須藤俊明

Total 17 Posts

ミュージシャン/録音エンジニア。1971年生まれ。MELT-BANANA、THERMO、奇形児などのドラマーとして、そしてGOMES THE HITMAN、HARCO、長澤知之などのベーシストとして活動を経て、近年はジム・オルーク、石橋英子、ヤマジカズヒデ、柴田聡子、山本精一、大江慎也など、パンク、アヴァンギャルドからフォーク、ポップスまで幅広い音楽に関わっている。2005年、自身が率いるバンドMACHINE AND THE SYNERGETIC NUTSの2ndアルバムは米・レコメン系/前衛ロックのレーベル「Cuneiform Records」よりリリースされた。2015年には自身も参加するバンド、ナスカ・カーのレーベルより、マルチ・インストィルメントによるソロ・アルバム「mobile suite」をリリース。映画「新撰組オブ・ザ・デッド」の音楽をヤマジカズヒデ、高橋浩司と共に担当。ウミネコ・カレー店主のバンド、uminecosoundsのメンバーでもある。

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて