ニュース

愛、名声、贅沢を手に入れて失ったサガンの生涯、『サガン ―悲しみよ こんにちは―』

作家フランソワーズ・サガンの生涯を描いた映画『サガン ―悲しみよ こんにちは―』が、6月から公開される。

わずか18歳で出版されたデビュー作『悲しみよ こんにちは』がベストセラーとなり、有り余る富と名声を手に入れたサガン。しかし、作品以上に注目を集めたのは、セレブとパーティー三昧の生活や生死をさまよったスポーツカーの事故、そして「破滅するのは私の自由」と発言して騒動になったドラッグでの有罪判決などをはじめとするサガン本人の人生だった。

映画『サガン ―悲しみよ こんにちは―』ではそんなスキャンダラスなイメージを裏腹に、結婚や子供に恵まれた生活、最愛の人の死の悲しみ、そして小説を真摯に書き続けた生涯とその陰に隠された素顔を描いた作品だ。

2004年に幕を閉じた69年のサガンの生涯。愛、名声、贅沢を全て手に入れ、そして失った彼女が、人生の最後に見たものとはいったいなんだったのだろうか。

『サガン ―悲しみよ こんにちは―』

2009年6月Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

監督:ディアーヌ・キュリス

キャスト
シルヴィ・テステュー
ピエール・パルマード
ジャンヌ・バリバール

配給:ショウゲート

(画像:©2008 ALEXANDRE FILMS / Hubert Fanthomme)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける