ニュース

三池崇史監督の実写版『ヤッターマン』の公開日、キャストが明らかに

「ブタもおだてりゃ木に登る」「ポチっとな」等、数々の流行語を生み出したアニメ『ヤッターマン』の劇場版映画の公開日が、2009年の3月7日に決定した。監督は三池崇史。

舞台は現代の地球のどこか。 今日もヤッターマン1号(高田ガン)と2号(上成愛)はドクロストーンを巡り"奴ら"と戦っていた…「奴ら」とは、ヤッターマンの宿敵、インチキ商売で活動資金をボロ稼ぎする三悪党ドロンボー一味。メンバーは、美人リーダーのドロンジョ、メカ開発担当のボヤッキー、力仕事担当のトンズラーの三人。ドクロストーンとは、"泥棒の神様"を自負するドクロベェと名乗る謎の人物が探している伝説の聖石で、4つ集めると奇跡が起きるという。いち早く地球の危機を察知したヤッターマンは、ドロンボー一味の計画を阻止し、地球を救うために立ち上がった!

ヤッターマン1号を「嵐」の櫻井 翔が演じるほか、ドロンジョ役の深田恭子、ケンドーコバヤシによるトンズラーなどの個性派キャスト達をはじめ、キャラクターデザインには寺田克也が参加するなど、豪華なキャスト&スタッフが話題を呼んでいる同作。

既に実写部分の撮影は終了しており、来年の公開に向けてCG作業を含めた編集が行われるとのこと。総製作費20億円といわれる一大プロジェクトだけに、今後の詳細発表を楽しみに待ちたい。

『ヤッターマン』
2009年3月7日(土)全国ロードショー
原作:竜の子プロダクション
制作:日活
監督:三池崇史
脚本:十川誠志  
キャタクターデザイン リファイン:寺田克也

キャスト:
櫻井 翔(ヤッターマン1号=高田ガン)
福田沙紀(ヤッターマン2号=上成愛)
生瀬勝久(ボヤッキー)
ケンドーコバヤシ(トンズラー)
岡本杏理(海江田翔子)
阿部サダヲ(海江田博士)
深田恭子(ドロンジョ)

製作:ヤッターマン製作委員会
制作プロダクション:日活
配給:松竹、日活

(画像:© 2008 タツノコプロ/「ヤッターマン」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く