ニュース

柴田聡子の新アルバム『愛の休日』に岸田繁、山本精一、石橋英子ら

柴田聡子
柴田聡子

柴田聡子のニューアルバム『愛の休日』が5月17日にリリースされる。

2015年の『柴田聡子』以来、約1年8か月ぶりのアルバムとなる同作。岸田繁(くるり)がプロデュースを手掛けた“遊んで暮らして”“ゆべし先輩”や、山本精一が作詞とプロデュースを担当した“リスが来た”など全13曲が収録される。

参加ミュージシャンには、岸田、山本に加えて、石橋英子、一樂誉志幸、伊藤大地、伊藤名佳子、うーちゃん(どついたるねん)、かわいしのぶ、ゴンドウトモヒコ、須藤俊明、DaBass(どついたるねん)、ラミ子らが名を連ねている。アートワークは、昨年に刊行された柴田の詩集『さばーく』も手掛けたアートディレクターの佐藤亜沙美と、写真家の西光祐輔が担当。

柴田聡子のコメント

お久しぶりです、柴田聡子です。
いろんな人の力を借りて、やるせないけど楽しいアルバムが1年半振りに出来そうです。
ぜひ聴いてください。どうぞよろしくおねがいいたします!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)