特集 PR

PIZZA OF DEATHの新星、KUZIRAが受け継ぐアティチュード

PIZZA OF DEATHの新星、KUZIRAが受け継ぐアティチュード

KUZIRA『Superspin』
インタビュー・テキスト
TAISHI IWAMI
撮影:山口こすも 編集:黒田隆憲

僕らの音楽はメロディが命。この先どんなスパイスを加えてもグッドメロディを追い求める姿勢は変わらない(末武)

―全曲1分台~2分台のなかにさまざまな要素が入っていて、バンドならではのラウドネスや衝動性、疾走感はあるんですけど、いろいろと詰め込みすぎたような印象ややかましさはなく、絶妙なまとまり方をしています。そこは意識しましたか?

末武:前もって曲を短くしようという意識はなくて、作っていく過程のなかで尺も音数もほぼ引き算になるんです。1番と2番で同じようなことをするなら、別に決まりなんてないんだから2番は取っちゃう。何かを足すことはほとんどないですね。それはたぶん、僕が飽き性だからだと思います。

末武竜之介

―さまざまな音楽性を採り入れることも、飽き性と多少関係していますか?

末武:そうですね。メロディックパンクって、例えば2ビートでメロディアスとか、形式がかなり明確なジャンルだから単調になりやすい。そうなると僕自身が飽きちゃってずっと聴けなくなるので、「ここでリズムのパターンを変えよう」とか「ここにスカ入れたら面白いんじゃない?」とか、展開に動きをつけたくなる部分はあると思います。そこに曲自体が短いことも重なって、疾走感のなかでバンバン変わっていく景色を楽しんでいたら、あっという間に終わっていたみたいな作品になる。そうやって音楽性をどんどん切り替えていくことって、今の若い人たちならではだと思いますし、そこを自分たちなりのやり方で追求していきたいですね。

―同じ世代で刺激を受けているバンドはいますか?

末武:先輩にはなるんですけど、僕らがPIZZA OF DEATH RECORDSの前にリリースしていた名古屋のレーベル、TRUST RECORDSのENTHからは影響を受けています。誰にも媚びずやりたいことをやって方向性がどんどん変わっていく。「やりたいことをやる」という意識が変わらないからサウンドは変わっていくみたいな。理想的ですよね。

ENTH“NETH”MV

―KUZIRAもそうやって変わっていきたいと。

末武:そうですね。とはいえ、僕らの音楽はメロディが命。この先どんなスパイスを加えてもグッドメロディを追い求める姿勢は変わらないと思いますし、現段階ではメロディックパンク / ポップパンクならではの良さも引き続き突き詰めていきたいです。でも枠には捉われずに進化していきたい。

あとは、やっぱりライブなんですよ。僕らはずっと、何年先もライブで演奏できるような曲を意識して作ってきましたし、そこもコロナ禍だろうがこの先何があろうが続けていると思います。

シャー:D:ライブを想定したときに、今作の存在はかなり大きいと思います。今までは長めのセットになると過去の曲を総動員してセットを組んでいたんですけど、このアルバムで音楽的な幅が広がったことで、セットリストに選択肢が生まれた。この先はいろんな表情のライブができるような気がします。

―ほんとうに、コロナ禍が1日も早く収束してほしいですね。

熊野:2020年は僕らの住んでいる東海のみで、わずかな回数しかライブができませんでした。この先もどうなるかわからないですけど、状況をしっかり見ながらルールを守って、できるだけいろんな場所を回りたいと思っています。そして10年後ももっとその先も、機材車に乗って全国のライブハウスをツアーしつつ、たまに大きい会場でもやる、みたいなバンドでいられたらなって思います。

―大きい会場でやることよりもライブハウスで続けることのほうが大切だと。

末武:そうですね。初めてライブハウスに行った時の衝撃が忘れられなくて。バンドとしてどうなりたいかって訊かれたときにはいつも、「ライブハウスを回り続けるバンドになりたい」と真っ先に思うんです。

―コロナ禍もそうですし音楽シーンの潮流をみても、ロックバンドに追い風が吹いているとはいえない状況ですが、それについてはどうですか?

シャー:D:特に心配はしていません。そのときにやりたいことをやれる範囲でやる。変に頭でっかちにならずに柔軟な状態で、自分たちの感情に素直に従ってやっていけたら何よりですね。

左から:末武竜之介、熊野和也、シャー:D

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 4
前へ

リリース情報

KUZIRA『Superspin』
KUZIRA
『Superspin』(CD)

2021年5月26日(水)発売
価格:2,750円(税込)
PZCA-93

1. Power Bank
2. Throw Your Cell Away
3. Spin
4. Sad (Regrets)
5. He
6. The Feeling
7. Crank In
8. Together Forever
9. ByeFor Now
10. Change
11. I'm Cool
12. Under The Snow
13. Speak Up

プロフィール

KUZIRA(クジラ)

2017年に本格始動したメロディックパンクバンド。末武竜之介、熊野和也、シャー:Dの三人。2018年8月TRUST RECORDSよりリリースしたデビューミニアルバム『Deep Down』が無名の新人ながらタワレコメンに選出。『Deep Down』を携え約80本に及ぶ初のリリースツアーを開催。東岐阪ツアーファイナル、名古屋での裏ファイナル2daysチケットは即完。2019年8月1st EP「Pay The Piper」をリリース、約半年間に及ぶ全国32ヶ所のリリースツアーを開催。2019年9月Ken Yokoyama『Still Age Tour Ⅱ』に参加。2021年3月 新ドラマーとしてシャー:Dが加入。2021年5月1st Full Album『Superspin』をPIZZA OF DEATH RECORDSよりリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察