インタビュー

綾野剛×常田大希 変化を恐れず、自らの聖域を大切に温める

綾野剛×常田大希 変化を恐れず、自らの聖域を大切に温める

インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧、久野剛士(CINRA.NET編集部)

『新聞記者』(2019年)でも知られる藤井道人監督の最新作『ヤクザと家族 The Family』は、「ヤクザ」という疑似家族的なモチーフを通して、時代の変化を、人間の「居場所」を問う作品だ。ヤクザという裏の世界にしか居場所を見出すことができなかったひとりの青年の人生と、彼の「家族」の人生が、1999年、2005年、2019年という20年間にわたる時間の流れ、そこにある残酷とも言える時代の変化と共に、悲しく、激しく、美しく、刻まれている。社会が変わり、街が変わり、法が変わり、テクノロジーが変わり、人が変わっていく。

「もっと便利にしなければ」「もっとキレイにしなければ」と様相を変えていく世界の中で、手のひらから零れ落ちてしまいそうなものをすくい上げるように、この映画は汚れにまみれ、暴力にまみれながら、しかし、たしかにそこにあった温もりを描いている。

本作で、主役の山本賢治役を務めた綾野剛と、主題歌“FAMILIA”を書き下ろしたmillennium paradeの常田大希の対談を実施。プライベートでも交流があるというふたりに、お互いに対するシンパシーの在り処や、本作『ヤクザと家族 The Family』からふたりはなにを見出したのか、語り合ってもらった。

「変化」を恐れない。お互いがシンパシーを感じる姿勢

―おふたりはプライベートでも交流があるほどの関係だそうですが、お互い、どういったところに魅力やシンパシーを感じていますか?

綾野:かわいいじゃないですか?

常田:どこが?(笑)

綾野:(笑)

常田:くくく……(笑)。(綾野の紙コップを見て)あれ、コーヒー飲めないんじゃないの?

綾野:甘くすれば飲めるよ。

常田:かわいいなあ(笑)。

左から:綾野剛、常田大希
左から:綾野剛、常田大希

―ものすごくかわいがり合っていますね(笑)。

綾野:初めて会ったとき、初めてな気がしなかった。波長が合ったというか、ずっと知っている人のような感じがしたんです。いろんなことを一緒にやっていきたいと思えるし、お互いの能力を認めたうえで、さらに能力を引き出し合い続けることができると思えるんです。

綾野剛(あやの ごう)<br>俳優。1982年1月26日生まれ。2003年俳優デビュー。2011年NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』で人気を博す。主演映画『ヤクザと家族 The Family』が1月29日に公開。そのほか、4月2日に主演作『ホムンクルス』が日本限定で劇場公開、その後、Netflixで全世界配信の予定。
綾野剛(あやの ごう)
俳優。1982年1月26日生まれ。2003年俳優デビュー。2011年NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』で人気を博す。主演映画『ヤクザと家族 The Family』が1月29日に公開。そのほか、4月2日に主演作『ホムンクルス』が日本限定で劇場公開、その後、Netflixで全世界配信の予定。
あらすじ:ヤクザという生き方を選んだ男・山本とその「家族・ファミリー」の1999年、2005年、2019年という3つの時代にわたる物語。ヤクザの世界で男をあげていく山本賢治(綾野剛)が、移り変わる社会の中で「組織=ファミリー」と「愛する家族」の間で揺れ動く。

綾野:僕はSrv.Vinciの頃から(常田)大希のことは知っていて、勝手にラジオで曲を流させてもらったりしていたんです。そのあと、King Gnuの1stアルバム(2017年『Tokyo Rendez-Vous』)が出たときには、名前が変わっても深層にあるものは変わっていないなと思いました。でも、2nd(2019年『Sympa』)からは逆に、大きく変化していくことを恐れていないと感じたし、そして3rd(2020年『CEREMONY』)は、その変化がよりダイレクトになっていった。バンドって、よく「1stアルバムが偉大だ」と言われがちじゃないですか。

King Gnuの1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』を聴く(Apple Musicはこちら

―そうですね。

綾野:1stと2ndが出て、3rdが出た頃には「やっぱり、このバンドの最高傑作は1stか2ndだよね」と言われる。アーティストにとってマイナスだと思うんです。アーティストが変化していくことをどれだけ受け手側が楽しめるかということが大事だと思う。

そういう意味で、King Gnuは軽やかに変化し続けているバンドです。そうやって変化していく姿をずっと見ていたので、僕が勝手に大希に親近感を抱いていたのかもしれない。それに、単純に一緒にいてハッとさせられることがいっぱいあります。

King Gnuの2ndアルバム『Sympa』を聴く(Apple Musicはこちら

King Gnuの3rdアルバム『CEREMONY』を聴く(Apple Musicはこちら

―常田さんから見て、綾野さんはどのような存在ですか?

常田:King Gnuの変化を言ってくれましたけど、「変化」と言ったら、(綾野も)役者として、今回の『ヤクザと家族 The Family』もそうだし、最近出ているドラマもそうですけど、ジャンルや主演助演を問わず、本当にいろんな役をやるじゃないですか。もし、俺が役者をやるんだとしたら、こういうスタンスでやりたいなって思えるような役者感がある人ですね。

常田大希(つねた だいき)<br>バンド「King Gnu」 のメンバーとして活動するほか、音楽だけでなく映像やビジュアル、空間演出などトータルなクリエイティブを行うコレクティブであるPERIMETRON及び、海外に向けた活動を志向する音楽プロジェクトmillennium paradeとして活動。2月10日、millennium paradeの1stアルバム『THE MILLENNIUM PARADE』をリリースする。
常田大希(つねた だいき)
バンド「King Gnu」 のメンバーとして活動するほか、音楽だけでなく映像やビジュアル、空間演出などトータルなクリエイティブを行うコレクティブであるPERIMETRON及び、海外に向けた活動を志向する音楽プロジェクトmillennium paradeとして活動。2月10日、millennium paradeの1stアルバム『THE MILLENNIUM PARADE』をリリースする。

常田:……普段の感じを見ていると、かわいいおじさんなんですけど(笑)。

綾野:(笑)

Page 1
次へ

作品情報

『ヤクザと家族 The Family』
『ヤクザと家族 The Family』

2021年公開1月29日(金)から公開

監督・脚本:藤井道人
音楽:岩代太郎
主題歌:millennium parade“FAMILIA”
出演:
綾野剛
尾野真千子
北村有起哉
市原隼人
磯村勇斗
菅田俊
康すおん
二ノ宮隆太郎
駿河太郎
岩松了
豊原功補
寺島しのぶ
舘ひろし
配給:スターサンズ / KADOKAWA

リリース情報

millennium parade
『THE MILLENNIUM PARADE』(CD)

2021年2月10日(水)発売
価格:3,300円(税込)
BVCL-1136

1. Hyakki Yagyō
2. Fly with me(Netflix Original『攻殻機動隊 SAC_2045』主題歌)
3. Bon Dance
4. Trepanation
5. Deadbody
6. Plankton
7. lost and found(『DIOR and RIMOWA』コレクションムービーテーマ音楽)
8. matsuri no ato
9. 2992(NHKスペシャル『2030 未来への分岐点』テーマ音楽)
10. TOKYO CHAOTIC!!!
11. Philip(『adidas CASUAL Collection 2020 Fall/Winter』)
12. Fireworks and Flying Sparks
13. The Coffin
14. FAMILIA(綾野剛主演映画『ヤクザと家族 The Family』主題歌)

[Blu-ray](完全生産限定盤・初回生産限定盤のみ)
millennium parade Live 2019@新木場Studio Coastから4曲(Fly with me, Slumberland, Plankton, lost and found)&ミュージックビデオを収録。

プロフィール

綾野剛(あやの ごう)

俳優。1982年1月26日生まれ。2003年俳優デビュー。2011年NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』で人気を博す。主演映画『そこのみにて光輝く』が『第38回モントリオール世界映画祭』にて「最優秀監督賞」を受賞、『2015年米国アカデミー賞外国語部門』の日本代表作品にも選出され、『第88回キネマ旬報ベスト・テン』『第69回毎日映画コンクール』など数々の映画賞で「主演男優賞」を受賞している。2021年、主演映画『ヤクザと家族 The Family』が、1月29日に公開。そのほか、4月2日に主演作『ホムンクルス』が日本限定で劇場公開、その後、Netflixで全世界配信の予定。

常田大希(つねた だいき)

バンド「King Gnu」のメンバーとして活動するほか、音楽だけでなく映像やビジュアル、空間演出などトータルなクリエイティブを行うコレクティブであるPERIMETRON及び、海外に向けた活動を志向する音楽プロジェクトmillennium paradeとして活動。2021年2月10日、millennium paradeの1stアルバム『THE MILLENNIUM PARADE』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信