特集 PR

西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

『さくら』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
編集:川浦慧、久野剛士(CINRA.NET編集部)

文章だけで喧嘩するのは危険。直接会って、傷つく顔をみて、わかることがある。

―この状況が、いつまで続くかわかりません。そうした中で、人同士の結びつきで大切なことはなんだと思われますか?

西:うーん……やっぱり、顔が見えることはしたいです。私はSNSをやっていないんですけど、文章だけで喧嘩するのは危険なことだと思います。その人の匂いを嗅いで、傷つく顔をみて、わかることはある。けれど、文章で揉めたりしたことを人から聞くと、傷ついているかどうかわからなくて歯止めが聞かなくなるんちゃうかなって思います。

会うのが難しい状況ではありますけど、せめて、画面を通して目をみることはしたいなって思いますね。欲を言えば、匂いや気配も感じたいですけど。

©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会
©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会

―ご家族の付き合い方は変わりましたか?

西:わかっていたつもりですけど、「会える時間は有限や」ということを突き付けられましたよね。だから、アホみたいな表現ですけど、一瞬一瞬が戻ってこないことを日々感じるようになりました。

―会っている時間を、大事にしたくなりますよね。お休みの日に家族や友人と過ごす時間に集中できるようになった気がします。

西:わかります。社会人の方も、リモートワークが増えて通勤時間が減って、家族と一緒にいられる時間が増えていたらいいなと思います。もちろん、それで窮屈な思いをしている方もいるかもしれないので一概には言えないけど、こうした状況の産物でもあるのかなと思います。

©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会
©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会

―西さんも家族と過ごす時間が増えましたか?

西:作家みんなそうですけど、私たちはもともと家で籠ってやる仕事なんで、仕事に関して変化はないんじゃないかなと思います。作品作りもすごく集中してやれていますし、家族との時間はそんなに変わらないかな。でも、作品を書く際に、コロナのことを無視できないなと思います。

―『さくら』は最近書かれた物語ではありませんが、それこそ「会える時間は有限」ということを切に伝えている作品だと思います。西さん自身も時間の経過とともにご自身に変化があった中で、作品の捉え方は変わりましたでしょうか。

西:私自身が書くものや人間は変わらないですけど、目線は変わりました。読者や視聴者としてみるものが、今までは子どもの目線だったのに、今は親目線になっちゃいます。『さくら』を書いた当時は、かおるくんの目線で物語をみていたのに、今はお母さんの目線でみるようになりました。

©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会
©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会

―いろんな立場の人が、感情移入できる作品ですよね。間違った選択を重ねてきた家族かもしれないけれど、やり直すこともできる。物語の捉え方は様々ありますが、そのためには時には逃げてみることも、大事なんじゃないかと思いましたし、たった一度の過ちを全否定するのではなく、過去も認めていきたいと考えさせられました。

Page 4
前へ

作品情報

『さくら』
『さくら』

2020年11月13日(金)全国公開

出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、寺島しのぶ、永瀬正敏、
小林由依(欅坂46)、水谷果穂、山谷花純、加藤雅也、趙珉和
原作:西加奈子『さくら』(小学館刊)
監督:矢崎仁司
脚本:朝西真砂
音楽:アダム・ジョージ
主題歌:東京事変『青のID』
配給:松竹

プロフィール

西加奈子(にし かなこ)

1977(昭和52)年、イランのテヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004(平成16)年に『あおい』でデビュー。翌年、1匹の犬と5人の家族の暮らしを描いた『さくら』を発表、ベストセラーに。2007年『通天閣』で織田作之助賞を受賞。2013年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞受賞。2015年『サラバ!』で直木賞受賞。その他の小説に『窓の魚』『きいろいゾウ』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』『地下の鳩』『ふる』など多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施