特集 PR

大阪No.1ラジオ局FM802・今江に訊く、音楽メディアが担う役割

大阪No.1ラジオ局FM802・今江に訊く、音楽メディアが担う役割

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:渡邉一生 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第13弾に登場するのは、「大阪No.1ミュージックステーション」であるラジオ局・FM802の編成部副部長、今江元紀。

人気の老舗番組『ROCK KIDS 802』を担当するほか、関西においては最大規模の年末フェス『RADIO CRAZY』をはじめ、数多くのイベント制作も手掛けている今江。学生をターゲットにした『ROCK KIDS 802』では、アーティスト・学校・企業による斬新なコラボレーション企画を次々に打ち出し、一ラジオマンの枠組みを超えた存在感を放っている。

デジタル化の波のなかにあって、ラジオの役割はどのように変わっていくのか? そして、近年「関西のバンドシーンが元気」と言われるなかにあって、ローカルから発信する意義をどのように捉えているのか? なにより人とのつながりを重視する今江の発言は、決して時代には流されない、エンタメの本質を突くものであったように思う。

僕、東京にずっといたら、今も「ぴあ」にいたと思うんです。

—今江さんはどのようなキャリアを経てFM802に入られたのでしょうか?

今江:学生時代は「将来やりたいことがあるから、今はこれをやっておこう」みたいに、器用に考えられる人間ではなくて。大学のときは行事とかでイベントを作るサークルに入っていたんですけど、それが就職にどうこうというのはまったく考えてなかったです。なので、「どういう仕事に就きたいか?」というのは、就職活動が始まってから考えましたね。

卒業後は「ぴあ」に入ったんですけど、その採用試験の過程で、「エンタメのことを仕事にしたいな」という想いを引き出してもらえて、今もそのファーストインプレッションの延長にあるというか。

—前職では、雑誌『ぴあ関西版』の副編集長をされていたそうですね。

今江:「ぴあ」は業界のなかで非常に中立的なポジションで、エンタメ業界に関わるいろんな人と一緒にお仕事ができる場所でした。ただ、30歳手前で向こう10年の自分を考えたときに、もともと音楽を聴いたりライブに行ったりするのが好きだったので、音楽業界の人と一番たくさん名刺交換ができる場所で仕事をしようと思って、FM802に転職したんです。より音楽を中心に扱うところで、その最前線で仕事がしたいなって。

今江元紀
今江元紀

—今江さんはもともと関西出身だそうですが、「ぴあ」の新入社員時代は東京にいらっしゃったそうですね。転職の際に、「もう一度東京で仕事がしたい」とは考えなかったですか?

今江:希望を出して大阪に戻ってきたわけではなくて、会社の配属だったんですけど……僕、東京にずっといたら、今も「ぴあ」にいたと思うんです。大阪に来てなかったら、転職とか考えなかった気がするなあ。

—東京と大阪ではなにが違ったのでしょう?

今江:「大阪にはFM802があった」ということですよね。自社のことで恐縮ですが、贔屓目に見てもこんなにいろんな人が集まって、いろんなアーティストが立ち寄ってくれて、情報とコンテンツに溢れている場所はないと思うんです。だったら、そこを有効活用しない手はないなって。入社してから、ラジオの面白さを勉強させていただきました。もともとすごいラジオのリスナーだったかっていうと、そうではないんです。

アーティストが自分で発信できる世の中になった今、我々メディアの役割は非常に限られている気がする。

—現在はFM802で働く上での一番のモチベーションって、どういったところにありますか?

今江:もちろん、音楽自体大好きなんですけど、音楽の知識がすごく深いというわけではないので、そこに関わってる人たちが好きなんだと思います。その人たちが実現させたいと思ってることに対して、ちょっとでもお手伝いができたら嬉しい。それは発信する人に対してもそうだし、いろんな音楽に出会いたいと思ってる人たちに向けてもそうですし。

今江元紀

—今江さんはアーティストとの距離感がすごく近い印象があります。さらに、一つひとつの番組やイベント露出をアーティストの音源やライブチケットの売上につなげようと、「アーティストにちゃんと還元したい」という想いがすごく強いように思うのですが、いかがですか?

今江:それはまあ、そうでしょうね。アーティストが自分で発信できる世の中になった今、我々メディアの役割は非常に限られている気がするんです。ただ、それは決してゼロではない。その想いはメディアで働く以上ちゃんと持っていたくて。あえて媒体を通して伝える意義を、常に意識しなければと思っています。

—SNSなどでアーティスト自身が発信できる今、メディアの役割は改めて問われていますよね。

今江:やっぱりアーティスト自身の発信に勝るものはないと思うんですよ。ライブのチケットの申し込みだって、アーティストのオフィシャルサイトからの申し込みが一番数字いいわけじゃないですか? でも僕らは、もともとそのアーティストに興味なかった人が、1人でも行ってもらえるきっかけを作れる。

その「1」に賭けたいんですよね。まったく興味なかった人が、FM802をきっかけに、0.3くらいは興味を持ってくれるかもしれない。さらに、ほかのメディアや街中の施策とかを積み上げていけば、みんなで「1」を作れるかもしれないなって。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

今江元紀(いまえ もとのり)

京都出身。2004年立命館大学法学部卒業。ぴあ雑誌編集(東京~大阪)を経て、現在FM802編成部 副部長。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで