特集 PR

型破りな編集者・箕輪厚介が語る、閃き力の鍛え方と新しい働き方

型破りな編集者・箕輪厚介が語る、閃き力の鍛え方と新しい働き方

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第15弾に登場するのは、幻冬舎の若き編集者・箕輪厚介。

双葉社時代の与沢翼『ネオヒルズジャパン』(2013年)に始まり、見城徹『たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-』(2015年)などを手掛け、2015年に幻冬舎に入社。昨年は堀江貴文『多動力』、佐藤航陽『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』など、ヒット作を連発した。堀江は「売り方まで編集できる編集者」、幻冬舎の社長でもある見城は「編集者の天才」と、彼のことを手放しで絶賛している。

編集以外にも、オンラインサロン「箕輪編集室」の運営、「NewsPicksアカデミア」の立ち上げ、企業のコンサル / プロデュースなど、数多くの仕事をこなし、昨年10月には自らの会社「波の上商店」を設立。さらには、CAMPFIREと幻冬舎の共同出資会社「株式会社エクソダス」の取締役に就任し、今後はクラウドパブリッシングの事業も手掛けるという。加えて、CAMPFIRE communityのチェアマンへの就任も決定した。

編集者であり、起業家であり、インフルエンサーでもある箕輪が考える出版業界の未来。そして、会社に属しながらも、一プレイヤーであり続ける信念について訊いた。

大学の担当教授に、「出版社に入ることになりました」って言ったら、「世も末だな」って言われましたからね(笑)。

—箕輪さんは学生時代から編集者志望だったのでしょうか?

箕輪:自分にはまともな仕事なんて無理だろうし、ふざけることが長所になる仕事しかできないって、当時から思ってました。2010年頃だから、ウェブメディアもまだ冴えない感じで、そうなるとテレビか出版業界しかない。それがダメなら、沖縄で適当に遊ぼうと思ってたんですけど(笑)、なんとか双葉社に受かったんです。

箕輪厚介
箕輪厚介

—文学部のご出身ですし、本を読むのはお好きだったわけですよね?

箕輪:本当に本が好きな人と比べたら、全然だと思いますよ。中高はサッカー部だったんですけど、そのなかだと「箕輪、意外と本好きなんだな」みたいな、そのレベルです。

—もともと編集者志望みたいな人と比べると、全然だと。

箕輪:文学論をこねくり回してるようなやつらを全員ボコボコにしようと思ってましたからね(笑)。早稲田の第一文学部にいて、周りは全員「編集者になりたい」みたいな人たちだったんですよ。僕は授業なんてほとんど出てなくて、どうしても出なくちゃいけないときも、サッカーボール持ちながら「ういーっす」って感じだったから、「最低な人」って思われてたと思う。だから、俺が出版社に入ることが決まったとき、みんなすげえイラついてたんじゃないかな。

—「え、あいつが?」みたいな。

箕輪:担当教授にも、「出版社に入ることになりました」って言ったら、「世も末だな」って言われましたからね(笑)。

今は情報がありすぎて、選ぶのもめんどくさいし、食べログみたいに「誰かがオススメしてます」というものにしか、みんな手が出せなくなった。

—今の話を聞いて納得したというか、箕輪さんが従来の編集者像から逸脱しているのは、昔からだったわけですね(笑)。実際、今の編集者に求められる役割をどのようにお考えでしょうか?

箕輪:昔は出版社に持ち込まないと本が世に流通しなかったから、世に出る本の数にも限りがあったし、出せば人々に見つけてもらえた。だから編集者の仕事は、「いいものを作る」ということが100%だったんです。

でも、今は情報がありすぎるじゃないですか? たとえば、仮想通貨に興味があるとして、仮想通貨の本や記事を読もうと思っても、読み切れないくらいの情報が爆発している。昔だと、仮想通貨のいい本を出したらバカ売れしていたと思うんです。

今は情報がありすぎて、選ぶのもめんどくさいし、そもそも選べない、という時代になっている。食べログみたいに「誰かがオススメしてます」というものにしか、みんな怖くて手が出せなくなったんです。だから、食べログみたいに信頼のおける人がオススメしていて、「いいものだと思われてる」という状況をデザインする必要があるんですよね。

—今の編集者は、そのデザインまでやる必要があると。

箕輪:僕の届け方のデザインの仕方でいうと、自分のコミュニティを持っているんです。「箕輪が出すものなら買う」という人が1000人くらい。「箕輪編集室」(箕輪が運営する編集サロン)には今480人いて、彼らが本気で周りの人に拡散すれば、3000人くらいは買う。あとは「NewsPicksアカデミア」で「本気でこの本を売ろう」と思えば、3万部は売れる。僕がよく「編集2.0」と言うのは、「コミュニティをデザインする力」のことなんです。

箕輪厚介
「箕輪編集室」の詳細を見る / 「NewsPicksアカデミア」の詳細を見る

—なるほど。

箕輪:こういう話をすると、「私はいいものを作ることに命を懸けたい」とか言うやつがいるけど、そんなことは前提なんだと。そのうえで、ちゃんと届く仕組みを作らないと、著者にも失礼だと思うんですよ。

西野(亮廣)さんとか、誰よりもクオリティにこだわってるからこそ、売ることにもこだわるじゃないですか。『週刊文春』(文藝春秋)の新谷さん(新谷学。現・編集長)も、誰よりも中身に命を懸けてるからこそ、届け方もすごく考えている。それが真実だと思う。そこが中途半端なやつに限って、「俺は届け方とかじゃない」って言うんですよ。そういうツイートをしてるやつの本って、大体つまんない。

—実際に状況のデザインが上手くいった事例を、過去のヒット作のなかから具体的に話していただくことはできますか?

箕輪:『たった一人の熱狂』(見城徹)とか『多動力』(堀江貴文)とかは、「絶対に売る」って決めて、実際に売れたんですけど、今売れてる『日本再興戦略』(落合陽一)とか『お金2.0』(佐藤航陽)は、実は意外な部分もあったんですよね。販売戦略とかはそんなに考えていなかった。ただ言えるのは、編集者はノウハウを語るのが好きだから「売れる本の帯の作り方」とかを話したがるけど、そんなものはどうでもいい。大事なのは、本当に著者と作品の魅力を伝えたいという想いです。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロジェクト情報

『箕輪編集室』
『箕輪編集室』

箕輪厚介による編集サロン。ガチで編集し、スキルも上がって人間関係も広がるコミュニティ。 紙の編集だけでなく、コミュニティプロデュースまで手掛ける。「自ら動かないものは去れ」の『多動力』の世界観をそのまま具現化した実力集団。

プロフィール

箕輪厚介(みのわ こうすけ)

幻冬舎の編集者。2010年に双葉社入社、広告営業やイベント運営などに携わった後、編集部に異動。2015年に幻冬舎に移り、編集者として働きながら、東洋経済オンラインやアドタイで自身のコラムを持ち、オンラインサロンの運営、堀江貴文大学校で特任教授も務める。2017年10月、自身の会社として波の上商店を設立。2018年1月末、CAMPFIREと幻冬舎の共同出資会社、エクソダスの取締役に就任する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性