矢内原美邦率いるミクニヤナイハラ新作『五人姉妹』、音楽に中原昌也、衣装にスズキタカユキ

ミクニヤナイハラプロジェクトの最新作『五人姉妹』が、6月25日(木)より吉祥寺シアターにて上演される。

ミクニヤナイハラプロジェクトは、ニブロールの代表・振付家として活動してきた矢内原美邦が、「演劇作品」を製作することを目的に立ち上げたソロプロジェクト。2008年『青ノ鳥』は、第52回岸田國士戯曲賞の最終候補作品にノミネートされている。

最新作の『五人姉妹』は、時間の止まったようなお屋敷のなかでくりひろげられる、病気持ちのお嬢さまたちによる支離滅裂なドラマ。「こども」のまま成長した「おとな」たちの、これから訪れるであろう未来への不確かな不安を描いた物語だ。

なお今回、音楽には中原昌也、衣装にはスズキタカユキという強力な面々を迎える。本作で、さらなる進化を遂げた矢内原独自の手法と世界観に期待が高まる。

ミクニヤナイハラプロジェクト
『五人姉妹』

2009年6月25日(木)~6月28日(日)
会場:吉祥寺シアター
時間:
25日(木)19:30開演
26日(金)19:30開演
27日(土)14:00開演 19:00開演
28日(日)14:00開演 
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前になります

作・演出・振付:矢内原美邦
音楽:中原昌也
衣装:スズキタカユキ

出演:
稲毛礼子
笠木泉
高山玲子
三坂知絵子
光瀬指絵
山本圭祐

料金:前売3,200円 当日3,600円 学生2,700円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 矢内原美邦率いるミクニヤナイハラ新作『五人姉妹』、音楽に中原昌也、衣装にスズキタカユキ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて