ニュース

写真家・Timothy Saccenti世界初個展と若手建築家・谷尻誠のインスタレーションが同時開催

国際的に活躍するニューヨーク在住のディレクター兼フォトグラファーであるTimothy Saccentiの世界初となる個展が、8月14日からDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAにて開催される。

Timothy Saccentiは、ミシェル・ゴンドリーやトラクターなどの著名なフィルムディレクターが多数在籍する世界的に有名な映像プロダクション「Partizan」に所属し、Peaches、Pharrell、Erykah Badu、Battlesなど数々のミュージックビデオやアーティスト写真を手がける一目置かれた存在。本展では彼がこの世の意義や存在を唱えたストーリー『この世ならぬ歓びの楽園』をベースに、新作を含む未発表作品を展示する。

また時を同じくして、独創的で斬新な住宅建築を手がける注目の若手建築家・谷尻誠による『Nature Factory』も開催される。これまでに数多くのデザイン賞を受賞する彼が魅せるのは、空間全体で繰り広げるインスタレーション。壁を這うように無数の工事用配管が天井を縦横無尽に駆けめぐり、樹木の成長した姿に見立てたアートを創り上げる。

それぞれが現代美術界に異彩を放つアーティストとして注目を集めているが、革新的なライフスタイルをコンセプトに掲げるディーゼルと彼らのコラボが更なるアートの新境地へ導いてくれるだろう。

DIESEL DENIM GALLERY ART EXHBITION #9

『Garden of unearthly delights / この世ならぬ歓びの楽園』

2009年8月14日(金)~11月8日(日)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
時間:13:00~20:00

参加作家:Timothy Saccenti
キュレーター: Kimiko Mitani Woo / MW Company

『Nature Factory』

2009年8月14日(金)~1月31日(日)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 1F
時間:13:00~20:00

参加作家: Makoto Tanijiri / Suppose design office
キュレーター: 高橋正明(ブライズヘッド)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今