特集 PR

佐久間宣行に訊く、『ゴッドタン』『キングちゃん』が続く理由

佐久間宣行に訊く、『ゴッドタン』『キングちゃん』が続く理由

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第6回に登場するのは、『ゴッドタン』などで知られる、テレビ東京のプロデューサー / 演出家の佐久間宣行。数多くの人気企画やニューヒーローを世に送り出してきた『ゴッドタン』では、『キス我慢選手権』の映画化も記憶に新しいが、先日は『マジ歌選手権』から派生した『マジ歌ライブ』を日本武道館で開催。深夜番組のイベントとしては、異例の規模だったと言っていいだろう。

今回の取材では、佐久間のポップカルチャーに対する愛情についての話を軸に、いかにして『ゴッドタン』が出演者からも視聴者からも10年間愛され続ける番組となり、様々な企画を成功させることができたのかをじっくりと伺った。また、4月からレギュラー放送が復活する、千鳥の冠番組『NEO決戦バラエティ キングちゃん』について、さらには、視聴率や労働環境など、今のテレビ業界を巡る様々な問題についても、率直な意見を述べてもらった。

いろんな音楽シーンのあるあるを詰め込んで作っていくことに、喜びを見出したんですよね。

―『ゴッドタン』の人気企画『マジ歌選手権』から派生したライブイベント『マジ歌ライブ』が、3月16日に日本武道館で開催され、大成功を収めました。番組のスタートから10年が経過して、これだけ愛されるコンテンツになった理由をどうお考えですか?

佐久間:僕ら作り手が飽きてなかったからだと思います。毎回新鮮で、面白味があって、スタジオで声を出して笑えるものを目指して作ってるから、コンテンツがフレッシュなまま続けることができたのかなと。

お笑いって、フレッシュさがなくなるとどんどんほころびが出てきて、気づかないところから錆びちゃうんです。『ゴッドタン』でやってるどんな企画も、出演者がちょっとでも飽き始めたと感じたらスパッとやめているし、長寿企画はあえて1クールに1回とかしかやらないんですよ。

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。東京03、おぎやはぎ、バナナマン。©テレビ東京
『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。東京03、おぎやはぎ、バナナマン。©テレビ東京

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。東京03角田。©テレビ東京
『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。東京03角田。©テレビ東京

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。スピードワゴン。©テレビ東京
『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。スピードワゴン。©テレビ東京

―『マジ歌』に関しては、お笑いと音楽の相乗効果がフレッシュさを保つ秘訣にもなっているのかなと。

佐久間:そうですね。最初は「芸人さんがマジで歌を作って歌うのが面白い」って企画だったんですけど、もともと僕が音楽好きというのもあって、いつの間にか、いろんな音楽シーンのあるあるを詰め込んで作っていくことに喜びを見出したんです。「ヒップホップのラップから歌に変わる瞬間って、ダサくやると面白いよね」とか、その年の音楽シーンのあるあるとかを入れていくようになって、企画がさらにグレードアップしていったような気がします。

佐久間宣行
佐久間宣行

―なおかつ、その取り入れ方に「イマ感」があるというか。最近だとバナナマン日村さんが水曜日のカンパネラを、バカリズムさんがSuchmosを、さらに先日の武道館では劇団ひとりさんがもう『ラ・ラ・ランド』をネタにしていて、早いなと思いました。

佐久間:確かに、そうですね。去年、打ち合わせでSuchmosの話をしたときは、僕とバカリズム以外知らなかったですから。でも、それをやっちゃうのがうちの番組っぽい。

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。バナナマン日村。©テレビ東京
『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。バナナマン日村。©テレビ東京

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。バカリズム。©テレビ東京
『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』より。バカリズム。©テレビ東京

クロスカルチャーして、そこで面白いものが生まれたほうが、絶対にお互いにとって得な時代だと思います。

―バカリズムさんは『バズリズム』(日本テレビ系)をやってたり、バナナマンさんは『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合)をやってたり、お笑いと音楽の関係が新たな局面に入っているような印象も受けます。

佐久間:『バナナ♪ゼロミュージック』に関しては、もともと『紅白歌合戦』のスタッフの方が『マジ歌』の大ファンで前のライブを観に来てくれて、そこからバナナマンさんが『紅白』の副音声をやるようになって、2年前の『紅白』ではmiwaさんの曲に「ヒム子」(バナナマン日村の『マジ歌』内のキャラクター)が入っていく演出をやったんですよね。そのスタッフの方が『バナナ♪ゼロミュージック』もやってるので、『ゴッドタン』がそのきっかけになったというか。

―テレビ東京の『ゴッドタン』で生まれたキャラクターがNHKの『紅白』に出たり、そういうオープンな姿勢もフレッシュさを保つ秘訣のひとつだったと言えるのでしょうか?

佐久間:そうかもしれないですね。昔は「この番組のユニットは他の局に出ちゃダメ」とか、そういう縛りもあったらしいんですけど、もうそういう時代ではないと思うんです。

クロスカルチャーして、そこで面白いものが生まれたほうが、絶対にお互いにとって得な時代だと思います。日村さんが水曜日のカンパネラをやったときも、Twitterでコムアイさんが超喜んでくれましたからね。

―『ギョーカイ列伝』の連載をやっていて、既得権益を守ることに固執するのではなく、オープンな姿勢で外側と緩やかに繋がることは、今の時代、どの業界においてもとても重要なことだと感じます。

佐久間:ネットは自分の趣味からキーワードが出てくるから、深掘りはできても、好きじゃないものとの出会いがあまりないと思うんです。でも、テレビはランダムに見ることが多いじゃないですか? 僕は昔フジテレビの深夜番組とかが好きで、そこで「この劇団、なんて言うんだろう?」とか調べて、ポップカルチャーを好きになっていったんです。

なので、その頃の古きよき感覚というか、いろんなものを好きになってもらうきっかけを自分の番組でも作りたい。それは芸人さんだけではなくて、役者さんもそうだし、それこそ、『マジ歌』からSuchmosを知った人が「アルバム買いました」って言っていたりすると、すごく嬉しいんですよね。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

番組情報

『NEO決戦バラエティ キングちゃん スペシャル』

2017年4月2日(日)21:54~22:48にテレビ東京ほかで放送

『NEO決戦バラエティ キングちゃん』

2017年4月10日(月)から毎週月曜24:12~にテレビ東京でレギュラー放送開始

『ゴッドタン』

毎週土曜25:45~26:10にテレビ東京ほかで放送

リリース情報

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』(Blu-ray)

2017年8月16日(水)発売
価格:4,104円(税込)

『マジ歌ライブ2017~マジ武道館~』(DVD)

2017年8月16日(水)発売
価格:3,024円(税込)

プロフィール

佐久間宣行(さくま のぶゆき)

テレビ東京のプロデューサー、演出家。1999年入社。『ゴッドタン』『キングちゃん』『おしゃべりオジサンと怒れる女』『ご本出しときますね?』『ウレロ☆無限大少女』『SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜』『共感百景』『ピラメキーノ』『有吉のバカだけど…ニュースはじめました』『キンコンヒルズ』『相談バカ一代』『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』などを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)