ニュース

第141回芥川賞・直木賞候補作発表、本谷、鉄割・戌井に加えイラン人作家も

第141回芥川賞・直木賞それぞれの候補作6作品が発表された。選考会は7月15日(木)17:00から築地の新喜楽で行われ、同日に受賞者が発表される。

芥川賞候補作には、パフォーマンスユニット「鉄割アルバトロスケット」主宰の戌井昭人の「まずいスープ」、イラン人のシリン・ネザマフィ「白い紙」、本谷有希子「あの子の考えることは変」などが選ばれた。非漢字文化圏出身者の芥川賞候補は3人目となる。

直木賞には映画『ゆれる』の監督・西川美和「きのうの神さま」、万城目学「プリンセス・トヨトミ」らが選出されている。

芥川賞候補作

磯崎憲一郎『終の住処』(新潮6月号)
戌井昭人『まずいスープ』(新潮3月号)
シリン・ネザマフィ『白い紙』(文學界6月号)
藤野可織『いけにえ』(すばる3月号)
松波太郎『よもぎ学園高等学校蹴球部』(文學界5月号)
本谷有希子『あの子の考えることは変』(群像6月号)

直木賞候補作

北村 薫『鷺と雪(さぎとゆき)』(文藝春秋)
西川美和『きのうの神さま』(ポプラ社)
貫井徳郎『乱反射』(朝日新聞出版)
葉室 麟『秋月記(あきづきき)』(角川書店)
万城目学『プリンセス・トヨトミ』(文藝春秋)
道尾秀介『鬼の跫音(おにのあしおと)』(角川書店)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで