空間や時間などひとつの世界観を見出す装飾の魅力を探る『MOTアニュアル』展

時代と結びついたテーマによる同時代の若手アーティストを紹介する展覧会『MOTアニュアル』が、2月6日から東京都現代美術館で開催される。

10回目を迎える今年のテーマは「装飾」。装飾が本来持っているエモーショナルな訴求力を探求する精鋭たちが、繊細、あるいはダイナミックに東京都現代美術館の空間を満たし、ひと味違った現代美術の新しい魅力を紹介する。

参加作家は青木克世、小川敦生、黒田潔、塩保朋子、野老朝雄、松本尚、水田寛、森淳一、山本基、横内賢太郎の10名。装飾的表現の傾向が顕著なグラフィティやグラフィックデザイン、科学と芸術の接点を探る動きの中から数学的な配列を応用した文様など、既存の現代美術の枠にとらわれない作品が並ぶ予定だ。

また、多彩なゲストを迎えた「装飾」の意味を浮き彫りにするアーティストトークも会期中に行われる。



CINRA.NETでは、本展覧会の招待券を10組20名様にプレゼントします!
お問い合わせページのメールフォームから、件名に「MOTアニュアル2010:装飾展」と記入し、お問い合わせ内容欄にご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年2月7日)。

『MOTアニュアル2010:装飾』

2010年2月6日(土)~4月11日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室1階
時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし3月22日は開館、3月23日は休館)

参加作家:
青木克世
小川敦生
黒田潔
塩保朋子
野老朝雄
松本尚
水田寛
森淳一
山本基
横内賢太郎

料金:一般1,000円 大学生・65歳以上800円 中高生500円 小学生以下無料

関連イベント

講演会
『現代と装飾−祈りと思考のミクロコスモス』

2010年2月27日(土)
会場:地下2階講堂
時間:15:00~17:00
出演:鶴岡真弓(多摩美術大学教授、装飾デザイン史・ケルト芸術研究)
料金:無料(当日先着200名)

アーティスト・トーク

会場:展覧会会場(2月6日のみホワイエ)
時間:15:00~
※要展覧会チケット(2月6日のみ無料)

2010年2月6日(土)
出演:
塩保朋子
松本尚
水田寛
山本基
横内賢太郎

2010年2月21日(日)
出演:
青木克世
森淳一

2010年3月7日(日)
出演:
小川敦生
ゲスト:山口絵美(連写作家)

2010年3月21日(日)
出演:黒田潔
ゲスト:工藤キキ(アート・ライター)

2010年4月4日(日)
出演:野老朝雄
ゲスト:鳴川肇(構造家・建築家)

(画像上:青木克世 《予知夢IX》 2009年 個人蔵(台北) Courtesy of Röntogenwerke 撮影:小山泰介、画像中:黒田潔 《ONIGAMI》 2008年 アクリルガッシュ ナム・ジュン・パイク・アートセンター(韓国京畿道)「NOW JUMP展」におけるウォールペインティング、画像下:横内賢太郎 《book-tear》 2008年 染料、メディウム、サテン・カンヴァス 東京都現代美術館蔵)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 空間や時間などひとつの世界観を見出す装飾の魅力を探る『MOTアニュアル』展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて