ニュース

『MAXIMUM SOUND STYLE』開催、BACK DROP BOMBの伝説のイベントをフィーチャー

毎回アーティストをピックアップして開催していく新企画イベント『MAXIMUM SOUND STYLE』が、4月29日に新木場STUDIO COASTで開催される。

このイベントは、3月11日にベストアルバム『THE BDBEST』を発売するBACK DROP BOMBと彼らが過去に企画してきた伝説のイベント「BAD FOOD STUFF」をフィーチャーする構成となっている。

第1弾アーティストとして発表されたのはBACK DROP BOMB、ACIDMAN、BRAHMAN、LOW IQ & THE BEAT BREAKER、MARS EURYTHMICS、fam(オープニングアクト)の6組。第2弾ではFRONTIER BACKYARD、凛として時雨の参加、DJフロアーとなるセカンドステージではDJ KENSEI、MACO(CRANDERO)、TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)の3名が加わることが発表された。

当時のBAD FOOD STUFFの出演メンバーや、彼らと活動を共にしてきた盟友達、そして現在の彼らとのマッチングを期待してブッキングをした新世代のバンド、BAD DROP BOMBのメンバーと縁の深いDJ陣で取り揃えたラインナップで、BACK DROP BOMBとBAD FOOD STUFFの現在を表現するイベントとなっている。

チケットは3月14日(土)から一般発売。詳しくは「MAXIMUM SOUND STYLE」オフィシャルサイトをチェックして頂きたい。

『MAXIMUM SOUND STYLE -evolving the vives of "B.F.S"-』

2009年4月29日(水)OPEN 13:00 / START 14:00
会場:新木場STUDIO COAST

出演:
ACIDMAN
BACK DROP BOMB
BRAHMAN
FRONTIER BACKYARD
LOW IQ & THE BEAT BREAKER
MARS EURYTHMICS
凛として時雨
fam(opening act)
DJ:
DJ KENSEI
MAKO(CRANDERO)
TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)
and more

料金:前売4,000円(+1ドリンク)
問い合わせ:smash 03-3444-6751

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年