ニュース

柴田聡子がセルフタイトルの新アルバム、プロデュースは山本精一

柴田聡子のニューアルバム『柴田聡子』が、9月16日にリリースされる。

今年6月に2枚のライブアルバムをリリースしたほか、7月には「Gofishトリオと柴田聡子」名義での10インチアナログ盤を発表した柴田聡子。前作『いじわる全集』以来、約1年4か月ぶりのオリジナルアルバムとなる『柴田聡子』は、全編にわたって山本精一がプロデュースを手掛けている。

収録曲について柴田は「私よはやく居なくなれ!、ぼんやり思う望み、きれいな人のすてきな生き方、夜は静かにしないとね、思い違いと行き違い、好きってなんて言ったらいいの、気分を焼き尽くされてさわやか、知らないところで暮らしてみたよ、オリンピックなんて無くなったらいいのに、いろんなかたちがあるのを知らなかった、即興歌、バスにて、惚けた思い出、そういう13曲」とコメント。ゲストミュージシャンには、山本、須藤俊明、一楽誉志幸、西滝太が名を連ね、バンドセットによる楽曲も収められるという。録音、ミックス、マスタリングは中村宗一郎が担当している。

12月には同作のリリースを記念したツアーを京都、大阪、東京の3都市で開催。ライブには、柴田に加えてアルバムのゲストミュージシャンが出演する。

柴田聡子のコメント

サードアルバムが出来ました。プロデュースに山本精一さんを、録音、ミックス、マスタリング・エンジニアにピースミュージックの中村宗一郎さんを、ゲストミュージシャンに須藤俊明さん、一楽誉志幸さん、西滝太さんをお迎えして、一緒にやってもらいました。私よはやく居なくなれ!、ぼんやり思う望み、きれいな人のすてきな生き方、夜は静かにしないとね、思い違いと行き違い、好きってなんて言ったらいいの、気分を焼き尽くされてさわやか、知らないところで暮らしてみたよ、オリンピックなんて無くなったらいいのに、いろんなかたちがあるのを知らなかった、即興歌、バスにて、惚けた思い出、そういう13曲が入ったアルバムで、わたしにはあんまり無かったかもしれない、これからもあるかどうかわからない、2015年、梅雨時から初夏にかけての録音です。聴いて頂いたみなさまに楽しんで頂けたら、これ以上うれしいことはありません。どうぞよろしくおねがいいたします。

山本精一のコメント

柴田聡子が先天的に備えている「優れたポップセンス」を可能な限り浮き彫りした、時代を超える「力」と「普遍性」を持つアルバムに仕上がったと思います。

リリース情報

柴田聡子
『柴田聡子』(CD)

2015年9月16日(水)発売
価格:2,592円(税込)
PCD-24421

1. ニューポニーテール
2. 好きってなんて言ったらいいの
3. ポイズンレークパーク
4. ぼくめつ
5. ばか・あほ・まぬけ
6. 悪魔のパーティー
7. マンドリン・ピアノ・デュエット
8. わかっているのに
9. サン・キュー
10. ファイトクラブ
11. アワーホープ
12. あさはか!
13. 狼少年パグ

amazonで購入する

イベント情報

『柴田聡子サードアルバム発売記念ライブツアー』

2015年12月15日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:京都府 磔磔
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

2015年12月16日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 Shangri-La
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

2015年12月18日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 吉祥寺 武蔵野公会堂
料金:前売3,000円 当日3,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開