特集 PR

藝大出身者が語る、刷新すべき音楽教育 江﨑文武×石若駿×額田大志

藝大出身者が語る、刷新すべき音楽教育 江﨑文武×石若駿×額田大志

GAKU
インタビュー・テキスト
大石始
撮影:垂水佳菜 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

2020年9月、10代のための新たなクリエイティブの学び舎「GAKU」が開講。その一環として、WEGOとManhattan Recordsの特別協賛クラス「Beyond the Music」がスタートした。WONKやmillennium paradeでも活動する江﨑文武が総合ディレクションを手がけ、額田大志(東京塩麹、ヌトミック)、石若駿(SMTK、millennium parade、CRCK/LCKS など)、井上幹(WONK)、ermhoi(Black Boboi、millennium parade)、細井美裕と、先鋭的な表現者たちが講師を務める。

ただし、このクラスは単なるプロミュージシャン養成講座ではない。音楽を通じた統合的な学びについて考えることをテーマとしており、江﨑は開講にあたって公開されたステートメントのなかでこう書いている。「今日、音楽を取り巻く環境は急速に変化しています。少し気を抜けばあっという間に時代の変化に取り残されてしまういま、アーティストはただ音楽をつくる・表現するだけではなく、こうした背景を理解することがますます重要になってきています」――。

他に類を見ない音楽講座「Beyond the Music」は、10代の受講生になにを伝えようとしているのだろうか。総合ディレクターの江﨑に加え、額田大志と石若駿を迎えた座談会をお届けしよう。3人は1992年生まれの同い年。学科こそ違えども、東京藝術大学の同期である。話は各自の音楽教育論にまで及んだ。

左後列から:石若駿、額田大志、江﨑文武
左後列から:石若駿、額田大志、江﨑文武

優れた先輩たちの敷いたレールに乗るだけのキャリアへの危機意識が、外への意識を芽生えさせた

―みなさんは2015年に始まったイベント『JAZZ SUMMIT TOKYO』の実行委員を務めていたりと、以前からさまざまなプロジェクトで活動してきましたよね。

江﨑:そうですね。音楽だけでなく様々な芸術について語り合い、活動してきました。『JAZZ SUMMIT TOKYO』はそのうちの1つですね。3人で初めて一緒にやったプロジェクトは、額田くんがやっている東京塩麹のライブだったと思います。

江﨑文武(えざき あやたけ)<br>1992年 福岡市生まれ。WONK、millennium paradeでキーボードを務めるほか、King Gnu、Friday Night Plansなど様々なアーティスト作品のレコーディングやプロデュースを手がける。映画やコマーシャルへの楽曲提供も多数。音楽レーベル「EPISTROPH」を主宰しデザインを監修するほか、芸術教育の領域でもその活動の幅を広げている。東京藝術大学音楽学部卒業、東京大学大学院学際情報学府修了。
江﨑文武(えざき あやたけ)
1992年 福岡市生まれ。WONK、millennium paradeでキーボードを務めるほか、King Gnu、Friday Night Plansなど様々なアーティスト作品のレコーディングやプロデュースを手がける。映画やコマーシャルへの楽曲提供も多数。音楽レーベル「EPISTROPH」を主宰しデザインを監修するほか、芸術教育の領域でもその活動の幅を広げている。東京藝術大学音楽学部卒業、東京大学大学院学際情報学府修了。

―この3人の間で共有している感覚とはどのようなものなのでしょうか。

江﨑:同世代のミュージシャンやパフォーマーにはおもしろい人たちがたくさんいるんですけど、技術面だけではなく、「社会にどうアプローチしていくか」ということについて意識している人が多い印象があります。東京藝術大学という閉じた組織のなかだけで生きていくこともできるけれど、外に発信していこうという気概を持って活動している人たちが多かったと感じるんですよ。

たとえば、藝大の器楽専攻の同期がやっている「ぱんだウインドオーケストラ」という吹奏楽団があるんですけど、僕らは器楽専攻ではないので、「おもしろそうなことをやってるな」と端から見ていたんですね。あるとき、彼らから「自分たちの活動を外に発信していきたい」と相談されて。それで僕と額田くんとでカメラマンをやって動画を作ったり、ウェブサイトを作ったりしました。

ぱんだウインドオーケストラ“PANDASTIC!!”

額田大志(ぬかた まさし)<br>作曲家、演出家。1992年東京都出身。東京藝術大学在学中に8人組バンド「東京塩麹」結成。2017年にリリースした1st Album『FACTORY』は、NYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と評された。また2016年に演劇カンパニー「ヌトミック」を結成。「上演とはなにか」という問いをベースに、音楽のバックグラウンドを用いた脚本と演出で、パフォーミングアーツの枠組みを拡張していく作品を発表している。
額田大志(ぬかた まさし)
作曲家、演出家。1992年東京都出身。東京藝術大学在学中に8人組バンド「東京塩麹」結成。2017年にリリースした1st Album『FACTORY』は、NYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と評された。また2016年に演劇カンパニー「ヌトミック」を結成。「上演とはなにか」という問いをベースに、音楽のバックグラウンドを用いた脚本と演出で、パフォーミングアーツの枠組みを拡張していく作品を発表している。

―外に発信していこうという意識が強いのはどうしてなんでしょうか。音楽を取り巻く現状に対して危機感があるんですか?

江﨑:僕は学生の頃に音楽レーベルのインターンを経験したり、音楽の産業的な側面も見てきたんですね。東京藝大では伝統を受け継ぐ音楽家にも接してきたし、ジャズのオーセンティックなフィールドで活動しているミュージシャンも見てきた。そうやっていろいろ見ていくなかで、どうしても先輩たちが築き上げてきたものの上にただ乗っかりがちな感じがしていて……。自分たちの世代には、それに対する危機感があったように思います。

石若:僕は音楽学部の打楽器科というところにいたんですけど、学生時代から先輩方がやっているプロの吹奏楽団に入るという道筋が存在していて、クラシックの世界での「しきたり」みたいになっていたんです。その決まったルートに単純に乗っかるのではなく、僕らが自発的になにかを変えていかないといけないという空気は、同世代の間でも強くありました。

石若駿(いしわか しゅん)<br>打楽器奏者。1992年北海道生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学を卒業。リーダープロジェクトとして、Answer to Remember、CLNUP4、SMTK、Songbook Trioを率いる傍ら、くるり、CRCK/LCKS、Kid Fresino、君島大空、millennium Paradeなど数多くのライブ、作品に参加。
石若駿(いしわか しゅん)
打楽器奏者。1992年北海道生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学を卒業。リーダープロジェクトとして、Answer to Remember、CLNUP4、SMTK、Songbook Trioを率いる傍ら、くるり、CRCK/LCKS、Kid Fresino、君島大空、millennium Paradeなど数多くのライブ、作品に参加。

―石若さんは10代から学校外でも音楽活動をされてきましたよね。大学の外でもそうした空気はあったんですか。

石若:そうですね。僕たちが学生のときにInstagramが流行し始めていたんですが、そこで表現を発信する人が増えて、海外でも空気が変わってきたと思うんですよ。どこか有名なバンドに入って1人のプレイヤーとして認められるんじゃなくて、自分で発信した表現によって広く認知されるケースが増えてきた。「僕らもこういうことをやっていこう」という意識をみんな持っていたと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

GAKU
GAKU

10代の若者たちが、クリエイティブの原点に出会うことができる「学び」の集積地。アート、映像、音楽、建築、料理など、幅広い領域で、社会の第一線で活躍するアーティストやデザイナー、先進的な教育機関が、10代の若者に対して、本質的なクリエイティブ教育を実施する。10代の若者が、本物のクリエイターと実際に出会い、時間を過ごし、ともに考え、試行錯誤をしながらクリエイションに向き合うことで、まだ見ぬ新しい自分や世界、すなわち、原点のカオスに出会うことを目指す。ディレクターには、writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)のデザイナー山縣良和を迎え、世界的評価を受けるファッション・スクール「ここのがっこう」、カルチャーWEBメディアCINRAによるオンラインラーニングコミュニティ「Inspire High(インスパイア・ハイ)」などが集まり、感性、本質的な知識、自己と他者の原点を理解する精神を育むプログラムを構成する。

Beyond the Music
Beyond the Music

WEGO、Manhattan Recordsの特別協賛のもと開講する「Beyond the Music」では、急速に変化する音楽環境の中で、スキルを身に着けるための断片的な学び以上に重要となる俯瞰的な視点を得るために、物理、国語、社会など様々な科目を音楽を通して見つめ、考えることで統合的に学ぶ姿勢や視点と出会う機会を全6回、約半年間にわたって提供。総合ディレクションおよび全編司会は江﨑文武(WONK、millennium parade)。ゲストスピーカーには、石若駿、額田大志(東京塩麹)、井上幹、ermhoi、細井美裕らが名を連ねる。

プロフィール

江﨑文武(えざき あやたけ)

1992年 福岡市生まれ。WONK、millennium paradeでキーボードを務めるほか、King Gnu、Friday Night Plansなど様々なアーティスト作品のレコーディングやプロデュースを手がける。映画やコマーシャルへの楽曲提供も多数。音楽レーベル「EPISTROPH」を主宰しデザインを監修するほか、芸術教育の領域でもその活動の幅を広げている。東京藝術大学音楽学部卒業、東京大学大学院学際情報学府修了。

石若駿(いしわか しゅん)

打楽器奏者。1992年北海道生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。リーダープロジェクトとして、Answer to Remember、CLNUP4、SMTK、Songbook Trioを率いる傍ら、くるり、CRCK/LCKS、Kid Fresino、君島大空、Millennium Paradeなど数多くのライブ、作品に参加。 近年の活動として、山口情報芸術センター[YCAM]にて、音と響きによって記憶を喚起させることをテーマに、細井美裕+石若駿+YCAM新作コンサートピース「Sound Mine」を発表。アッセンブリッジ・ナゴヤにて、旧・名古屋税関港寮全体をステージとした回遊型パフォーマンス「石若駿×浅井信好ライブセッション」を行う。自身のソロパフォーマンスが、山本製作所100周年記念モデル「OU-オウ」のPV、フィガロジャポン新連載 山田智和監督「虹の刻 第15章」のオンラインスペシャルムービー、世界的建築家 妹島和世氏設計による大阪芸術大学アートサイエンス科新校舎のドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世(監督・撮影 ホンマタカシ)』の音楽に抜擢されるなど活動は多岐に渡る。

額田大志(ぬかた まさし)

作曲家、演出家。1992年東京都出身。東京藝術大学在学中に8人組バンド『東京塩麹』結成。2017年に1st Album『FACTORY』をリリース。翌年、FUJI ROCK FESTIVAL'18に出演。また2016年に演劇カンパニー『ヌトミック』を結成。「上演とは何か」という問いをベースに、音楽のバックグラウンドを用いた脚本と演出で、パフォーミングアーツの枠組みを拡張していく作品を発表している。演劇作家として『それからの街』で第16回AAF戯曲賞大賞、古典戯曲の演出でこまばアゴラ演出家コンクール2018最優秀演出家賞を受賞。その他の活動として2019年に初の小説作品『トゥー・ビー・アニマルズ』を悲劇喜劇(早川書房)に掲載。またJR東海『そうだ 京都、行こう。』を始めとする広告音楽や、Q/市原佐都子『バッコスの信女-ホルスタインの雌』などの舞台音楽も数多く手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信