ニュース

87年生まれのラッパーhaiiro de rossiがデビューアルバム『True Blues』をリリース

1987年に生まれ、2003年からラッパーとしての活動を開始。現在はEccy率いるSlye Recordsに所属している日本人ラッパーhaiiro de rossiがデビューアルバム『True Blues』を11月21日にリリースする。

全14曲入りとなる今作は、新世代注目ラッパーの処女作にふさわしい豪華ビートメーカーたちがトラックを制作。盟友であるEccyはもちろんのこと、ビルボード誌にも特集を組まれた天才ビートメーカーFat Jon(Five Deez)や、国内のヒップホップ好きに知らぬものはいないOlive Oil、期待の新人として注目を集めている北海道在住のMichitaなどがバックを固めている。

高校時代からBlue Note4000番台のコレクターとしてJAZZに傾倒していたというhaiiro de rossi。「風の中を歩く」と称される流麗なフローとセクシーな声、そして深いメッセージとブラックジョークを自在に扱う歌詞のセンスが絶賛されているだけに、このデビュー作をきっかけとして更なる人気を集めそうだ。

haiiro de rossi
『True Blues』
2008年11月21日(金)発売
価格:2,520円(税込)
HRSY-110 Slye Records

1. Blues of Blue
2. Blowin' The Jazz Away
3. Shades to Face feat.あるま
4. KAIROS feat.RCP
5. 4007
6. Blue Berry or Apricot
7. Triangle feat.72
8. Jam & Butter
9. Bird Trippin'
10. Cold City Squall feat.小宮守
11. Like Stanley Turrentine
12. Be ♯ness [Special Edit ]
13. Rachel
14. Morning Stardust

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで