ニュース

独自の作風で知られるロシアの映画作家ソクーロフ作『ボヴァリー夫人』、20年を経て日本公開

映画『太陽』『エルミタージュ幻想』など、独自の作風で数々の傑作を手掛けてきたロシアの映画作家アレクサンドル・ソクーロフ。彼の監督作『ボヴァリー夫人』が、20年の月日を経てついにそのヴェールを脱ぎ、10月3日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される。

本作は、修道院で教育を受けた貞淑なエマ・ボヴァリーが、凡庸な夫に失望しから情事や贅沢な浪費にふけった末、破滅に至るまでを写実的手法で描いたフランス文学の傑作『ボヴァリー夫人』の映画化だ。原作者ギュスターヴ・フローベールの没後130周年を前に、ついに日本で公開されることになった待望の作品である。

発行当時、風俗紊乱の罪に問われた原作者フローベールが「ボヴァリー夫人は私だ」と語ったことはあまりにも有名であり、日本でも時代を超えて愛読されてきた。「私は今も世界に数多くいるエマのためにこの映画をつくった」と語るソクーロフが、はたして原作をどのように脚色したのか。彼が意識したという「不吉なエロティシズム」の表現に、熱い注目が集まっている。

『ボヴァリー夫人』

2009年10月3日、シアター・イメージフォーラムにてロードショー

監督:アレクサンドル・ソクーロフ(『太陽』『エルミタージュ幻想』)
原作:『ボヴァリー夫人』(ギュスターヴ・フローベール著)
キャスト:
セシル・ゼルヴダキ
R.ヴァーブ
アレクサンドル・チェレドニク
B.ロガヴォイ

衣装:クリスチャン・ディオール
配給:パンドラ

(画像:配給パンドラ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー