インタビュー

星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/02/19

スタジオでギターやドラム、マリンバを意気揚々と演奏する星野源と、そんな星野の周りに表れるマリオのキャラクターたち……。もう既に、去年から放送されている『スーパーマリオブラザーズ』35周年記念CMを見た人も多いのではないだろうか。あのCMで流れていた星野源の新曲“創造”のフルバージョンが、遂にリリースされた。

『第71回NHK紅白歌合戦』でも素晴らしい演奏を披露した“うちで踊ろう”や、“折り合い”など、2020年は聴き手に寄り添うような穏やかな曲を世に放ってきた星野だが、“創造”は一転、自身の衝動を感じさせる、ハイテンションな1曲。星野自身、「じっくりと時間をかけた楽曲制作は久しぶりです」とコメントを出しているように、音楽そのものを喜び、楽しみながら生み出されたことが伝わってくる濃密な新曲だ。

ゲームフリークとしても知られる星野が長年愛し続けてきた任天堂作品とのコラボレーションということもあって、この“創造”は、星野にとって「ものづくり」の原初的な喜びを発露させる1曲になったようだ。そしてそれは結果的に、この時代を生きる私たちへの強いメッセージをはらんだ曲にもなっている。リモート取材にて、星野が新曲“創造”に込めた想い、そして「ものづくり」という観点から見えてくる人間という生きものの姿を語ってもらった。

星野源(ほしのげん)<br>1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。俳優として、ドラマ『コウノドリ』シリーズ(TBS)、『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年 / TBS)、『MIU404』(2020年 / TBS)など出演作多数。映画『罪の声』に出演し、『報知映画賞最優秀助演男優賞』、『第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞』を受賞。また、作家として著書『蘇える変態』、『そして生活はつづく』、『いのちの車窓から』を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。2021年2月、スーパーマリオブラザーズ35周年テーマソング『創造』をリリース。
星野源(ほしのげん)
1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。俳優として、ドラマ『コウノドリ』シリーズ(TBS)、『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年 / TBS)、『MIU404』(2020年 / TBS)など出演作多数。映画『罪の声』に出演し、『報知映画賞最優秀助演男優賞』、『第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞』を受賞。また、作家として著書『蘇える変態』、『そして生活はつづく』、『いのちの車窓から』を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。2021年2月、スーパーマリオブラザーズ35周年テーマソング『創造』をリリース。

スーパーマリオブラザーズ35周年テーマソングが、「ものづくり」をテーマにした楽曲になった理由

―新曲“創造”は『スーパーマリオブラザーズ』の35周年テーマソングとして作られた楽曲ということですが、曲のなかに組み込まれている『マリオ』シリーズのSE(効果音)は、実際の音源をサンプリングしたのではなく、アナログシンセで演奏されたそうですね。

星野:そうです。ただ持ってきたものを並べるのではなく、キーや音程も含めてしっかり曲に組み込まれてなければいけないと思いましたし、ちゃんと血肉として曲にしたかったので、弾き直しました。こういったことを、公式に全力でできるのが楽しかったですね。なかなかできることではないので(笑)。

―そうですよね(笑)。本来は権利関係でなかなか難しかったりします。

星野:「堂々とできるなら、めちゃくちゃ遊ぼう!」と思いました。僕は初めてやったゲームが『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)で、今回はその誕生から35周年なので、あの8bitの世界をイメージしながら、アナログシンセを並べて音を作っていきました。

―そもそも星野さんのなかでは、マリオというモチーフからどのようにして「創造」という曲のテーマが連想されていったのでしょうか?

星野:これは自分にとっての「ものづくり」の歌なんです。10代から音楽や演劇という表現を続けてきて、自分がものづくりに対して思っていることややってきたなかで培った考え方のようなものに、任天堂へのリスペクトが重なるような曲にしたいなと思っていました。僕が任天堂に対して素敵だなと思う部分、影響を受けている部分を重ね合わせて表現するような形ですね。

―星野さんは任天堂のものづくりのどんな部分をリスペクトしているのでしょう?

星野:やっぱり経営理念である「独創」ですね(模倣によらず、独自の発想で作りだすこと。任天堂の3代目社長・山内溥が好んで使った言葉としても知られる)。

ゲーム機を作るいろんな会社が技術の発展に従ってハイスペックなものを目指すなかで、任天堂はそういう要素も持ちながら、同時に、任天堂にしか持てない視点とアイデアを持って、誰も到達できない、任天堂にしか行けない場所に常に行こうとしてきた。そういうところが、すごくかっこいいなと思います。特に、僕はWiiが出たときにめちゃくちゃ感動したんですよ。最初のトレーラー映像が出たとき、とんでもなく興奮して。

Page 1
次へ

リリース情報

星野源『創造』
星野源
『創造』

2021年2月17日(水)配信

プロフィール

星野源
星野源(ほしの げん)

1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。2015年12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得。2016年10月にリリースしたシングル『恋』は、自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットとなる。2018年12月19日には約3年ぶりとなる5thアルバム『POP VIRUS』をリリース、同年のソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録するなど、オリコン / ビルボードなど主要ランキングで軒並み1位を獲得。2019年8月30日に全楽曲のストリーミング配信を解禁、10月には国内外のアーティストを迎え制作したEP『Same Thing』を全世界配信リリース。11月からは自身初のワールドツアーを開催し、大成功させた。俳優として、映画『箱入り息子の恋』(2013年 / 市井昌秀監督)、『地獄でなぜ悪い』(2013年 / 園子温監督)などに出演し、『第37回日本アカデミー賞新人俳優賞』などの映画賞を多数受賞。ドラマ『コウノドリ』シリーズ(TBS)、大河ドラマ『真田丸』(2016年 / NHK)、『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年 / TBS)、『プラージュ』(2017年 /WOWOW)、『MIU404』(2020年 / TBS)など出演作多数。また、作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、『星野源雑談集1』『いのちの車窓から』を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察