ニュース

楽曲や映像のダウンロードが違法に? あなたが違法行為をする危険性。

現在、文部科学省の文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会で著作権法の改正案が議論されている。どうやら「ネット上に違法な状態でコピーされた音楽や動画の著作物をダウンロードする行為を著作権法30条の適用外とする」という方向で話し合いが進んでいるようだ。

著作権法30条とは、「私的使用のための複製」を認めている項目。昔で言えば、レコードやカセットテープを買って自分でオリジナルテープをつくる行為がこれにあたる。CDが焼けるようになり、ネットが普及し、PtoPによる著作物の違法なやりとりが続く中で、今まではアップロードした人物だけが罰則の対象であったが、今度はダウンロードする側も違法になるという考え方。

今のところ、Youtubeやニコニコ動画はこれに含まれない、という、曖昧極まりない議論がされているが、法の平等性を考えれば、特定のWEBサイトだけが法から逃れて利益を得ることが法律になるなんていうばかばかしい話しはない。さらに、こうした議論が俎上に上がること自体、この2つのサイトによる影響は少なくないはずだ。

著作物を濫用すること自体は明らかに咎められるべきことではあるが、何が問題かと言えば、ユーザーサイドにその楽曲や映像が合法的なものなのか、違法なものなのかを判別することができないからだ。

例えば、誰かが悪だくみをして、大手レーベルの名前を名乗ってニセキャンペーンWEBサイトを立ち上げたとする。そこで、「違法」なプロモーションビデオが配信されていて、偶然にもそのアーティスト名で検索してアクセスしてしまった人がいたとしたら、その時点でそのユーザーも法律を犯していることになるのである。

そう考えると、違法者を作り出そうとすれば、いくらでも作り出せてしまう社会になるのだ。

おまけに現在、この法律を文字情報や画像情報にも広げようと主張している権利団体もある。そうなると話しは滑稽としか思えないことになる。例えばニュースサイトの記事を後で読もうと思ってメモ帳に保存する行為や記事のページをプリントする行為も違法になるし、厳密に言えばWEBサイトを見ること自体、ブラウザのキャッシュに情報が「ダウンロード」されるので、世の中にあるほとんどのWEBサイトが見られなくなる(さすがにそんなことにならないような方向に進むとは思うが)。

現在文化庁では、「パブリックコメント」として一般からの意見を求めている。
また、インターネット先進ユーザーの会『MIAU』では、意見書の書き方がわからない人のために、書き方を記載しているページがあるので、参考にされたし。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために