特集 PR

崎山蒼志が自らを俯瞰して語る 18歳のリアル、思い描く40歳の自分

崎山蒼志が自らを俯瞰して語る 18歳のリアル、思い描く40歳の自分

崎山蒼志『find fuse in youth』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/01/29

崎山蒼志のメジャー1stアルバム『find fuse in youth』は、かなり特殊なフォルムを持ったアルバムだ。「再定義シリーズ」と称し、崎山以外のアレンジャーと演奏者が集って過去曲をリメイクした3曲の先行配信シングル“Samidare”“Heaven”“Undulation”が収録されると同時に、“waterfall in me”や“目を閉じて、失せるから。”“Repeat”など、奇妙な歪さとポップさをはらんだ、アレンジまで崎山自身の手による楽曲が並列に配置されている(それらは『ヘヴンリィ・パンク:アダージョ』期の七尾旅人を思わせるようでもある)。

様々な指向の楽曲がざっくばらんに並んだ印象のある本作。音楽性にバラつきがあるのは前作『並む踊り』(2019年)も同じだが、『find fuse in youth』には、『並む踊り』のような通底する一貫性があるというよりは、様々な実験の成果を、意図的にバラバラなまま配置している印象すらある。正直、かなり不思議な作品だ。一体、崎山蒼志は本作を作るにあたって、どんなビジョンを描いていたのだろう?――そんな大きな疑問を抱えながら今回、単独リモート取材に臨んだのだが……話を聞くと、やはり崎山蒼志はとてつもなく面白かった!

作品の奥に散りばめられた時代や人類への思いから、数多のリファレンスの存在、そしてこの先の活動の展望まで、常に未来を向きながら、同時に、大切な何かを思い出し続ける崎山蒼志の現在地を存分に語ってもらうインタビューとなった。読んで、改めて、この天才に出会ってほしい。

崎山蒼志(さきやま そうし)<br>2002年生まれ静岡県浜松市在住。現在、テレビドラマや映画主題歌、CM楽曲などを手がけるだけではなく、独自の言語表現で文芸界からも注目を浴びている。2021年1月27日にアルバム『find fuse in youth』でメジャーデビュー。2月からは東名阪の3箇所で行われるツアー『崎山蒼志 TOUR 2021 「find fuse in you(th)』」が開催予定。
崎山蒼志(さきやま そうし)
2002年生まれ静岡県浜松市在住。現在、テレビドラマや映画主題歌、CM楽曲などを手がけるだけではなく、独自の言語表現で文芸界からも注目を浴びている。2021年1月27日にアルバム『find fuse in youth』でメジャーデビュー。2月からは東名阪の3箇所で行われるツアー『崎山蒼志 TOUR 2021 「find fuse in you(th)』」が開催予定。

メジャーデビュー作でありながら、変化作であり実験作。『find fuse in youth』はポップさの提示と、やりたいことの追求で二極化している

―最初にこんなことを言うのはなんですけど、『find fuse in youth』はこのアルバムが礎となった先に、崎山さんがどんな音楽を作っていくのかがすごく気になる作品だと思いました。そのくらい、変化作であり実験作であるというか。

崎山:たしかに、そうですね。今回は本当に挑戦作って感じです。先行配信でリリースした3曲を含めて計6曲、自分以外のアレンジャーの方と一緒にやった曲があるんですけど、その反対側にある自分の内省を表現したり、挑戦的にやる曲も入れたい気持ちがあったので。そういう意味で、内容が二極化しているアルバムだと思います。

―二極化というのは、たしかに。前作の『並む踊り』は、君島大空さんや諭吉佳作/menさん、長谷川白紙さんが参加されつつも、すごく統一感のある作品だったと思うんです。

崎山蒼志“むげん・ (with 諭吉佳作/men)”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く) / 関連記事:崎山蒼志と諭吉佳作/men、見つめ合う2つの才能 その特異な実態(記事を読む

―でも『find fuse in youth』はある意味、分裂気味な作品と言えますよね。

崎山:そうですね。まずアルバムの前にこれまでに反響をいただいていた曲を先行配信で出そうという話があって。でもそれらは中学生の頃に作った曲で、そこにはあくまで中学生のときのバイブスがあって、そのままでは、今の僕にはできないなと思ったんですよね。

―「再定義シリーズ」として配信リリースされた“Samidare”“Heaven”“Undulation”の3曲ですよね。崎山さんにとって「中学生のときのバイブス」というのは、どういうものですか?

崎山:簡単に言ってしまうと、閉塞感があるというか、外界との繋がりがない感じ。語弊があるかもしれないけど、狭い世界で生きている感じがあるなと思います。

崎山蒼志“Undulation”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

崎山:そもそも、常に新しいことをやっていきたい気持ちが強いほうではあるのですが、「アレンジャーの方と一緒にやってみたらどうでしょうか?」ということになったんです。それだったら、今の僕でも出せるかもしれないと思って。そういう形で挑戦したシングルとして、“Samidare”“Heaven”“Undulation”の3曲がありました。そこから、「アルバムを作ろう」となっていったんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

崎山蒼志『find fuse in youth』LIMITED EDITION
崎山蒼志
『find fuse in youth』LIMITED EDITION(CD+DVD)

2021年1月27日(水)発売
価格:5,500円(税込)
SRCL-11653/4
※紙ジャケット仕様、20ページ詩集型ブックレット付属

[CD]
1. Undulation (album ver.)
2. Heaven
3. 鳥になり海を渡る
4. 花火
5. そのままどこか
6. waterfall in me
7. 目を閉じて、失せるから。
8. Samidare
9. 回転
10. 観察 (interlude)
11. ただいまと言えば
12. Repeat
13. find fuse in youth

[DVD]
・“Samidare”MUSIC VIDEO
・“Heaven”MUSIC VIDEO
・“Undulation”MUSIC VIDEO
・「“五月雨” THE FIRST TAKE」
・「“夏至” THE FIRST TAKE」
・「“踊り” Live at 2019.11.10 Kanda Myojin Hall」
・「“柔らかな心地” Live at 2019.11.10 Kanda Myojin Hall」
・「“むげん・” Live at 2019.11.10 Kanda Myojin Hall(Guest act:長谷川白紙、諭吉佳作/men)」

崎山蒼志『find fuse in youth』NORMAL EDITION
崎山蒼志
『find fuse in youth』NORMAL EDITION(CD)

2021年1月27日(水)発売
価格:3,300円(税込)
SRCL-11655

1. Undulation (album ver.)
2. Heaven
3. 鳥になり海を渡る
4. 花火
5. そのままどこか
6. waterfall in me
7. 目を閉じて、失せるから。
8. Samidare
9. 回転
10. 観察 (interlude)
11. ただいまと言えば
12. Repeat
13. find fuse in youth

イベント情報

『崎山蒼志 TOUR 2021「find fuse in you(th)」』

2021年2月23日(火・祝)全2公演
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2021年2月27日(土)全2公演
会場:大阪府 心斎橋 BIGCAT

2021年3月21日(日)全2公演
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

料金:各公演前売3,500円(ドリンク代)

プロフィール

崎山蒼志
崎山蒼志(さきやま そうし)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。2018年5月インターネット番組の出演をきっかけに世に知られることになる。現在、テレビドラマや映画主題歌、CM楽曲などを手がけるだけではなく、独自の言語表現で文芸界からも注目を浴びている。また『FUJI ROCK FESTIVAL』『SUMMER SONIC』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』など、大型フェスからのオファーも多い。2018年7月、“夏至”と“五月雨”を配信リリース、12月5日には1stアルバム『いつかみた国』を発表した。合わせて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し、即日全公演完売となった。2019年5月には自身初となるホール公演『とおとうみの国』を浜松市浜北文化センター大ホールで実施、10月に2ndアルバム『並む踊り』を発売し全国10公演のリリースツアー『並む踊りたち』を開催。2021年1月27日にアルバム『find fuse in youth』でメジャーデビュー。2月からは東名阪の3箇所で行われるツアー『崎山蒼志 TOUR 2021「find fuse in you(th)』」が開催予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談