石橋英子の新AL『The Dream My Bones Dream』を舞台作品化 演出は藤田貴大

舞台『石橋英子×マームとジプシー presents 藤田貴大の「The Dream My Bones Dream」』が、9月21日に東京・渋谷のWWWで上演される。

石橋英子のアルバム『The Dream My Bones Dream』が7月4日にリリースされることを記念した同公演は、藤田貴大(マームとジプシー)と、これまでも石橋が音楽で参加してきた劇団マームとジプシーによって『The Dream My Bones Dream』を舞台作品化するもの。演奏は石橋をはじめ、ジム・オルーク、ジョー・タリア、須藤俊明、波多野敦子、山本達久が担当する。出演者は成田亜佑美。映像は召田実子が手掛ける。あわせてアルバムのトレイラー映像が公開。

チケット先行予約は6月23日12:00から受付開始。一般発売は7月7日10:00からスタートする。

イベント情報

『石橋英子×マームとジプシー presents 藤田貴大の「The Dream My Bones Dream」』

2018年9月21日(土) 会場:東京都 渋谷 WWW
演出:藤田貴大 演奏: 石橋英子 ジム・オルーク ジョー・タリア 須藤俊明 波多野敦子 山本達久 出演:成田亜佑美 料金:前売4,000円(ドリンク別)

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 石橋英子の新AL『The Dream My Bones Dream』を舞台作品化 演出は藤田貴大

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて