SAKEROCK星野源の初エッセイ、トイレ掃除や炊事まで面白がる『そして生活はつづく』

音楽だけでなく、映画『ノン子36歳(家事手伝い)』での主演やテレビドラマ、舞台など多岐にわたる活動で知られるSAKEROCKのリーダー・星野源によるエッセイ集『そして生活はつづく』が、9月17日に刊行される。

同書はマガジンハウスの文芸PR誌『ウフ.』で連載された同名のエッセイに、大幅な書下ろしを加えて編集されたもの。着飾らない日常生活をおもしろくする様子が記されたゆるさと哀愁が漂う爆笑エッセイ集だ。

巻末には漫画家・小田扉による星野が原作を手がけた書き下ろし作品も収録。SAKEROCKをはじめとする作品を手がける大原大次郎が題字を、装丁をクラフト・エヴィング商會が手がけている。

9月28日にはリブロ渋谷店にて発売を記念したサイン会も開催される。

『そして生活はつづく』

2009年9月17日発売
著者:星野源
価格:1,400円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • SAKEROCK星野源の初エッセイ、トイレ掃除や炊事まで面白がる『そして生活はつづく』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて