インタビュー

青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

インタビュー
松村正人
撮影:小林光大 テキスト・編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

COVID-19が猛威を振るいはじめる直前、2020年1月に青葉市子は沖縄に渡った。沖縄本島を拠点に、久高島、座間味島、奄美大島をはじめとする島々に赴き、その記録、そして記憶に触れる。2週間弱ほどの滞在を経て青葉市子は、大作『アダンの風』のベースとなるプロットを書いた。

それを元に作曲家の梅林太郎、エンジニアの葛西敏彦、写真家の小林光大と、互いの境界線が曖昧になるような、文字どおり渾然一体の制作によって『アダンの風』は完成した。作曲、レコーディング、ミックスの全てが同じタイムライン上にあったという通常ではありえない工程を踏み、マスタリング当日の朝まで作業は続いた。どこまでも異例であるが、そうすることでしか『アダンの風』は生まれえなかった。一体、何が4人をそこまでにさせたのか? 詳しくは本稿と併せて公開されている作品インタビューを読んでいただきたい(青葉市子が『アダンの風』で見つめた、時代のざわめきの向こう側)。

ここではそのインタビューで紹介しきれなかった各楽曲の詳細を抜粋し、全曲紹介形式でまとめている。聞き手に『STUDIO VOICE』の元編集長である松村正人を迎え、青葉市子と梅林太郎が語った。

1. 守り哥(作詞:青葉市子、作・編曲:梅林太郎)

青葉市子“守り哥”を聴く(Apple Musicはこちら

―まず、梅林さんとの初めての共作曲“守り哥”のことから話を伺わせてください。

青葉:沖縄に行く前に『Reborn-Art Festival』(宮城県・石巻市にて開催される芸術祭。青葉市子が参加したのは2019年)という芸術祭に参加していて、牡鹿半島の先にある鮎川という町で滞在制作をしていました。鮎川はクジラで知られる町であり、2019年の7月から捕鯨が再開していたので、滞在中はよくクジラの解体を見学させていただいていました。

“守り哥”の歌詞に<お鯨様>と書いたのは、鮎川で過ごしていたことが深く影響しています。梅先生にはその頃から、クジラたちが行うエコロケーションという「うた」を用いた交信方法についてよく話していました。どこかの物語のあるワンシーンを描いた楽曲にしたい、ということも共有していたので、後に『アダンの風』となるアルバムの気配を、すでにキャッチして制作していたと思います。

それから10周年を迎えるタイミングでもあったので、新しい海へと舟を出していくためのお守りの歌でもありました。そして2020年1月、リリースされて間もなく、気持ちを新たに沖縄へと渡りました。

―“守り哥”は『アダンの風』に繋がっている部分があると。

青葉:はい。“守り哥”と共に沖縄へ渡ったことで、『アダンの風』のプロットが書き始められたと思っています。

青葉市子『"gift" 青葉市子 10th anniversary concert I』を聴く(Apple Musicはこちら

1. Prologue(作・編曲:青葉市子)

青葉市子“Prologue”を聴く(Apple Musicはこちら

―“Prologue”やエンディングの“アダンの誕生祭”などで使われているフィールドレコーディングは青葉さんが録音された音源ですか?

青葉:はい。“Prologue”で使用しているのは奄美大島のホノホシ海岸で録音したものです。大きな丸石が集まっている海岸で、波が引くとザラザラと大きな音がします。

―あれは奄美の波の音だったんですね。

青葉:演奏している古いオルガンは、Ka na taという服を作っている友人の加藤哲朗さんのお店に置いてあったものです。5月、渋谷区・富ヶ谷の店舗で葛西さんに録音していただきました。歌声もそこで録音しています。天井が高くて、音がとても綺麗に響く場所でした。

2. Pilgrimage(作・編曲:梅林太郎)

青葉市子“Pilgrimage”を聴く(Apple Musicはこちら

―“Pilgrimage”もすごく印象的で、ちょっとケルトっぽいイメージがします。

梅林:もともと語り部のような人が弦楽器を弾きながら物語のはじまりを演出する、というようなイメージがありました。弾き語りのような形で作品の導入部となる曲が欲しいなと思っていたのですが、ケルトをイメージして作ったわけでは全然なくて。実際に使っているのはチャランゴという南米の楽器なんですよ。

―楽器の選択は直感的なものなんですかね?

梅林:そうですね。

―そもそも見えているハーモニーや響きを実際に楽器で置き換えるとしたら、ということを手探りで探していくような感覚でしょうか。

梅林:「どこの国の音楽だろう?」という印象の響きを調性音楽の範疇でどうやって出したらいいかはすごく考えました。聴いたことのない響きを探しながらチャランゴを使っています。

―実際レコーディングする中でいろんな楽器を試してみる感じだったのでしょうか。

梅林:そうですね。

青葉:“Pilgrimage”はデモとしても最初にあげてくださったものでした。その次が“Porcelain”。アルバムの序盤はデモが上がってきた順番と同じ並びになりましたね。

3. Porcelain(作詞:青葉市子、作・編曲:梅林太郎)

青葉市子“Porcelain”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

―“Porcelain”の冒頭の音はシンバルを擦ってるんですかね?

梅林:そうです。

―この曲の音の使い方は、ものすごく抑制的なボイシングの作品の中でいろんなことを物語っていると思います。

梅林:普段はギター1本の彩りで音の世界観を作っていく市子ちゃんのスタイルを踏まえて、楽器の鳴らし方とか、どれくらいのダイナミクスを作るかーー「これはちょっとうるさいよね」とか録音のときも市子ちゃんと相談しながら作りました。やっぱり「核にあるのは声」っていうのが念頭にあって。あとはエレキギター1本で彩りを表現したいという趣向も取り入れてみました。こちらも“Pilgrimage”と同じで、ハーモニーを探すのが楽しかったです。

―あまりガチャガチャしすぎないところは一貫していますよね。

梅林:明確な画が浮かんでいるんで、その画に対してどういう音が必要なのかってことですから。

少し話が変わるんですけど、写真を撮ってくれたりアートディレクションやってくれた小林光大くんが、曲を作ってる最中に、写真を送ってくれたんですよ。それを見ながら、たとえば「この赤焼けの色にはどういう音が合うかな」とか相談したりして。

青葉市子

梅林:共感覚って言うとちょっと大げさなんですけど、その色が伝えたい音をどうしたら形にできるかを話し合いながら探っていきました。光大くんの写真の色合いとか淡い滲んだ感じが道しるべになったというか、どう録音したらいいのかを自然と導いてくれる感じがあって。その写真に対して、どういう音のダイナミクスをつけるか、響きが合うのか、って部分ですごく助けになった感覚があります。

Page 1
次へ

リリース情報

青葉市子『アダンの風』
青葉市子
『アダンの風』(CD)

2020年12月2日(水)発売
価格:3,300円(税込)
DDCZ-2268

1. Prologue
2. Pilgrimage
3. Porcelain
4. 帆衣
5. Easter Lily
6. Parfum d'étoiles
7. 霧鳴島
8. Sagu Palmʼs Song
9. chinuhaji
10. 血の風
11. Hagupit
12. Dawn in the Adan
13. ohayashi
14. アダンの島の誕生祭

プロフィール

青葉市子
青葉市子(あおば いちこ)

音楽家。1990年1月28日生まれ。2010年に1stアルバム『剃刀乙女』を発表以降、これまでに6枚のソロアルバムをリリース。うたとクラシックギターをたずさえ、日本各地、世界各国で音楽を奏でる。弾き語りの傍ら、ナレーションやCM、舞台音楽の制作、芸術祭でのインスタレーション作品発表など、さまざまなフィールドで創作を行う。活動10周年を迎えた2020年、自主レーベル「hermine」(エルミン)を設立。体温の宿った幻想世界を描き続けている。12月2日、「架空の映画のためのサウンドトラック」として、最新作『アダンの風』を発表した。

梅林太郎(うめばやし たろう)

東京出身の作曲家、編曲家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。2012年、「Rallye Label」よりmilkとして1stアルバム『greeting for the sleeping seeds』をリリース。テレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』(2016年)の作編曲を担当。そのほか『スペース☆ダンディ』(2014年)や『キャロル&チューズデイ』(2019年)などに作編曲で参加。2020年、青葉市子7枚目のオリジナルアルバム『アダンの風』に作曲、編曲、共同プロデュースで参加。プロデュースワーク、楽曲提供、映画音楽、アニメ音楽、CM音楽と幅広いジャンルで活動している。現在2ndアルバムを鋭意製作中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで