特集 PR

Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

Puzzle Project
インタビュー・テキスト
柴那典
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

次の時代を担うクリエイターが続々と頭角を現している。

こう書くと月並みな言い方になってしまうのだが、本当に、心底そう思う。YouTubeやニコニコ動画が生まれてから十数年。音楽やイラストや歌やダンスなど様々な作品やパフォーマンスが互いに派生しつつ連鎖する「N次創作」文化がインターネットに根付いた土壌で育った世代の新しい才能が、いよいよ本格的に登場しつつある。

そう強く実感する機会になったのが、今回の取材だった。

話を聞いたのは、「monogatary.com」を運営しYOASOBIの仕掛け人となったソニー・ミュージックエンタテインメントの屋代陽平。そして皆川溺、晴いちばん、ど~ぱみんという3名の10代のボカロPだ。屋代は、インターネット発の次世代アーティストを発掘・支援する場としてソニーミュージックが立ち上げた新プロジェクト『Puzzle Project』のプロジェクトメンバーの一人。そして3人は、多数の応募の中から選ばれたクリエイターの代表である。

3人がどのように音楽と出会い、創作活動を進めてきたか。そして『Puzzle Project』は彼らと共に何を目指すのか。話を聞いた。

YOASOBIの躍進を追い風に、ネット発のクリエイターたちと手を取り合う『Puzzle Project』が動き始めている

―まずは『Puzzle Project』がどういうものなのか、屋代さんから説明していただけますでしょうか。

屋代:ソニー・ミュージックグループの中で新人開発育成を担う部門であるSD・REDと、僕がいる「monogatary.com」というプラットフォームと、あとは配信サービスの「The Orchard Japan」がタッグを組んで、それぞれのミッションの中でインターネットを主戦場に活動されているクリエイターとの出会いの場を作るというのが、プロジェクトの大きな趣旨になっています。

そういった側面もありつつも、クリエイター同士の出会いを生み出したり、その作品世界を国内外問わず広げていくための場を提供するという意味合いで立ち上げました。

―従来のオーディションとは考え方が違うんでしょうか?

屋代:そうですね。特定の目的やゴールを設けてそこに見合う方々を選出するものがオーディションだとすると、そういったものとは性質が異なっています。なので、あえて「オーディション」とは銘打っていないんです。興味を示してくださるクリエイターと、それぞれに見合った形でのアウトプットを目指していく。オーディションというよりは「出会いのきっかけ」というニュアンスが強いと思います。

―募集は2020年の11月から12月でしたが、どれくらい反響はありましたか?

屋代:予想以上に多くの反響をいただきました。LINEでエントリーするという方法も相まって、クリエイターの方には気軽に受け取っていただけたのかなと思います。すごく貪欲に新たな出会いを求めてくださるクリエイターの方に集まっていただけた実感はあります。

屋代陽平(やしろ ようへい)<br>2012年、ソニーミュージックグループ入社。2017年に小説投稿サイト「monogatary.com」を立ち上げ、2019年、同サイトの企画の一貫でYOASOBIのプロジェクトを発足。新人開発育成と、原作発掘プラットフォーム運営の両視点でPuzzle Projectに携わる。
屋代陽平(やしろ ようへい)
2012年、ソニーミュージックグループ入社。2017年に小説投稿サイト「monogatary.com」を立ち上げ、2019年、同サイトの企画の一貫でYOASOBIのプロジェクトを発足。新人開発育成と、原作発掘プラットフォーム運営の両視点でPuzzle Projectに携わる。

大人の手を借りず音楽投稿をしてきた10代のクリエイター3人は、何を求めて『Puzzle Project』に応募したのか?

―皆川溺さん、晴いちばんさん、ど~ぱみんさん、それぞれの『Puzzle Project』の第一印象は?

皆川:僕はソニーの方と少し関わりがあって、そこから『Puzzle Project』を紹介されて、「面白そうな企画だな」と思って応募させていただきました。オーディションという枠に括られない、幅の広いステップアップのやり方があるというので、そこで自分もやれる可能性があるんじゃないかなと思って応募しました。

皆川溺“ニヒリズム feat.flower,結月ゆかり”を聴く

晴いちばん:友達にギターを弾く子がいるんですけど、その子が「これやってみたらどう?」って連絡をくれて、いいなと思って応募しました。サイトを拝見して、クリエイティブサポートとか世界配信とかマッチングとか、今まで自分ひとりじゃできなかったいろんなことをサポートしてくださることが魅力的で。それが第一印象です。

晴いちばん“魔法の星がくれたもの feat.初音ミク”を聴く

ど~ぱみん:僕はTwitterのDMでお誘いをいただいたんですけれど、そもそも、そういったプロジェクトとか企画に参加したことがなくて。誰かと一緒に同人活動やサークル活動をすることもあまりなかったので、新鮮だし、やってみたいなという感じでした。

ど~ぱみん“JASH feat.flower”を聴く

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『Puzzle Project』
『Puzzle Project』

『Puzzle Project』は、次世代アーティストの音楽性・楽曲・世界観とソニーミュージックグループが持つソリューションを掛け合わせ、作品を世界に広げていくプロジェクトです。プロジェクトに参加することになったアーティストには、小説を音楽にするユニットYOASOBIを誕生させた小説投稿サイト「monogatary.com」によるクリエイティブサポートや、世界に45か国以上の拠点があり、2019年より日本でサービスを開始した大手音楽ディストリビューション会社「The Orchard」での世界配信サポート。その他ソニーミュージックグループが持つさまざまなソリューションを活用し、ライブ制作サポートや育成プログラムの実施などを行ないます。

プロフィール

屋代陽平
屋代陽平(やしろ ようへい)

2012年、ソニーミュージックグループ入社。2017年に小説投稿サイト「monogatary.com」を立ち上げ、2019年、同サイトの企画の一貫でYOASOBIのプロジェクトを発足。新人開発育成と、原作発掘プラットフォーム運営の両視点でPuzzle Projectに携わる。

ど~ぱみん
ど~ぱみん

18歳のクリエイター。2019年から音楽制作を開始。主にエレクトロ調のトラックをメインに制作している。独自のスタイルの音使いを特徴とし、音楽ゲームからボーカロイドまで、多種多様のジャンルの楽曲制作に努めている。

晴いちばん
晴いちばん(はるいちばん)

14歳のボカロP、作曲・編曲家。ポップなメロディを中心とし、様々なジャンルを生かしたアレンジを得意とする。幼少期から好きな曲をピアノで弾くことが好きで、小6でパソコンを用いた楽曲制作、中1でオリジナル曲の投稿を始める。現在ではオリジナル曲の投稿だけでなく、アイドルへの楽曲提供などの活動も行っている。

皆川溺
皆川溺(みながわ おぼれ)

2006年生まれのボカロP。ボーカロイド / ネット発のアーティストを聴いていたことから、2019年の6月より制作開始。活動当初は「23次元P」という名義で活動していたが、2020年7月に現在の名義に改名し、本格的に活動を始める。映像編集やアートワークも自身で制作するなどマルチに活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」