ニュース

激動の時代を生きた対照的な二人の作家、ピカソとクレーを通じて20世紀前半の美術を俯瞰

ピカソとクレー。20世紀を代表する二人の巨匠を紹介する『20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代 ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵』展が、3月22日(日)までBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている。

ラテン文化圏に属し、外交的で現世的なピカソと、ゲルマンの世界に属し、内向的で夢想的なクレー。対照的な2人の作家は、ともに20世紀前半の激動の時代を生き、豊かな美術表現によって人々を新しい世界へと導いた。同展では彼らの作品とともに同時代を生きたミロ、マティス、シャガール、マグリット、エルンストなど西欧近代美術の作品を紹介する。

今回の展覧会はドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の改修工事にともなって実現した。同館はヨーロッパ屈指の西欧美術コレクションを持つことで知られるが、とくにクレー・コレクションは1960年に同州知事が88点を購入したことで、同館創設の機ともなった重要な作家だ。ナチス時代に「退廃芸術」の烙印を押され国外に流出した作品を、高額の出費をして取り戻すことはドイツ人が自らの負の歴史に立ち向かい、失われてしまった文化を取り戻すという大きな意味があった。

戦争に翻弄されつつも、力強い作品を生み続けたクレー。そしてピカソと、同時代の作家たち。世界に先駆けて日本で公開となる貴重なコレクションに触れ、複雑な時代を生き抜いた作家たちに思いを馳せたい。

『20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代 ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵』

2009年1月2日(金)~3月22日(日)
時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)

料金:
当日 一般1,400円 大学・高校生1,000円 中学・小学生700円
会期中無休

(画像:パウル・クレー 《リズミカルな森のラクダ》 1920年 油彩など・ガーゼ、厚紙 ©Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen, Düsseldorf Photo: Walter Klein, Düsseldorf)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで