インタビュー

狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

インタビュー・テキスト
常川拓也
リード文・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

1890年代の孤島。2人の灯台守が極限状態で狂気と幻想に蝕まれていく──。映画ファンに愛されるアメリカの製作・配給会社「A24」が製作を手がけたスリラー『ライトハウス』が日本公開される。

閉鎖的な空間のなかで力を誇示しあい、衝突したかと思えば、肩を組んで酒を飲み、歌い踊る2人。前作『ウィッチ』でも狂気に駆り立てられていく人間の姿を描いたロバート・エガース監督は、長編2作目である本作をどのように構想し、美しくも恐ろしい物語をつくり上げたのだろうか。

次回作に、アレクサンダー・スカルスガルド、アニャ・テイラー=ジョイ、ニコール・キッドマンらをキャストに起用した自身初の大作『The Northman』の公開も控えるエガース。注目の新鋭監督に『ライトハウス』における男2人のパワーダイナミクスや、映画のもとになった悲劇の実話、画面アスペクト比のこだわりなどについて聞いた。

※本記事は映画『ライトハウス』の内容に関する記述が含まれています。あらかじめご了承下さい。

「私自身は、本作のように相手の男らしさを低めることで自分の男らしさを主張したいとは思いません」

アニャ・テイラー=ジョイを初主演に抜擢した魔女狩りホラー『ウィッチ』(2015)で一躍注目を集めた監督、ロバート・エガース。彼が描く恐怖とは、モンスターや悪魔のような架空の存在よりも、迷信や妄想から醸成される現実の人間の心理 / パラノイアにある。

荒々しい海のそばでウィレム・デフォーとロバート・パティンソンがほぼ2人芝居を繰り広げる新作『ライトハウス』でも彼が探求しているのは、孤立した空間で人々に生まれる圧力や疑念であるようだ。Zoomインタビューに応じた彼は、そんな推察に対して「イエス」と即答する。

エガース:私は、仮にこの世に悪魔やモンスターが存在したとしても、それはおそらく人間のなかから出てきていると思っています。また、私が孤立した場所に興味を持っているのは、2作ともあまり予算がなく多くのロケーションが使えなかったから。1か所で済むストーリーを考えた結果、どちらも孤立した舞台になったのです。

ロバート・エガース<br>ブルックリンを拠点とする監督・脚本家。ニューハンプシャー出身。ニューヨーク市で監督兼デザイナーとして演劇制作のキャリアをスタート。やがて映画に移行し、いくつかの短編映画を監督した後、映画、テレビ、出版物、演劇、ダンスの分野で幅広く活動した。監督兼脚本として長編映画デビューを果たした『ウィッチ』は、2015年『サンダンス映画祭』でUSドラマ部門の監督賞を受賞し、高い評価を得た。同作は、『インディペンデント・スピリット賞』の最優秀新人作品賞と最優秀新人脚本賞の2つを受賞。続く『ライトハウス』では、『アカデミー賞』撮影賞にノミネートされた他、『カンヌ国際映画祭』FIPRESCI賞など数多くの映画賞を受賞。その才能を世に知らしめた。現在は、F.W. ムルナウの古典映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』(2022)のリメイクを含むいくつかのプロジェクトが進行中。
ロバート・エガース
ブルックリンを拠点とする監督・脚本家。ニューハンプシャー出身。ニューヨーク市で監督兼デザイナーとして演劇制作のキャリアをスタート。やがて映画に移行し、いくつかの短編映画を監督した後、映画、テレビ、出版物、演劇、ダンスの分野で幅広く活動した。監督兼脚本として長編映画デビューを果たした『ウィッチ』は、2015年『サンダンス映画祭』でUSドラマ部門の監督賞を受賞し、高い評価を得た。同作は、『インディペンデント・スピリット賞』の最優秀新人作品賞と最優秀新人脚本賞の2つを受賞。続く『ライトハウス』では、『アカデミー賞』撮影賞にノミネートされた他、『カンヌ国際映画祭』FIPRESCI賞など数多くの映画賞を受賞。その才能を世に知らしめた。現在は、F.W. ムルナウの古典映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』(2022)のリメイクを含むいくつかのプロジェクトが進行中。

『ライトハウス』では、年配のトーマス・ウェイク(デフォー)と若いイーフレイム・ウィンズロー(パティンソン)が神秘的な灯台を管理するためにアメリカ・ニューイングランドの孤島で1か月間、奇妙な共同生活を送ることになる。

そこでベテラン灯台守のウェイクは、新人のウィンズローを下働きに追いやり、任務が守られなければ憤慨する。ウェイクが目を眩ませるほどの灯台の輝きを占有する一方で、ウィンズローはあたかも「主婦」や「奴隷」のように家事や雑務ばかりを任され、隷属的な立場に押し込まれていく(ウェイクは家のなかで、まるで無神経な夫のようにしばしば放屁する)。

正方形に近い圧迫されたようなアスペクト比(画面サイズ)のなか、彼らは同じフレーム内に登場するたびに、支配権を得るために灯台をめぐって権力闘争を行う。

「『有害な男らしさ』と呼ばれるものは、私だけでなく、みんなが馴染み深いものだと思う」とエガースは語る。「でも私自身は、本作のように相手の男らしさを低めることで自分の男らしさを主張したいとは思いません」

『ライトハウス』あらすじ:1890年代、ニューイングランドの孤島に2人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから4週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気のなか、やってきた嵐のせいで2人は島で孤立状態になってしまう。 ©2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.
『ライトハウス』あらすじ:1890年代、ニューイングランドの孤島に2人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから4週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気のなか、やってきた嵐のせいで2人は島で孤立状態になってしまう。 ©2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

兄弟の力関係の変化を描いた短編『Brothers』と通じる、「男性同士の衝突」というテーマ

脚本ではウェイクとウィンズローはそれぞれ「オールド」「ヤング」と記載されているが、権威的な年長者と従属的な年少者が力を誇示し合うという意味では、森の奥深くに暮らす2人の若い兄弟を描いたエガースの短編『Brothers』(2015)と通じるだろう。どちらもホモソーシャルな空間で巻き起こる男同士の力関係の変化──征服と衝突──を見据えている。

エガース:『Brothers』は、西洋文化における兄弟の物語の礎であるカインとアベルに基づいています。私はこのようなアーキタイプ的な物語に関心があるのです。まず探究したいコンセプトや雰囲気があって、それからそれに合うストーリーを考えていくつくり方をします。

『Brothers』は『ウィッチ』の制作前にプロデューサーからまず短編をつくるよう提案されたことから始まりました。『ウィッチ』のように子どもたちの自然な演技を引き出すことができ、そのうえで森の怖さを表現した作品をつくれることを証明する必要があったのです。

私はニューイングランドの農家育ちです。育った場所の近くには素晴らしい森があり、アンドリュー・ワイエス(ニューイングランド地方の原風景を描いた20世紀の画家)の絵画のような風景が広がっていました。

また、詩人のグレゴリー・オア(ニューヨーク出身の詩人)が小さいときに狩猟中にアクシデントで弟を殺してしまったという話を数年前に聞いたことがありました。育ったロケーションとグレゴリー・オアの逸話のふたつが相まって『Brothers』ができあがりました。

ロバート・エガース監督の短編『Brothers』はVimeoで全編公開されている(視聴はこちら

『Brothers』と同様に『ライトハウス』も、始めから男同士の衝突や、マスキュリニティ(男性性)のテーマを探求しようと想定して制作したわけではなく、設定やコンセプトから物語が構想された。

エガース:『ライトハウス』については、私の弟(マックス・エガース。本作で共同脚本を務め、長編脚本デビューを果たした)が灯台を舞台にしたゴーストストーリーをやりたいと言っていたのが着想のきっかけでした。それを聞いたときに、まず私のなかでビジュアルの雰囲気が浮かんできました。

クレイパイプや巻きタバコなどがあって、とても暗く、埃っぽくて霧が立ち込めている。そして2人の男が巨大なファルスに閉じ込められていることで、男性的な衝突が生じていくというものです。なので、作品の性質上、自然とマスキュリニティの話になったのだと思います。

『ライトハウス』予告編

Page 1
次へ

作品情報

『ライトハウス』
『ライトハウス』

2021年7月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開

監督:ロバート・エガース
脚本:ロバート・エガース、マックス・エガース
出演:
ウィレム・デフォー
ロバート・パティンソン
上映時間:109分
配給:トランスフォーマー

プロフィール

ロバート・エガース

ブルックリンを拠点とする監督・脚本家。ニューハンプシャー出身。ニューヨーク市で監督兼デザイナーとして演劇制作のキャリアをスタート。やがて映画に移行し、いくつかの短編映画を監督した後、映画、テレビ、出版物、演劇、ダンスの分野で幅広く活動した。監督兼脚本として長編映画デビューを果たした『ウィッチ』は、2015年『サンダンス映画祭』でUSドラマ部門の監督賞を受賞し、高い評価を得た。同作は、『インディペンデント・スピリット賞』の最優秀新人作品賞と最優秀新人脚本賞の2つを受賞。続く『ライトハウス』では、『アカデミー賞』撮影賞にノミネートされた他、『カンヌ国際映画祭』FIPRESCI賞など数多くの映画賞を受賞。その才能を世に知らしめた。現在は、F.W. ムルナウの古典映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』(2022)のリメイクを含むいくつかのプロジェクトが進行中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」