ダンス・フォーラム『We dance』が開催、一日1,999円で全プログラムが鑑賞可能

2009年1月31日(土)と2月1日(日)の両日、横浜市開港記念会館でダンス・コミュニティー・フォーラム『We dance』が開催される。

コンテンポラリーダンスの活性化を目的としたこのフォーラムは、ダンサー自身の企画によるプログラムやトークセッションを開催。ダンサーと観客がともに語りあうことのできる場が設けられるなど、盛りだくさんの内容となっている。

参加者は入退場自由のパスポート(1日1,999円)を購入することで、会場の各部屋内を自由に移動しながらダンスを鑑賞することができる。

黒沢美香の伝説的な作品『lonely woman』が上演されるほか、コンテンポラリーダンスのダンサーが一堂に会するこの企画、ダンスファンなら見逃せないだろう。

『We dance』

2009年1月31日(土)、2月1日(日)11:00~21:00(10:30会場)

【ショーイング・アーティスト企画プログラム】
山崎広太『舞踏対話シリーズ』
黒沢美香『lonely woman』(初演91年)
スカンク『振付家、演出家、音楽家、映像作家による共同作業とショーイング』
中村恩恵『Thousand way of kneeling』
山下残『2002横浜滞在』

【ショーイング・企画室プログラム】
澤田有紀『図』
岡田智代 遠距離文通ダンス『ん、または、す』
大倉摩矢子『ぼくらはみんな生きている』
きたまり『女生徒』
神村恵『Seeing is believing.』

【ワークインプログレス&ワークショップ】
手塚夏子『ダンスをつくる旅の途上』
中村恩恵公開ワークショップ『空っぽの踊り』

※その他、詳細はウェブサイトを参照

参加費:1,999円(一日有効パスポート・入退場自由・当日券のみ)
主催:Offsite Dance project

  • HOME
  • Stage
  • ダンス・フォーラム『We dance』が開催、一日1,999円で全プログラムが鑑賞可能

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて