ニュース

Port Bによる「はとバス」ツアー・パフォーマンス

東京観光の花形「はとバス」に乗って東京を巡る、変わった形式のパフォーマンスが11月から12月にかけて演劇、パフォーマンスユニットPort B(ポルト・ビー)が上演する。

「オリンピック」をテーマによって実現されるのは、「1964−2007−2016」という、「過去、現在、未来」をつなぐ「旅」。紅葉の街並みを「はとバス」からゆったりと眺めつつ、パフォーマンスユニットPort Bならではの刺激的な仕掛けも楽しむことのできる、ひと味違ったバスツアーを体験となる。

当ツアーは、東京観光の花形「はとバス」にご乗車いただいて巡る、「東京 / オリンピック」の旅です。東京五輪といえば昭和39年(1964年)、高度経済成長期の日本を大いに活気づけた一大イベントでした。現在も都内に残る多くの建造物が、実はこの時代一斉に建設されたものでした。

そんな昭和30年代、東京オリンピックの軌跡とその思い出を辿りながら、見えてくる現代(いま)という時代、そしてアカルイミライをソウゾウする2016年の東京・オリンピック誘致プラン。そんな東京を楽しく巡りながら、車中では元はとバスガイドの及川光代さん、そして現役のガイドさんにも協力していただき、Port B ならではの東京ツアーを体験していただきます。

Port Bは2002年東京にて結成。高山明氏がドイツで培った演出メソッドを叩き台に、演劇以外の活動に携わるアーティストや職人を中心に演劇的実験を繰り返している演劇、パフォーマンスユニット。「演劇とは何か」という問いが根底にあり、「きたるべきもの」としての現代演劇を追求している。過去には、実際の都市をインスタレーション化する“ツアー・パフォーマンス”なるものを企画、巣鴨地蔵通りを舞台にした『一方通行路 ~サルタヒコへの旅~』を開催している。

今回は東京観光の代名詞「はとバス」と協力し、またはとバス勤務35年の元名物ガイド・及川光代さんを「ゲスト・パフォーマー」として迎え、東京観光の新しい形を探る公演となっている。

Port B ツアー・パフォーマンス 第2弾
『東京/オリンピック』
2007年11月22日(木)、 28日(水)
12月2日(日)、3日(月)、8日(土)、9日(日)、13日(木)、16日(日)、19日(水)、23日(日)(全10回)
受付開始 13:30 出発時刻14:00 終了予定時刻19:30
*交通事情により終了時刻が前後することが予想されます。予めご了承ください。
ツアーコース:
巣鴨地蔵通り(受付・自由散策)→原宿、代々木競技場(散策)→国立競技場、神宮外苑→日本武道館(アトラクション)→東京ドームシティ→上野(シークレット・ゾーン)→秋葉原(アトラクション)→首都高速(夜景鑑賞)→にしすがも創造舎(到着)
料金:前売り3,800円(税込) 当日4,200円(税込)各回定員40名様

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年