「ヨーロッパ企画」主宰の上田誠、近未来の町工場を描く舞台『昭和島ウォーカー』

若手人気劇団「ヨーロッパ企画」主宰の上田誠が作・演出を務める舞台『昭和島ウォーカー』が11月2日より東京グローブ座(東京・新宿)にて上演される。11月23日まで。

舞台は、工業化が進んだ近未来の町工場「アサヒロボット」の作業場。やる気のない工員達が、新コンセプトのロボット開発中に謎の自殺を遂げた先代社長の息子が工場に舞い戻って来たことをきっかけとして、工場の再起を目指す―。

京都を中心に活動を続ける上田は、2005年に過去の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』が映画化されるなど、今後更なる活躍が期待されるクリエイター。今回の作品は上田が得意とする群像劇コメディを「ヨーロッパ企画」の熱烈なファンである主演の井ノ原快彦のために書き下ろしたものだという。

ヨーロッパ企画
『昭和島ウォーカー』
2008年11月2日(日)~11月23日(日)
会場:東京グローブ座(東京・新宿)
作・演出:上田誠

出演:
井ノ原快彦
京野ことみ
松本まりか
粟根まこと
福田転球
中山祐一朗

「ヨーロッパ企画」メンバー
石田剛太
酒井善史
諏訪雅
土佐和成
中川晴樹
永野宗典
本多力

料金:S席8,500円 A席7,500円 B席5,500円

  • HOME
  • Stage
  • 「ヨーロッパ企画」主宰の上田誠、近未来の町工場を描く舞台『昭和島ウォーカー』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて