henrytennis主催イベント『Fuck up! My underground era vol.2』に、stimなど豪華メンツが集結

CINRA RECORDSから2006年にデビューしたhenrytennisが、5月10日(土)にSHIBUYA O-nestにてイベント『Fuck up! My underground era vol.2』を開催する。

主催のhenrytennisの他、日本のインストロックを牽引しているtoeとの2マンライブなども行っているstimや、エレクトロニカ方面で人気を誇るGutevolkとkazumasa hashitmoto、tenniscoatsの植野隆司という豪華3人によるユニットが出演。

さらに、BOREDOMS初期メンバーでもあり、現在はAcid Mothers Temple & The Cosmic InfernoやAMAZON SALIVAのメンバーとしても知られるTABATAと、d.v.dやトクマルシューゴ&ザ・マジックバンドのメンバーとしても有名なイトケンによるユニットも参戦する。

henrytennisは幾度かのメンバーチェンジを経て現在は、トクマルシューゴ&ザ・マジックバンドなどの岸田佳也、OCEANLANEの堀越武志、狂うクルーの安藤暁彦、MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS、元MELT BANANAの須藤俊明に加え、デザイナーとして六本木ヒルズでのYou x Hills Santa Project、椎名林檎などのPVを手がけ、音楽家としての顔も持つ
山口真人が加入している。

タイトルからも高い意識が伺えるイベントの2回目だが、ジャンルにとらわれず素晴らしいメンツが集まる見逃せないイベントになりそうだ。

henrytennis presents
『Fuck up! My underground era vol.2』
2008年5月10日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:渋谷O-NEST
出演:henrytennis、Stim、Gutevolk + kazumasa hashitmoto + 植野隆司(tenniscoats)、TABATA&イトケン
DJ:chicchi 
料金:前売1,500円 当日:1800 (2ドリンク別)

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • henrytennis主催イベント『Fuck up! My underground era vol.2』に、stimなど豪華メンツが集結

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて