特集 PR

くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

『FUJI & SUN '21』
インタビュー・テキスト
大石始
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

2021年、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した音楽フェス開催の可能性が探られている。そんななか、5月15、16日に富士山こどもの国(静岡県富士市)で開催が予定されているのが『FUJI & SUN』だ。

2019年の初年度はブラジルのエルメート・パスコアールやChara、クラムボン、cero、セオ・パリッシュらが出演。大きな話題を集めたものの、昨年度は開催直前で中止に。今年度は来場者数を抑えるなどの感染予防対策が取られたうえで、待望の再開となる。

他のフェス同様、今回の『FUJI & SUN』は日本人アーティストのみ出演。林立夫と大貫妙子や折坂悠太、青葉市子、ハンバート ハンバート、マヒトゥ・ザ・ピーポー、カネコアヤノら注目のシンガーソングライターに加え、冥丁や民謡クルセイダーズ、VIDEOTAPEMUSIC、SUGAI KEN、Ramzaといったラインナップからは、都市生活から立ち上る「現代日本のフォークロア」ともいうべき共通性が浮かび上がる。

日本列島に住むなかで感じ取った実感や身体感覚が反映された、新たな「土着」の音。そうした音を富士山の麓で体験できる貴重な機会といえる。

今回はそんな『FUJI & SUN』の出演者のなかから、岸田繁(くるり)と君島大空の対談を企画。初対面となる2人の会話は、歌詞に対する考えやディープなギター談義にまで広がっていったが、そこからも「都市のフォークロア」に関わる両者の考えが透けて見えるだろう。コロナ禍における野外フェスの意義にも触れた岸田と君島の対話をお届けする。

左から:岸田繁(くるり)、君島大空
左から:岸田繁(くるり)、君島大空

岸田繁が君島大空の音楽に覚えた感銘。ギター、歌詞のあり方、歌の視点など

―岸田さんは以前から君島さんのことをさまざまなインタビューで話されていましたよね。

岸田:(くるりでサポートドラマーを務めている)石若駿は君島くんのところでも叩いているので、石若から「君島くん、すごいですよ」と聞いていたんです。それをきっかけにちょこちょこっと聴きはじめて。

ぼくは普段あまり音楽を聴かないんですけど、君島くんの前のアルバムを聴いて驚いたんです。手が込んでるというか、エレキ(ギター)もかなり弾いてるよね?

君島:めちゃくちゃ弾いてます。

岸田:今日、新幹線のなかで“向こう髪”を聴いてたんやけど、めっちゃすごいなと思って。

君島:ありがとうございます、嬉しいです。

君島大空『袖の汀』(2021年)収録曲(Apple Musicはこちら / Spotifyはこちら

岸田:これやわ! と。もう宇宙一なんじゃないですかね。ギター上手すぎるし……あれ、どうやって録ったの?

君島:家で録りました。

岸田:マイクは何を使ったの?

君島:現行の87(NEUMANN U87)とNEUMANNのマイクをもう一本、自分の耳のところに立てました。自分で聴こえている音を録りたくて。

岸田:なるほど。位相も素晴らしいですし、歌詞もいい。あとね、勝手ながら共鳴するところがあったんですよ。

―それはどういった部分でしょうか。

岸田:私の場合、普通に生きていて言葉にしにくいことを言葉にしてくれる人の歌詞であるとか、「それが言いたかってん!」みたいな言葉に心を打たれることが多いんですね。

でも、自分ではあまりそういう歌詞を書けなくて、言語にならないタイプの雰囲気とか感覚を言葉にすることが多いんです。君島くんの新しい曲には同じ匂いを感じました。

岸田繁(きしだ しげる)<br>作曲家 / くるり / 京都精華大学特任准教授。1976年4月27日生まれ。1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にてくるりを結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンドとして活動する。2021年4月28日、ニューアルバム『天才の愛』をリリース。
岸田繁(きしだ しげる)
作曲家 / くるり / 京都精華大学特任准教授。1976年4月27日生まれ。1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にてくるりを結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンドとして活動する。2021年4月28日、ニューアルバム『天才の愛』をリリース。

君島:生活のなかで考えていることって、継ぎ接ぎだらけだと思うんですよ。今日のメシのことを考えていたかと思えば、中学校の友達のことを考えていたり。頭のなかでは時間軸がぐちゃぐちゃなんですが、それが自然だと思うんですね。

ぼくは歌詞を書くときも、時間軸を無視して、思ったことや見たい景色をどんどん継ぎ接ぎで書いていて。

岸田:たしかに、主語が入れ替わったりするもんね。

君島:「私」が「ぼく」になったり、「あなた」と言っていたものが別の存在になったり、1人に対して歌ってたものが2人になったり。そういう書き方が自分にとっては自然なんですよね。

君島大空(きみしま おおぞら)<br>1995年生まれ日本の音楽家。ギタリスト。2014年から活動をはじめる。同年からSoundCloudに自身で作詞 / 作曲 / 編曲 / 演奏 / 歌唱をし多重録音で制作した音源の公開をはじめる。2021年4月21日、3rd EP『袖の汀』を発表。
君島大空(きみしま おおぞら)
1995年生まれ日本の音楽家。ギタリスト。2014年から活動をはじめる。同年からSoundCloudに自身で作詞 / 作曲 / 編曲 / 演奏 / 歌唱をし多重録音で制作した音源の公開をはじめる。2021年4月21日、3rd EP『袖の汀』を発表。

―たしかに誰もが脳内ではあらゆることが整理整頓されず、ぐちゃぐちゃになってますよね。それを歌詞に落とし込む際、必ずしも「私」に一本化する必要もないはずだ、と。

君島:ぼくの場合はそうですね。

岸田:普段考えていることもレイヤーになっているからね。君島くんはすごいギタリストやから、たぶんギターでつくってる曲も多いやろうけど……。

君島:そうですね。

岸田:メロディーがすごく自由ですね。どの道を通っても絵になるというか。“向こう髪”も「複雑な迷路みたいな曲だけど、行き方知っとんねんな」と思って。

君島:ありがとうございます。

岸田:感覚で掴んだものと、それを実現できる技術がある。前の作品よりもどんどん歌が歌になってるし……「ゆっくりやって」という感じ。ぼくらが追いつけんようになるから(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『FUJI & SUN '21』
『FUJI & SUN '21』

2021年5月15日(土)、5月16日(日)
会場:静岡県 富士山こどもの国

5月15日出演:
∈Y∋(DJ)
青葉市子
悪魔の沼(DJ)
折坂悠太
君島大空
Kotsu(DJ)
寺尾紗穂
nutsman(DJ)
VIDEOTAPEMUSIC(DJ SET)
Mars89(DJ)
民謡クルセイダーズ
Ramza
吉原祇園太鼓セッションズ
くるり

5月16日出演:
Akie(DJ)
OLAibi+KOM_I
カネコアヤノ
GOMA
COMPUMA(DJ)
SUGAI KEN(DJ)
TENDRE
TOP DOCA(DJ)
ハンバート ハンバート
マヒトゥ・ザ・ピーポー
冥丁
森山直太朗
U-zhaan
林立夫 with 大貫妙子
人力チャレンジ応援部
阿部雅龍
竹内洋岳

出店:
富士市presents 富士市ご当地グルメ
Pizzeria L'alba di Napoli
竹の子
いちご実 加藤農園
PIPS ピップス
らく
藤太郎
東京・下北沢名物!ニックンロール
2-3-4SHOKUDO+オトワファーム
HUG COFFEE

参加:
STARTLE
armadillo leather works
ブンブク屋
Damassy
舎鳥木-yadorigi-

プロフィール

岸田繁(きしだ しげる)

作曲家 / くるり / 京都精華大学特任准教授。1976年4月27日生まれ。1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にてくるりを結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンドとして活動する。2021年4月28日、ニューアルバム『天才の愛』をリリース。

君島大空(きみしま おおぞら)

1995年生まれ日本の音楽家。ギタリスト。2014年から活動をはじめる。同年からSoundCloudに自身で作詞 / 作曲 / 編曲 / 演奏 / 歌唱をし多重録音で制作した音源の公開をはじめる。2019年3月13日、1st EP『午後の反射光』を発表。2019年7月5日、1stシングル『散瞳/花曇』を発表。2019年7月27日『FUJI ROCK FESTIVAL '19 ROOKIE A GO-GO』に合奏形態で出演。11月には合奏形態で初のツアーを敢行。2020年1月、Eテレ NHKドキュメンタリー『no art, no life』の主題曲に起用。同年7月24日、2ndシングル『火傷に雨』を発表。2021年4月21日、3rd EP『袖の汀』を発表。ギタリストとして吉澤嘉代子、高井息吹、鬼束ちひろ、adieu(上白石萌歌)などのアーティストのライブや録音に参加する一方、楽曲提供などさまざまな分野で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談