ニュース

神楽坂に現代美術ギャラリー「Ohshima Fine Art」が開廊、第1弾個展も開催

東京・神楽坂に現代美術の企画ギャラリー「Ohshima Fine Art」が開廊する。現時点での取り扱い作家は、堀藍、森裕子、藤原裕策、春草絵未、笹田晋平、熊谷晃太、小泉朋美の7名。

開廊日となる9月26日からは、宮城勝規の個展『unknown memories』が、10月24日まで開催される。宮城は、心の中の見えないモノを感じさせてくれるだけでなく、同時にそれ自体が、ピュアな行為でもあることを思い起こさせるきっかけを与えてくれる表現を続けているアーティスト。

今回の個展ではさらにテーマに踏み込み、見えない「記憶」の深遠なる世界を思い描くという。作品を前にしたとき、無意識の領域への意識や、無意味なもの存在理由についても考えさせられるだろう。

宮城は「動物のモチーフは良く使います。そのものを描くこともあるのですが、人か動物か、はたまた「モノノケ」か、というふうに最近はどんどん変化していきます。耳が生えたり、角が出たり。なかなか思うように変身してくれませんが、ここにあるべきという場所が見つかるまで、試行錯誤を繰り返します。やはり自分の中に理想のフォルムがあるので、そのプロポーションを崩さないように、注意深く創っていきます。」と自らの作品製作について語っている。

オープニングレセプションは9月26日の17:00からスタート。アートとの新しい出会いの場として注目したいスポットといえるだろう。

宮城勝規
『unknown memories』

2009年9月26日(土)~10月24日(土)
会場:Ohshima Fine Art(東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第三ビル3階)
時間:13:00~19:00
休廊日:日、月、火曜、祝日

オープニングレセプション

2009年9月26日(土)17:00~19:00

(画像:Courtesy of Ohshima Fine Art)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで