土屋アンナや泉谷しげるも楽曲提供、ミュージック ショートフィルムコンペ開催

米国アカデミー賞も公認するアジア最大級の国際短編映画祭『Short Shorts Film Festival & Asia 2010』が、ショートフィルムのコンペティションを開催。2010年1月30日まで応募作品を募集している。

『ミュージックShort クリエイティブ部門』と名付けられた同企画は、エントリーされた楽曲を用いてクリエイターが自由にオリジナルの「ミュージック ショートフィルム」を制作し、出品するコンペティション。8月からの公募開始時点で120曲以上のラインナップがあったが、9月1日より「資生堂アネッサ'09」のCMソングとしてこの夏話題を集めた土屋アンナの“Brave vibration”や、m-flo★Takuによるプロデュース楽曲“Sweet Rishi Boy”を新たに追加され、さらなる盛り上がりを見せている。

なお、これまでに、泉谷しげる、LOVE PSYCHEDELICO、INORAN、元気ロケッツ、大黒摩季、つじあやの、野宮真貴、THE BACK HORN、ウミネコサウンズ、シュリスペイロフ、竹内電気、種ともこ、つしまみれ、THE JETZEJOHNSON、オトナモード、wooderd chiarie、カラーボトルなど、幅広い音楽シーンから64組の楽曲がエントリーされており、今後さらなる追加楽曲も予定されているとのこと。

優秀作品は動画コンテンツ販売サイトでの配信も予定されるなど、楽曲をエントリーしているアーティストのファンにとっても楽しみな企画だ。

『Short Shorts Film Festival & Asia 2010』
ミュージックShort クリエイティブ部門

応募期間:2009年8月1日(月)~2010年1月30日(土)
※詳細はオフィシャルウェブサイト参照

(画像上から:土屋アンナ、LOVE PSYCHEDELICO、竹内電気、ウミネコサウンズ)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 土屋アンナや泉谷しげるも楽曲提供、ミュージック ショートフィルムコンペ開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて