ニュース

楽曲や映像のダウンロードが違法に? あなたが違法行為をする危険性。

現在、文部科学省の文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会で著作権法の改正案が議論されている。どうやら「ネット上に違法な状態でコピーされた音楽や動画の著作物をダウンロードする行為を著作権法30条の適用外とする」という方向で話し合いが進んでいるようだ。

著作権法30条とは、「私的使用のための複製」を認めている項目。昔で言えば、レコードやカセットテープを買って自分でオリジナルテープをつくる行為がこれにあたる。CDが焼けるようになり、ネットが普及し、PtoPによる著作物の違法なやりとりが続く中で、今まではアップロードした人物だけが罰則の対象であったが、今度はダウンロードする側も違法になるという考え方。

今のところ、Youtubeやニコニコ動画はこれに含まれない、という、曖昧極まりない議論がされているが、法の平等性を考えれば、特定のWEBサイトだけが法から逃れて利益を得ることが法律になるなんていうばかばかしい話しはない。さらに、こうした議論が俎上に上がること自体、この2つのサイトによる影響は少なくないはずだ。

著作物を濫用すること自体は明らかに咎められるべきことではあるが、何が問題かと言えば、ユーザーサイドにその楽曲や映像が合法的なものなのか、違法なものなのかを判別することができないからだ。

例えば、誰かが悪だくみをして、大手レーベルの名前を名乗ってニセキャンペーンWEBサイトを立ち上げたとする。そこで、「違法」なプロモーションビデオが配信されていて、偶然にもそのアーティスト名で検索してアクセスしてしまった人がいたとしたら、その時点でそのユーザーも法律を犯していることになるのである。

そう考えると、違法者を作り出そうとすれば、いくらでも作り出せてしまう社会になるのだ。

おまけに現在、この法律を文字情報や画像情報にも広げようと主張している権利団体もある。そうなると話しは滑稽としか思えないことになる。例えばニュースサイトの記事を後で読もうと思ってメモ帳に保存する行為や記事のページをプリントする行為も違法になるし、厳密に言えばWEBサイトを見ること自体、ブラウザのキャッシュに情報が「ダウンロード」されるので、世の中にあるほとんどのWEBサイトが見られなくなる(さすがにそんなことにならないような方向に進むとは思うが)。

現在文化庁では、「パブリックコメント」として一般からの意見を求めている。
また、インターネット先進ユーザーの会『MIAU』では、意見書の書き方がわからない人のために、書き方を記載しているページがあるので、参考にされたし。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年