口洋介
川平慈英
濱田マリ
橋本じゅん
高田聖子
粟根まこと
北大路欣也 ほか

©ヴィレッヂ・劇団☆新感線

『阿修羅城の瞳2003』
ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』

2020年12月27日(日)21:00~
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
市川染五郎(現・松本幸四郎)
天海祐希
夏木マリ
高田聖子
橋本じゅん
小市慢太郎
近藤芳正
伊原剛志 ほか

©ヴィレッヂ・劇団☆新感線

『SHIROH』
ゲキ×シネ『SHIROH』

2021年1月~放映予定
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
中川晃教
上川隆也
高橋由美子
杏子
大塚ちひろ(現・大塚千弘)
高田聖子
橋本じゅん
植本潤(現・植本純米)
粟根まこと
吉野圭吾
泉見洋平
池田成志
秋山菜津子
江守徹 ほか

©東宝/ヴィレッヂ

『乱鶯』
ゲキ×シネ『乱鶯』

2021年1月~放映予定
作:倉持裕
演出:いのうえひでのり
出演:
古田新太
稲森いずみ
大東駿介
清水くるみ
橋本じゅん
高田聖子
粟根まこと
山本 亨
大谷亮介 ほか

©松竹/ヴィレッヂ

プロフィール

古田新太(ふるた あらた)

1965年、兵庫県生れ。1984年、大阪芸術大学在学中に参加。「劇団☆新感線」の看板役者である。独自の存在感と確かな演技力で、幅広く活躍をしている。出演作としては、映画「ヒノマルソウル∼舞台裏の英雄たち∼」(近日公開)、「空白」(21年公開予定)、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春SP」「小吉の女房2」(21年4月)、「関ジャム完全燃SHOW」レギュラー出演中、舞台 ねずみの三銃士「獣道一直線‼」、YELLOW⚡新感線「月影花之丞大逆転」(21年2月~)、他。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施