特集 PR

ヴェネチア・ビエンナーレの歩み 取材20年の朝日新聞記者に訊く

ヴェネチア・ビエンナーレの歩み 取材20年の朝日新聞記者に訊く

『ヴェネチア・ビエンナーレ』日本館
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

バンクシーのシュレッダー事件、約75億円で落札されたNFT(非代替性トークン)作品、『あいちトリエンナーレ2019』の展示中止騒動など、この数年でアートにまつわるニュースがメディアを騒がせることが爆発的に増えた。そこには経済構造や社会情勢の変化などさまざまな要因があるが、作品や展覧会を通してこそ見えてくる「世界」というものがある。

そんな「世界」を知る一つの大きな窓になるのが、2年に一度イタリアで開催される『ヴェネチア・ビエンナーレ』だ。とくに「美術のオリンピック」とも呼ばれる美術展は、アーティストにとって真剣勝負の場であるだけでなく、その後のマーケット動向も占う重要な場である。

そんな世界の美術関係者が集うヴェネチアを約20年にわたって見続けてきたのが朝日新聞記者の大西若人だ。さまざまな作品、展覧会、アートプロジェクトに触れ、そしてたくさんの記事を書き続けている大西は、世界最大級のアートイベント『ヴェネチア・ビエンナーレ』と、その日本館(主催:国際交流基金)をどのように見ているのだろうか?

『ヴェネチア・ビエンナーレ』とはどんな祭典?

―大西さんは長く朝日新聞の美術担当をなさってますね。

大西:勤務地が変わったり、途中で管理職めいたことをした時期もありましたが、基本的にはそうですね。と言っても、最初から美術を希望したわけではなく、大学も都市工学を専攻していたのでどちらかというと建築への興味が強かったんです。

大西若人(おおにし わかと)<br>朝日新聞の編集委員。美術や建築を中心に担当し、1990年以来、東京、大阪、福岡で文化関係の取材や編集に関わってきた。
大西若人(おおにし わかと)
朝日新聞の編集委員。美術や建築を中心に担当し、1990年以来、東京、大阪、福岡で文化関係の取材や編集に関わってきた。

大西:福岡の西部本社に勤務していたときに「建築が好きなら美術も書けるでしょ」と言われたのがきっかけで、ある意味ではなりゆきというか(笑)。ただ、福岡市美術館でアジア美術展が開かれたり、福岡市内で「ミュージアム・シティ」という地域型のアートプロジェクトが始まった時期で、1990年代の福岡は文化的にとても充実していたんですね。

―今日の主要なテーマは『ヴェネチア・ビエンナーレ』と、そこでの日本館(主催:国際交流基金)の活動についてなのですが、建築や都市と国際芸術祭は切っても切り離せない関係があります。そういった視点からもお話を伺えればと思っています。大西さんがヴェネチアをはじめて取材したのはいつ頃でしょうか?

大西:1997年です。日本館では南條史生さんがキュレーターで、内藤礼さんの個展が開催されていました。

―『ヴェネチア・ビエンナーレ』では、複数の展覧会が同時多発的に開催されていますが、主会場の一つであるジャルディーニ(カステッロ公園)には世界各国のパビリオンが常設され、そこで国別の展示が行われますね。

大西:私が初めて訪れる前の1995年がちょうどビエンナーレ100周年で、世界的に華々しく報道されていたんですよ。ですから「伝説の!」みたいな気持ちがかなり強くありました。

それと、この年は『ドクメンタ(ドイツ中央部のカッセルで5年に一度開催される国際芸術展)』と『ミュンスター彫刻プロジェクト(同じくドイツで開催される10年に一度の芸術祭)』も開催される、いわゆるアートの「当たり年」で、この3つをまとめて取材したんです。ですから最初から相対化して見る機会に恵まれたなと思います。

―うらやましいです(笑)。それぞれいかがでしたか?

大西:『ミュンスター彫刻プロジェクト』は素直に楽しめますね。自転車に乗って市内を巡るだけでも楽しいし、大規模な作品もたくさんある。

『ミュンスター彫刻プロジェクト2017』より、アイシャ・エルクメン『On Water』 / 撮影:大西若人
『ミュンスター彫刻プロジェクト2017』より、アイシャ・エルクメン『On Water』 / 撮影:大西若人
『ミュンスター彫刻プロジェクト2017』より、クレス・オルデンバーグ『Giant Pool Balls』 / 撮影:大西若人
『ミュンスター彫刻プロジェクト2017』より、クレス・オルデンバーグ『Giant Pool Balls』 / 撮影:大西若人

大西:いっぽう『ドクメンタ』は、すごく知的なテーマを掲げていて、選ばれたディレクターの個性が鮮烈に反映されています。テーマもシリアスですから、見る側も緊張感とともに追い込まれていくような感覚があって、体力も頭もへとへとになる感じですね。

『ドクメンタ14』(2017年)より、マルタ・ミヌヒン『The Parthenon of Books』。ナチスドイツの時代に焚書が行われた広場に現れた、発禁本10万冊で制作されたパルテノン神殿の実物大のレプリカ / 撮影:大西若人
『ドクメンタ14』(2017年)より、マルタ・ミヌヒン『The Parthenon of Books』。ナチスドイツの時代に焚書が行われた広場に現れた、発禁本10万冊で制作されたパルテノン神殿の実物大のレプリカ / 撮影:大西若人

大西:『ヴェネチア・ビエンナーレ』は開催地が一大観光都市ですから、短パンとビーチサンダルで見に来るような来場者も多くて、華やか。でも、企画展を中心に強いテーマ性もあって、バランスよく楽しめる感じでしょうか。

世界の美術評論家・キュレーターから選出されたディレクターが、様々な国からアーティストを招待して行う大規模なテーマ展も企画し、ビエンナーレ全体の方向を決定する。ビエンナーレにあわせて様々な財団や美術館などが行う特別展もビエンナーレ会期中にヴェネチア市内の各所で開催されている / 提供:国際交流基金
世界の美術評論家・キュレーターから選出されたディレクターが、様々な国からアーティストを招待して行う大規模なテーマ展も企画し、ビエンナーレ全体の方向を決定する。ビエンナーレにあわせて様々な財団や美術館などが行う特別展もビエンナーレ会期中にヴェネチア市内の各所で開催されている / 提供:国際交流基金

大西:いっぽう、ジャルディーニで開催される国別展示は「美術のオリンピック」と言われるだけあって、かつての植民地時代や帝国主義を連想させるんですね。イギリス、ドイツ、アメリカといった強国が公園の一角を占めていて、新興国のパビリオンは公園の外にあったりして、ジャルディーニ自体が世界を縮小させた仮想の街のようでもある。ですから初めて取材したときは「いまどき国対抗だなんて時代遅れでけしからん!」というような気持ちを持っていましたね(苦笑)。

メイン会場となるヴェネチア市街最大の公園カステッロ公園。『ヴェネチア・ビエンナーレ』に参加する各国は公園ともう一つの主会場であるアルセナーレを中心として、その周囲にパビリオンを構えて展示を行う / 提供:国際交流基金
メイン会場となるヴェネチア市街最大の公園カステッロ公園。『ヴェネチア・ビエンナーレ』に参加する各国は公園ともう一つの主会場であるアルセナーレを中心として、その周囲にパビリオンを構えて展示を行う / 提供:国際交流基金

大西:取材でもプライベートでも何回か見ていくうちにだんだんと自分なりの地図もできてきて、この最初の印象も変わっていくわけですが、じつは2000年代は管理職の仕事をしていたこともあって、再び取材で行くようになったのは2010年の建築展から。ですから、その間のヴェネチアは自分のなかではわりと印象が薄いんです。

―意外と知られてないので補足すると、『ヴェネチア・ビエンナーレ』は美術だけではないんですよね。建築と美術が交代で開催されているほか、映画、音楽、演劇、舞踊もあります。ちなみに『ヴェネチア国際映画祭』も『ヴェネチア・ビエンナーレ』の一部です。

大西:そうですね。とくに2010年は全体の総合ディレクターが妹島和世さんでしたし、石上純也さんも金獅子賞(最高賞)を受賞して、日本勢の活躍のめざましい回でした。

―その翌年の2011年には東日本大震災が起きて、2012年の建築展では伊東豊雄さんが日本館コミッショナーになり震災をテーマとした日本館が金獅子賞を受賞しています。また翌年の美術展でも、日本館キュレーター蔵屋美香さんと作家の田中功起さんのチームがやはり震災に関する展示で特別表彰となっていますから、日本館にとって特別な時期でした。

大西:現在におけるアートのトレンドを網羅している、といった類のストーリーは幻想だと思いますが、それでも『ヴェネチア・ビエンナーレ』は時代ごとの特徴を掴んでいる。そういう意味でも、この時期の回は記憶に残っていますね。

『第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展』で特別表彰を受賞したアーティスト田中功起、キュレーター蔵屋美香による日本館の展示 / 提供:国際交流基金
『第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展』で特別表彰を受賞したアーティスト田中功起、キュレーター蔵屋美香による日本館の展示 / 提供:国際交流基金
Page 1
次へ

サイト情報

『ヴェネチア・ビエンナーレ』日本館
国際交流基金

プロフィール

大西若人(おおにし わかと)

朝日新聞の編集委員。美術や建築を中心に担当し、1990年以来、東京、大阪、福岡で文化関係の取材や編集に関わってきた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』