注目の若手アート集団MIHOKANNOがTWSで作品展『Hello! MIHOKANNO』、松原壮志朗による人形劇も

アーティスト8名、デザイナー1名からなるアーティスト・コレクティブ、MIHOKANNOによる作品展『Hello! MIHOKANNO』が、トーキョーワンダーサイト渋谷で開催中だ。

MIHOKANNOは、それぞれが独自の制作活動を行いつつも、グループとして様々な作品を発表しているアーティスト集団。自然に引き合いながら集まり、一つの名で複雑な断面を見せる一人の人格のような存在と称されている。

本展では、2006年オープンしたTWSの施設であるクリエーター・イン・レジデンスにおける協働制作も含めた、各々の新作を発表。制作する時点から会場を構成する過程に生まれた新しい空気感もそのままに表現される。

また関連イベントとして、6月20日(土)にはメンバーの松原壮志朗による人形劇が行われる予定だ。

MIHOKANNO
『Hello! MIHOKANNO』

2009年5月30日(土)~7月20日(月)
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
休館日:月曜日(7月20日は開館)
時間:11:00~19:00
料金:無料
主催:
財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
協力:
小山登美夫ギャラリー
シュウゴアーツ
ヒロミヨシイ
レントゲンヴェルケ
magical, ARTROOM

出展作家:
MIHOKANNO(万代洋輔、千葉正也、COBRA、榎倉冴香、福永大介、松原壮志朗、大城絢、山本修路、清田亮平〔デザイナー〕)

人形劇

2009年6月20日(土)18:00~19:00(予約不要)

(画像:©MIHOKANNO)

  • HOME
  • Art,Design
  • 注目の若手アート集団MIHOKANNOがTWSで作品展『Hello! MIHOKANNO』、松原壮志朗による人形劇も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて