ニュース

ロシアの映画作家・ソクーロフの不調和な調和を爆音で体感、バウスシアターで上映

ロシアの映画作家アレクサンドル・ソクーロフ監督の4作品を爆音上映するイベント『爆音ソクーロフ Vol.1 ~亡霊たちの声』が、12月12日から吉祥寺バウスシアターで行われる。

爆音上映とは、通常の映画用と異なる音楽ライブ用の音響セッティングによって、限界まであげられた大音響の中で映画を堪能する試み。映像と音とを駆使することで「不調和の調和」とも表現されるソクーロフの映画を、文字通り体感できる機会となっている。

日替わりで上映されるのは、『セカンド・サークル』『ストーン/クリミアの亡霊』『静かなる一頁』『ロシアン・エレジー』といった、いずれも1990年代前半にソクーロフによって手がけられた作品達だ。

ソクーロフが、「主人公たちを撫でるように音楽をつけたい」とかつて語った遠近感を狂わすような世界を、息を潜めて目を凝らして見つめてほしい。

『爆音ソクーロフ Vol.1 ~亡霊たちの声』

2009年12月12日から吉祥寺バウスシアターで爆音レイトショー

上映作品:
『セカンド・サークル』
『ストーン/クリミアの亡霊』
『静かなる一頁』
『ロシアン・エレジー』
※1回1作品の上映、スケジュールはオフィシャルウェブサイト参照

料金:一般・学生・シニア1,300円 会員1,000円
※特別前売鑑賞券4回券4,400円劇場窓口にて販売中

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演