『暮しの手帖』の創刊60周年を記念したミニトーク&サイン会に松浦弥太郎と永江朗が出演

家庭向け総合生活雑誌『暮しの手帖』の創刊60周年を記念したミニトーク&サイン会が6月21日(土)に青山ブックセンター自由が丘店特設会場にて開催される。

ミニトークには『暮しの手帖』編集長、文筆家、書籍商『COW BOOKS』主宰の松浦弥太郎と、フリーライターの永江朗が出演する。トーク内容は明らかにされていないが、2人による同誌の制作の裏側を垣間見ることができるかもしれない。

青山ブックセンター自由が丘店にて、暮しの手帖最新号を購入すると先着50名様にもらえる参加整理券が必要となっている。電話での受付は行わないとのこと。

『暮しの手帖』60周年記念 ミニトーク&サイン会
2008年6月21日(土)19:30~20:30
会場:青山ブックセンター自由が丘店特設会場
定員:50名程度
参加方法:5月24日発売の『暮しの手帖』最新号購入時に先着で整理券を配布
受付開始:5月24日(土)11:00~

  • HOME
  • Book
  • 『暮しの手帖』の創刊60周年を記念したミニトーク&サイン会に松浦弥太郎と永江朗が出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて